スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電磁波とは何か

電磁波とは何か、ということがわかってなかったので、
まとめてみました。


(1)電磁波と日本で呼ばれているものは、わかりやすくいうと電波のこと。

「太陽の光の仲間で、エネルギーの高いのはガンマ線などの放射線、
低いのは超低周波の50/60サイクル、場合によれば静磁場まで
含まれていて、中間に紫外線、赤外線、高周波電波などがある」




電磁波は太陽の光の仲間なので、長い間「悪影響はないだろう」
と考えられていたけど、放射線の仲間。


福一から出てる放射能は、電離放射線(Ionized radiation)で、
太陽光線、赤外線、高周波・低周波の電磁波は、
非電離放射線(Non-ionized radiation)。
どっちも、放射線。



電離放射線と、非電離放射線のちがいを抜粋。


原子は、原子核を中心にして電子が廻っていて中性を保っています。
エネルギーの高い電磁波が原子にあたりますと、原子の中を
廻っている電子が跳ね飛ばされてしまい、原子が電子を失って
中性でなくなってしまいます。
そのような現象を「電離」と呼んでいます。
電磁波のエネルギーが低いときは、そのような電離はせずに、
原子の中の電子は振動したりはしますが、その外部へと
飛び出すことはしないわけで、そこでそのような放射線を
非電離放射線というわけです。





(2)周波数というは、電気の波。
その波が1秒間に何回繰り返しているのかが周波数(ヘルツ)。
50/60ヘルツの電気からは1秒間に50/60回も変動する
電磁波が出る。


携帯電話からは、1秒間にざっと10億ヘルツの電磁波が出ている。
電子レンジの中で使われている電磁波は、1秒間に
24.5億ヘルツもあって、繰り返し回数がとても多い。


家電の中で、高周波を使うのは電子レンジと携帯電話。
どちらも、マイクロ派を使う。

電磁波説明(和文) 002





(3)高周波の電磁波の性質

高周波の電磁波には太陽の光とよく似た性質があり
その1つが、ものを温める効果を持っていること。
例として、電子レンジがあげられる。


でも、太陽の光と違う効果もある。
太陽の光は体の表面をあたためるけど、高周波の電磁波は
身体の内部に電磁波の強度がしぼられるような効果を示す。
つまり、体の内部の一部分にエネルギーが集中して熱を与える。


そのエネルギー吸収を、部分または局所エネルギー吸収比といい、
単位は1グラム(もしくは10グラム)の組織あたり、W/kg
(キログラムあたり何ワットの熱エネルギーを吸収するかという単位)
で表す。
脳や頭などに限定する場合は、「局所SAR値」で表し、
身体全体で受ける場合は、「全身SAR値」で示す。



(4)ホット・スポット効果

電磁波が頭に照射された場合、
太陽光であれば、頭髪があたたかくなる。
でも携帯電話などのマイクロ波では、頭の真ん中に
大きなエネルギー吸収が発生する。
これを「ホット・スポット効果」という。

その領域は、1センチ以下の小さな場合もある。



(5)水の分子にマイクロ波は吸収されやすい。

電子レンジは、水の分子の間に摩擦熱を発生させて
水分子そのものが内部から熱くなり、それですぐ温かくなる。
水にエネルギーを与えるということ。

人間は、大人より赤ちゃん、赤ちゃんより胎児のほうが水分量が多い。
したがって、大人より、赤ちゃん、赤ちゃんより胎児に
より影響がでる、ということもいえる。



Q%Aにまとめてあってわかりやすいです↓



危ない携帯電話―それでもあなたは使うの? (プロブレムQ&A)





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。