スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皇太子さまも「憲法を遵守する立場」に立ちたいと考えている。

皇太子さまも、憲法改正(改悪)に反対のようです。
東京新聞の記事です。↓


皇太子さま54歳に 「憲法基礎に平和と繁栄」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014022201002334.html
2014年2月23日 05時00分
 
 皇太子さまは23日、54歳の誕生日を迎えられた。
これに先立ち宮内記者会との会見で「今日の日本は戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、
平和と繁栄を享受している」と述べ、
天皇陛下と同様、現行憲法が戦後の日本に果たしてきた役割を高く評価。
その上で「今後とも憲法を順守する立場に立ち、事に当たっていく」との考えを示した。


 陛下も昨年末の80歳誕生日会見で「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は
平和と民主主義を守るべき大切なものとして日本国憲法をつくり、
さまざまな改革を行って今日の日本を築いた」と述べている。
---------

さすが東京新聞。
過去記事をひっぱってくる手間をはぶいてくれました。


自民党の改憲案では、天皇を「象徴」ではなく「元首」
とすることが書かれています。
その上で、「国防軍」を持つ、としているのですから、
もし戦争を起こす時には、号令をかけるのは天皇になるはずです。


戦争をしたくなくても、号令をかけなければならない。
これは、天皇および次期天皇である皇太子にとっては、
さしせまった危機なのでは…。
戦争犯罪者にされる死活問題です。


逆にいえば、自民党は非常にあざといです。
戦争をするときの責任を、元首である天皇陛下に
かぶせようとしているのですから…。
右翼のみなさん、ここは立ち上がる時なのでは!!




関連記事

コメント

責任者ナシです

 自民党素案では、天皇はその憲法を守る必要から省かれています。ですから誰も責任を執る必要はないんです。原発事故と同じですね。違憲的法律を作っても、天皇の名で発布すれば責任は誰にもない事になります。
 もう、滅茶苦茶な憲法素案でしょ?
それよりも天皇や皇太子は、九条を蔑にしようとする安倍やそのお仲間の発言に憤って下り、危機を感じているんだと思います。更に言えば、昭和天皇の罪を感じて発言しているんですね。何といっても、どうしても昭和天皇には責任有りますもの。
 私は天皇制容認派です。ですから山本太郎氏の様に「活用」するのはいいと思っています。しかし櫻井よしこ氏や自民と安倍とそのお友達のような、「利用」は以ての外だ、と考えています。
 現在の日本に結束させる中心は必要です。更に世界に尊敬してもらえる人がいるって事はいい事ですよね。

2014/03/06 (Thu) 02:16 | hotaka43 #mWyI0ZzU | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。