スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車の塗装を直してみた(途中経過)

3月中旬、息子の遠足でものすごい距離を歩いた日、
疲れた状態で車を運転していたら、曲がり角の
「消火栓」って書いてある赤いさびたようなところで
車の後ろの横をすってしまいました。


一部塗装がはげるほど。
でも放置していたら、先日、お師匠さんに
「もうさび始めてるよ。さびが広がるよ」
と言われました。


くしくもその次の日、保育園のお迎えのときに、
その傷を見た小1男子に、
「○○ちゃんちの車、古いねー」と言われ、
「これではいかん!」という思いがメラメラ湧き上がりました。


けど、直してもらったら何万かはかかりそうなので、
自分でやることを決意。


うちの車の正確なカラーがわからなくて、車のどこにカラーコードが
書いてあるのかこれまたネットで調べたら、ボンネットをあけた場所、
とあって、ボンネットはどうあけるんだ、とまた調べ…。
レバーを引いて、開けようとしたのにあかなくて、犬の散歩中のおじさんに、
「そこに手をつっこむとレバーがあるんだよ。ない?」とか
言われながらあけたのに、どこにも書いてない。
結局、助手席をあけたところにありました。


無事、カラーコードはわかり、ほかに
必要なものをネットで調べたら、
・やすり
・汚れをとるシリコン剤
・ぼかし剤
・カラーのスプレー剤
・クリアー剤(パール系のカラーなので仕上げに必要)

あたり。


で、注文。
そしたら、クリアー剤を注文し忘れてて、
だんなさんがイエローハットに行ってくれました。
そこで、補修方法のビデオを見たようで、ほかにも
・マスキングテープ
・ヘッドライトの黄ばみ、くもり落とし

とかいろいろ買ってきてくれました。



やる気を出してくれたので、
2人で作業開始。


2014042709.jpg

このひどいところが、




2014042708.jpg

やすりでこすったらこうなって、



2014042707.jpg

スプレーなどをかけていったんこうなりました。



でも液だれと色の差ができちゃったので、
それは1週間後にやすりをかけます。
しかし、少し離れるともう全然見えないの!
すごく目立つ傷だったので、とてもうれしい。


実は、車体横にも、オレンジの汚れがまだ
残ってて、それもどうにかしないといけないのだけど。
それも来週中にはどうにかできそう。


ヘッドライトもかなりきれいになりました。
あと10年は乗りたいし
これからは少し気を使おうと思います。








関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。