品川区が、全国で初めて給食食材のストロンチウム検査をするそうです。

品川区、すばらしいです。
全国で初めて、給食食材のストロンチウム検査を始めるとのこと。
活動しているママたち、がんばったと思います。
議員さんも、職員の人たちも、がんばってくれたんでしょうね。
すばらしい。



転載します。
-----------------------
品川区!全国で初めて!!給食食材検査にストロンチウム検査が加わります。


やっと!!やっと!!給食食材ストロンチウム検査が決定しました!!

この決断をして下さった品川区長を始め、区議会議員さん

区役所の職員さん本当にありがとう(^∀^)



ず~っと ず~っと心配ですと伝え続けてきた声が届きました!!

ストロンチウム検査の実施は行政として大変困難な壁があったと思います。

昨年、品川守る会であげた食品測定器購入の陳情では不採択となってしまいましたが

こうした形で品川区は子どもたちの給食問題に取り組んでくれる姿勢が

とっても嬉しく思います。



区役所の職員さんの粘り強い説得と、決断をし実行へ向けて議論し下さった皆様に

心から感謝致します。

実施の詳細は品川区役所のホームページにてちゃんと発表があると思います。

1校あたり年に2回はセシウム検査、1回はストロンチウム検査が行われるようです。

検出下限値については、極限まで下げて欲しいと検査機関へ交渉して下さっています!



声を大にして

ありがとうございました。


少しだけ 私の心情をお伝えさせて下さい。

守る会を発足してから3年間 ず~っと言い続けてきた

子どもたちへの思い。今までたくさんの議員さんや区役所の職員さんと

一緒に考え、互いに相談し合いながら 子どもたちにとってどうしたら良いのか

泣き、笑い、時にはモヤモヤしたりもしながら進めて来ました。

どんな時も相談に乗ってくれて一緒に考えてくれる・・・・。そんな品川区

あ~本当に良かった。と改めて思います。



保育園の給食、骨ごと、丸ごと食すお魚、魚に限らずセシウムとヨウ素だけではなく

ストロンチウムも測定して欲しい。と何度も 何度も 相談して

学校給食も太平洋側の魚が提供されている!

ストロンチウムは本当に検出されてないのか?

大丈夫、大丈夫・・・・。だけで本当に大丈夫なの?と不安は消せませんでした。

今回この検査が決定した事を知ったときに

多くの子どもたちの顔が目に浮かびました。



内部被ばくを気にしている子、していない子 同時に守られる!と

飛んで喜びたい!みんなに早く知らせたい!

そして議員さんのお顔、職員さんの顔

私の頭の中には大きな虹がかかりました。



諦めず伝え続けた気持ちは無駄ではなかった

みなさん本当にありがとうと大きな声で叫びたい気持ちになりました。

これからも 少しずつ 一歩ずつ

品川区のみなさんと協力連携をしていけたら幸せです。

今後とも宜しくお願い致します。



品川区の子どもたちを守る会 一同



----------------------


放射能=セシウムってことになってるけど、
ほんとは、たくさんあるんですよね。
ストロンチウムは、カルシウムと似ていて、
骨にたまると言われています。
生物学的半減期は、50年。
一度身体に入ったら、ほとんど出て行かないということです。


海には、ストロンチウムがものすごく流れ出た、
と言われてますので、
特に海のものには、ストロンチウム検査が有効です。


自分の自治体が検査してくれないとしても、
検査している自治体の結果を見ることは
参考になりますし、ストロンチウムというものがある、
ということを知ってもらうことも価値があると思います。


品川区、すばらしい。
ママたちの活動が実を結んで、
久々にすっごくいいニュースで、
私もうれしくなりました。


あとは、検出下限値です。
できるだけ下げてくれることを望みます。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する