スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保護法案で、ブロガーが処罰対象になる可能性を政府は否定せず

秘密保護法案が、
自民党、公明党、民主党、そしてみんなの党の賛成によって、
通りそう、と報じられてました。


これ、知ろうとすることすら罪になる可能性があって、
政府に都合の悪いことをするとつかまる可能性があります。
平成の治安維持法。



以下の記事を書いている途中で時間が経ってしまったら
情勢が変わってもう可決、っぽくなってますが、
こんなに秘密保護法案ってこわい。


11月15日付の赤旗によると
内閣官房の鈴木良之審議官が、
11月14日の衆院国家安全保障特別委員会で、


「ブログが不特定多数の人が閲覧でき、客観的事実を事実として
知らせることを内容とし、ブログに(記事を)
掲載している者が継続的に行っているような場合には、
(秘密保護法案の)『出版又は報道の業務に従事する者』
に該当する場合がある」と述べた、とのこと。

http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/bc9be407af4ad1f39737748cb9bd1316


さらに、行政機関が特定のブロガーを
「出版または報道の業務に従事する者」
に該当しないと判断した場合は、処罰対象と
なることが明らかになった、と書いてあります。


ちょっとつながりが、わからない…。

特定秘密保護法案の原文にあたってみます。
-------------------

(この法律の解釈適用)

第二十一条 この法律の適用に当たっては、これを拡張して解釈して、国民の基本的人権を不当に侵害するようなことがあってはならず、国民の知る権利の保障に資する報道又は取材の自由に十分に配慮しなければならない。

2 出版又は報道の業務に従事する者の取材行為については、専ら公益を図る目的を有し、かつ、法令違反又は著しく不当な方法によるものと認められない限りは、これを正当な業務による行為とするものとする。
-------------------


つまり、
(1)そのブロガーが出版又は報道の業務に従事する者、
とされて、「著しく不当な方法によるもの」と認められると、
処罰される。


(2)そのブロガーが行政機関によって
「出版又は報道の業務に従事するもの」
と認められなければ、処罰対象となる。


ということでしょうかしら。


特定秘密保護法案の第七章 罰則部分を載せます。

---------------
第七章 罰則

第二十二条 特定秘密の取扱いの業務に従事する者がその業務により知得した特定秘密を漏らしたときは、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。特定秘密の取扱いの業務に従事しなくなった後においても、同様とする。

2 第四条第三項後段、第九条又は第十条の規定により提供された特定秘密について、当該提供の目的である業務により当該特定秘密を知得した者がこれを漏らしたときは、五年以下の懲役に処し、又は情状により五年以下の懲役及び五百万円以下の罰金に処する。同条第一項第一号ロに規定する場合において提示された特定秘密について、当該特定秘密の提示を受けた者がこれを漏らしたときも、同様とする。

3 前二項の罪の未遂は、罰する。

4 過失により第一項の罪を犯した者は、二年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

5 過失により第二項の罪を犯した者は、一年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

第二十三条 人を欺き、人に暴行を加え、若しくは人を脅迫する行為により、又は財物の窃取若しくは損壊、施設への侵入、有線電気通信の傍受、不正アクセス行為(不正アクセス行為の禁止等に関する法律(平成十一年法律第百二十八号)第二条第四項に規定する不正アクセス行為をいう。)その他の特定秘密を保有する者の管理を害する行為により、特定秘密を取得した者は、十年以下の懲役に処し、又は情状により十年以下の懲役及び千万円以下の罰金に処する。

2 前項の罪の未遂は、罰する。

3 前二項の規定は、刑法(明治四十年法律第四十五号)その他の罰則の適用を妨げない。

第二十四条 第二十二条第一項又は前条第一項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、五年以下の懲役に処する。

2 第二十二条第二項に規定する行為の遂行を共謀し、教唆し、又は煽動した者は、三年以下の懲役に処する。

第二十五条 第二十二条第三項若しくは第二十三条第二項の罪を犯した者又は前条の罪を犯した者のうち第二十二条第一項若しくは第二項若しくは第二十三条第一項に規定する行為の遂行を共謀したものが自首したときは、その刑を減軽し、又は免除する

