スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テアトル石和にて『朝日のあたる家』2/28まで公開中

テアトル石和で、2/8から『朝日のあたる家』が公開になり、
初日には監督の舞台挨拶まであったそう。
ちょっと興味あったなー。
(けど雪だったからどっちにしろいかなかっただろうけど^^;)


2/28までです。
女性は水曜・金曜がレディースデイで900円。

今週のタイムスケジュール。
14:15
20:40
23:00
スタートです。


詳しくは劇場のサイトでご確認を。
http://www.csc.co.jp/



朝日のあたる家公式サイト
http://asahinoataruie.jp/index.html

福島事故後に、浜岡でまた原発事故が起こって、というお話。
サイトで紹介されているあらすじは以下。
------------
静岡県、湖西市。自然に囲まれた美しい町。その町に住む平田一家。
お父さん(並樹史朗)はいちごを栽培。お母さん(斉藤とも子)は主婦。
長女(平沢いずみ)は大学生。妹(橋本わかな)は中学生。
日本のどこにでもいる平凡な家族。ただ、長女のあかねは、この町が好きではなかった。
大きなショッピングセンターや映画館やコンサートホールがない。
就職後は都会で一人暮らしを夢見ていた。そんな時、起こった大きな地震。
原子力発電所が爆発。避難勧告。1日で帰れると思っていたら、何ヶ月も避難所から帰れない。
父は職を失い、母はノイローゼ、妹は病気になる。ようやく許可された一時帰宅も1時間の制限付き。
荷物を取ってくることしか許可されない。福島と同じ事態だ。
あかねたちの家族もまた、大きな悲しみの渦に巻き込まれて行く・・・・・・。
--------------






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。