スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フタバから遠く離れて』 本編無料公開中

映画『フタバから遠く離れて』が、3/23まで
無料配信中です。


facebookのページから、転載します。

https://www.facebook.com/futabakara/app_520602328056178
(※facebookにログインしていないとみられないかも。
一番最後に、you tubeへのリンクを貼っておきます)


311から3年:わたしたちに「いま」できること 〜無料公開への思い〜

311におきた、あの地震・津波そして原発事故の悲劇からもう3年が経ちました。 
「あのとき」テレビにかじりついて見ていた日々は遠い昔のようで、
原発事故はもう終わったことのようになっていると「いま」感じませんか。


「フタバから遠く離れて」は、「あのとき」から始まり「いま」も続いている
原発避難についてのドキュメンタリー映画です。
原発事故の悲劇を「あのとき」のものとして葬り去りたくない、
「いま」も続いている、収束など全くしていない事故について
考え直してみたいと思う方にぜひ見ていただきたいと思います。

劇場や上映会でご覧になった方、DVDを購入された方がもう既に
いるので心苦しくもあり、大変思い悩んだのですが、
原発事故に悲劇を風化させないため私たちに何ができるのかを考え、決意致しました。

「いま」この映画を見てほしい理由は三つあります。簡単にいいます。

一つ目は、福島の原発事故が収束もしておらず、事故の反省・原因究明も
出来ていない中で、日本という国がまだ原発を使い続けようとしているからで す。
我々はなんとなく「良くないんじゃないか」と思いながら原発の電気を使い続けてよいのでしょうか。
今の生活のために将来の子孫に核のゴミを残して良い のでしょうか。
これについてちゃんと考える必要があります。

二つ目は、福島第一原発の電力は100%東京首都圏へ送られていたように、
原子力発電は不公平に地方に事故のリスクを押し付ける犠牲のシステムであ り、
我々日本人はそんな犠牲のシステムにずっと長く依存して来たからです。
いったん事故が起きれば、どんな悲劇が起きるのか、
原発避難を強いられた方々の 姿を直視していただきたいと思います。

三つ目は、原発避難の時間は一枚の新聞記事や5分のニュース
報道では語ることができないからです。
ジャーナリズムは言葉で情報を伝えるものであり、 ドキュメンタリーは言葉にならぬもの、
時間の重みや人の感情を伝えるものです。
事故直後の混乱時は、いつかこの混乱も治まり、
いつか町への帰還のメドも立 つだろうと思われていました。
しかし、放射線量はずっと高く、国は帰還のメドを示されないまま
、時がどんどんと経過してゆきました。
置いてきぼりにされた ごく普通の人々の苦しみ、時間の重みを経験していただきたいのです。

以上の理由から、3年たった「いま」事故の風化を絶対にさせないため、
みなさんと「フタバ〜」を共有したい、そう思って無料公開を決意しました。

ぜひご感想をお聞かせください。
必ず全員にお返事するつもりです。
よろしくお願いします。


無料公開URL
https://www.youtube.com/watch?v=JWjW_5lszQw


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。