第二十六条 第二十二条の罪は、日本国外において同条の罪を犯した者にも適用する。

2 第二十三条及び第二十四条の罪は、刑法第二条の例に従う。
-----------------------



何が秘密がわからないのが、秘密保護法案。
「その他の特定秘密」に何が含まれるのか、今後も
明らかにされる予定はありません。


「教唆し、又は煽動した者は」
というのは「教えて」とか「拡散!」とかやっても
罪になる可能性があるってこと。


国民に、どうしろと、いうのかしら、って思うけど、
つまりは何も知ろうとするな、というメッセージ
にほかならない。


冗談じゃないんですけど。





関連記事

コメント

治安立法の狙いを知らないと。

 この種の治安立法の狙いは、特に、刑罰に触れる行為を取り締まることに限定されず、警察を始めとして各級行政庁の取調や調査等に依り国民を威嚇して行政批判を封じることが裏面にあります。
 取締の対象が行政秘密にある限り、各級行政庁は、自所属公務員の秘密漏洩を調査し、場合に依り刑事事件として告訴しますので、経済産業省が行政調査に依り、特定のブログ主を呼び出して事情聴取をする場合もあるでしょうし、自衛隊警務隊があるブログ主から事情聴取をする場合も出て来るでしょう。 
 つまり、刑事事件だけでは無く、この種の治安立法の効果は、限定され無いのです。 結果的には、国民の行政批判は封じられ、三権分立は有名無実化します。 立法に依る一種のクーデターです。 実質的には、ナチスが制定した「全権委任法」の先取りでしょう。
 自公政権に依り、日本は、踏み止まるべき一線を超えつつある、と思われます。 麻生財務相の「ナチスに見習え」発言は、本音だと思われます。 

2013/11/19 (Tue) 12:09 | とら猫イーチ #mSWjQtqs | URL | 編集

もうこれ、怖くて仕方がないんですけど(>_<)
日本はどうなってしまうんでしょうか。。。
って、こうしてコメントを書くことすらもできなくなるんですかね?
無力な自分がもどかしいです…

2013/11/19 (Tue) 12:12 | Koizumi #klq26XPE | URL | 編集
Re: タイトルなし

Koizumiさん、

うっかりデモは時機を逃してしまって…。
ごめんなさい。

この秘密保護法、こわいですよね。
いったいどこに向かっているのか…。





2013/11/25 (Mon) 15:47 | Fumie #- | URL | 編集
Re: 治安立法の狙いを知らないと。

とら猫イーチさん、

>  この種の治安立法の狙いは、特に、刑罰に触れる行為を取り締まることに限定されず、警察を始めとして各級行政庁の取調や調査等に依り国民を威嚇して行政批判を封じることが裏面にあります。

おっしゃるとおりですね。
そして、何が秘密かわからないから、
何に対しても、口を出さないことになり…
うるさい国民がいなくなれば、
国をますます好きなようにできますね。


>  取締の対象が行政秘密にある限り、各級行政庁は、自所属公務員の秘密漏洩を調査し、場合に依り刑事事件として告訴しますので、経済産業省が行政調査に依り、特定のブログ主を呼び出して事情聴取をする場合もあるでしょうし、自衛隊警務隊があるブログ主から事情聴取をする場合も出て来るでしょう。 
>  つまり、刑事事件だけでは無く、この種の治安立法の効果は、限定され無いのです。 結果的には、国民の行政批判は封じられ、三権分立は有名無実化します。 立法に依る一種のクーデターです。 実質的には、ナチスが制定した「全権委任法」の先取りでしょう。


>  自公政権に依り、日本は、踏み止まるべき一線を超えつつある、と思われます。 麻生財務相の「ナチスに見習え」発言は、本音だと思われます。 


自民党ってほんとにこわいですね。
そして公明党はなんなんでしょういったい。
恥ずかしくないんでしょうか(ないんでしょうね)。


秘密保護法は、このまま成立しちゃうんでしょうか?
そうしない手立てというのはあるんでしょうか。


2013/11/25 (Mon) 15:51 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。