原発保有は核兵器のため。だからやめない。

つい先日のNHKのニュース。


日米 原発での協力強化で一致
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130725/k10013276351000.html
-----------
ワシントンを訪問している茂木経済産業大臣はアメリカのモニツエネルギー長官と会談し、
原子力発電の安全性の向上や廃炉技術の開発などの分野で
日米が協力関係を一層強化していくことで一致しました。

茂木経済産業大臣は、24日、訪問先のワシントンで、
ことし5月に就任したアメリカのモニツエネルギー長官と会談しました。

この中で茂木大臣は、日本のエネルギー政策について、
今の政権では安定的に電力を供給するために原発を
活用していくという政府の方針を説明しました。

これに対してモニツ長官は、原発の安全性の向上や
廃炉の技術開発などの分野で、日米が協力関係を一層
強化していくことが世界での今後の原発の普及に
欠かせないという認識を示しました。

また、茂木大臣は、アメリカで安い価格で取り
引きされているシェールガスの日本への輸出について、
ことし5月に中部電力と大阪ガスが参加する輸出
プロジェクトを認可したのに続いて、
ほかの2つの企業連合が申請している計画に
ついても早急に認可するよう求めました。
-------------------------


アメリカ様の御意向に従う自民政権。
日本は、アメリカと日米原子力協定を結んでいるから
脱原発ができないと言われています。


これが日米原子力協定。
http://www.nsr.go.jp/activity/hoshousochi/kankeihourei/data/1320751_006.pdf


原子力の平和的利用の拡大のために協力する、
と書いてあります。
勝手にイチヌケ、はできない。


2018年に30年も続いた効力が失効します。
そのときにやめられれば、いいんだけど、
まあ、自民党にはやめられないだろうな…。


日本のプルトニウムの所有量は
世界で5番目です。
http://www.cnfc.or.jp/j/arsenal/index.html


なんのために、プルトニウムが必要なんでしょうか。


wikipediaの「日本の原子爆弾開発」によると、
「日本は国際原子力機関(IAEA)による世界で最も厳しい
核査察を受け入れている国でもある(駐在査察官の人数も200人で最大)。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E9%96%8B%E7%99%BA

つまりはそれだけ疑われている、ということ。
何を?
核兵器に転用していないかってことをです。


米国での原発の開発は、もともと爆弾を作るためだったのは
明らかなのですが(『プルトニウムファイル』にも書いてあった)、
日本でも、代々自民党の人たちは
核兵器を持ちたいと口にしてきました。
原発は、ただの発電装置じゃなくて、
いつでも核爆弾を作るためのもの。
このあたりは陰謀論でも何でもなくて、ただの常識。


だからやめる選択肢なぞ、自民党にはないのですね。
まあ、今でも十分、原発は核兵器としての機能を果たしてると思いますけどね。
自国を攻撃する、自爆核兵器としてね…。








関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する