スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『10万年後の安全』無料公開中&監督インタビュー

『10万年後の安全』が、東京都知事選にあわせ、
無料で見られるようです。
2/10までです。
http://www.uplink.co.jp/100000/2014/




マイケル・マドセン監督のインタビューもありました。
http://www.webdice.jp/dice/detail/3357/

ここが印象に残りました。
--------
オンカロの取材をしたとき、学者たちに
「最終廃棄物処理場が作れない国があるとしたらどこか」という質問をしました。
その答えは日本でした。

現在の科学では放射性廃棄物の処理は地層処理しかないと言われていますが、
地層処理場ができないのに原子力を持っている国である日本は、
火山があり地震があり、常に地層が安定していません。

チェルノブイリは壊れた原子炉をコンクリートで覆いましたが、
チェルノブイリは完全にカバーしてしまえばよくても、
福島は次の地震が来ない保障がない。
中華の回転テーブルの上に放射性廃棄物が入った容器を置いたようなもので、
いつ動くか解らない。日本はそういう状況にあるのです。
----------------

日本は、地層処分は無理なんですね。


いずれにせよ、
10万年も安全に管理する、なんて、
正常な、健全な頭なら「無理」って判断できます。
できると思っているなら、それは傲りです。
いや、ちがう、次世代が技術を開発するだろう、という無責任さですね。


うちの母が、

万葉の世はつい昨日プルトニウムの半減期二万四千年先

という短歌を作っているのですが、
万葉の世ってのは、もうずいぶん昔の言葉も通じない
世界のような気がしちゃいますけど、
万葉集が編まれたのが、7世紀後半から8世紀後半、と書かれています。
たった、1200年ほど前なだけ。


縄文時代が、
約1万6,500年前(紀元前145世紀)から約3,000年前らしいです。


10万年前って…、石器時代。
”人”なんでしょうけど…。


10万年後の人って、どうなってるんでしょう。
それまで安全に管理、ってありえない。バカ?


この調子で、原発が順に爆発していけば、
放射能まみれになって、10万年後には人は
いないかもしれない、って見込んでいるのかもしれませんね。



関連記事

コメント

万葉の世はつい昨日プルトニウムの半減期二万四千年先・・・かあ。お母さんすごくセンスいいですね。賞がとれそう!(あ、でもこういう句は受賞できないのかな・・)
昔、俳句王国とか見てて、こういう風刺のきいた句も好きでした。
「10万年後の安全」はつたやでレンタルしたことがあります。「イエローケーキ」とセットで見ると、原発の入口で唖然とし、出口でげんなりし・・・という感じですね。
その中間では、「原発ホワイトアウト」のような金と欲が渦巻く。事故が起こらず、順調に稼働してもそうですからね。
さらに事故が起きれば、今まで積み上げてきたもの何もかもめちゃくちゃ・・・。これでも続けようというのは、人類の歴史をまるごと台無しにするほどの罪ではないでしょうか。
「朝日のあたる家」http://asahinoataruie.jp/theater.htmlという映画が公開中ですが、山梨でもテアトル石和に頑張っていただいて上映してほしいですね。

2014/01/29 (Wed) 07:52 | ぽむ #.W2Qbi9s | URL | 編集
Re: タイトルなし

ぽむさん、

> 万葉の世はつい昨日プルトニウムの半減期二万四千年先・・・かあ。お母さんすごくセンスいいですね。賞がとれそう!(あ、でもこういう句は受賞できないのかな・・)

ありがとう!
センスいいって言われたらうちの母、喜ぶと思います^^
でもわが母ながらセンスいいよね。


> 「10万年後の安全」はつたやでレンタルしたことがあります。「イエローケーキ」とセットで見ると、原発の入口で唖然とし、出口でげんなりし・・・という感じですね。

イエローケーキは見たことないんだ。
今度見てみたいな。

> 「朝日のあたる家」http://asahinoataruie.jp/theater.htmlという映画が公開中ですが、山梨でもテアトル石和に頑張っていただいて上映してほしいですね。

上映してくれたらいいですねー。
あそこはいい映画館ですよね。


コメントありがとう!
レスがつい遅くなっちゃって、ごめんなさい。


2014/02/03 (Mon) 12:57 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。