スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密保全法、秋の臨時国会に提出予定だが、私たちの生活が監視されることに

安倍ってどう漢字で書くかまちがえそうに
なることはありませんか?
覚え方は、「不安倍増内閣」ですよ~。
さ、もうまちがえない。


しかし、次から次へと不安倍増な
ことばっかりしてくれます。


秘密保全法案を提出へ 秋の臨時国会、公務員の罰則強化
http://www.asahi.com/politics/update/0727/TKY201307260778.html
--------------
 安倍政権は、国の機密情報を流出させた公務員への罰則を強化する秘密保全法案を秋の臨時国会に提出する方針を固めた。外交・安全保障の司令塔として国家安全保障会議(日本版NSC)を設置する法案を提出するのにあわせ、同盟国の米国と情報共有を進めるために必要だと判断した。

 複数の政府関係者が明らかにした。名称は「特定秘密保全法案」にする方向で調整している。秘密を漏らした国家公務員や、「共犯者」への罰則を強化する内容になる見通し。

 政権は、政策決定を担うNSCと機密情報を集約する機関を分離することを検討。その際、外務省や防衛省などに機密情報を出すよう求めるアクセス権が必要になるため、秘密保持のための新たな法整備が必要だとの指摘が出ていた。ただ、国民の知る権利や取材の自由に抵触しかねず、秘密の範囲や罰則をどう定めるかの議論は進んでいない。
---------------


秘密保全法案とはどんなものか、については、
日弁連作成のパンフレットのPDFがありました。


「エッ!これもヒミツ?あれもヒミツ!あなたも「秘密保全法」にねらわれるQ&A」
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/himitsu_hozen_qa.pdf

わかりやすいのでぜひ見ていただきたいのですが、
かいつまんで説明しますと。


(1)法案の内容
・「国の存立にとって重要な情報」を新たに「特別秘密」に指定し、
・秘密をあつかう人の「適正評価制度」を導入し、
・「特別秘密」を洩らした人は厳しく罰する


(2)問題点
一番の問題点は何を「特別秘密」にするかは行政機関などが決め、
第三者によるチェックがないこと。
何が「特別秘密」になるのかは国民にはわからない。
原発事故の原因とか、放出された放射能の量、
そういうことも「秘密」に指定されるかもしれない。


(3)処罰されるのは公務員だけではない
自衛隊の装備品の納入業者に努める人もそうだし、
もし原発の安全性に関する問題が「特別秘密」に
指定されれば、研究者や技術者も処罰の対象となる。


(4)マスコミの取材活動も制限される
夜討ち朝駆けで自宅を訪問することが
「不法な方法」とされることもあるかもしれないし、
国民も、デモを呼び掛けることも「不法な方法」による
「特定取得行為」として取締りの対象になることも
考えられる。



国民の生活も監視の対象となるようです。
で、ほんとうにこの法案が必要なのかといえば、
必要なく、すでに国家(地方)公務員法や自衛隊法で
秘密漏えいに対する処罰はできるんだそう。


本来であればもっと情報公開を求めていかねば
ならない情勢であるのに政府はその逆を
行こうとしている。


ああ、さすが、安倍内閣。



関連記事

コメント

平成の「治安維持法」

 この種の法律は、制定後に変身するのが常です。 嘗ての治安維持法でも、制定当初は、その適用には法文上制限が存在しましたが、改正に依り「結社ノ目的遂行ノ為ニスル行為」(治安維持法第一条)が加わったことに依り、ありとあらゆる事象への適用が可能になったのです。
 この法案は、実質的には、米国からの軍事的要請に依るものですので、米国内がどうなっているのかを観ますと、今では、とても自由主義国とは言えないのが現状で、テロ防止に名を借りて、国民の権利をほぼ自由勝手に制限しています。 また、テロ犯と疑われれば人権が無い状態で、簡単に射殺されています。 ネット監視も厳しくて、何万ものサイトが閉鎖されました。
 要するに、取り締まる名義は何でも良い訳です。 国家秘密を守る、とか、テロ防止、とか、その時の国民感情に訴える命題で、規制法を作れば、拡大解釈で取締が可能になる訳です。 例えば、「原子力発電に関わる重要事項」をテロリストから守るためには秘密指定しなければならない、として指定して、このサイトの様な政府が気に食わないサイトを閉鎖することも可能ですし、ブログ主様のご自宅を家宅捜査することも可能です。 そう云えば、事故を起こした原発を厳重に警備していますね。 テロがあれば重大な結果を来す、とのことで。 法が成立すれば、原子力発電関連が秘密指定される可能性は高いですね。

2013/07/28 (Sun) 19:50 | とら猫イーチ #mSWjQtqs | URL | 編集
社会を漂白したがる人々

http://www.nichibenren.or.jp/activity/human/secret.html

これに類した政治的戦略はずいぶん以前からある問題だと思うのです。それは情報とは何か、それをどう扱うかという問題です。
情報を握るものは権力を握る、権力を維持するために情報は握り続ける、私はそう考えることを基本にしています。

日弁連が今回の問題について「いま、日本に必要なことは情報公開の充実です。」と述べているのは、そういう意味だろうと私は理解しています。

情報の取り扱いに関する問題提起が庶民の側からではなく、権力側から出てくる時には常に警戒するべきです。

秘密保全法のような問題は住民基本台帳ネットワークとか個人情報保護法、マイナンバー制度でもそうですが、表面的な奇麗事で説明される以上に奥が深いもの、私は背後にビッグブラザー志向者達の影を常に感じます。

たまたま「漂白される社会」「ネットの陰謀論」というタイトルに惹かれて開いた、 http://diamond.jp/articles/-/39267
このダイヤモンド社の記事にあったセンテンスで、自分の中で曖昧に感じていることが上手く言い表されていると感じました。ご紹介しておきます。

> フリードリヒ・ハイエクは、あらゆるものを政治的な枠組みのもとでコントロールしようとする「設計主義的な方針」は、多くの共産主義国家がそうであるように、当初の目的を達成し得ずに破綻する、と指摘します。(p.1)

> 自分自身の「正しさ」を認識しつつも、そうではない正しさもあり得ることも視野に入れようとする・・・(p.3)

この記事の4ページあたりで出てくるのですが、陰謀論者について。
おそらく私のブログ記事などはそういう観点で見られているだろうと想像しています。
しかし複雑怪奇な陰謀論に見えて、基本は単純なことなのです。
あなた達が握り締めている情報をきちんと開示した後でも、あなた達に力が残っているかどうか試してごらんなさい、と言っているだけなんですよ。
胸のバッヂやIDカードが無くなり肩書きが消えた名刺を出して、自分の言葉が相手に通用するかどうか、そこんとこが大切です、と。

ニッポンを取り戻した人々が、その利権を握り続けるために必要な法制がこれからもどんどん出てくるでしょう。彼等が望む改憲こそがその基本的な問題です。

2013/07/30 (Tue) 05:23 | ictkofu #ZqkGuUow | URL | 編集
Prisoner No.6

1960年代のイギリスのTVシリーズに、Prisoner No.6と云う、カルト的な番組がありました。 情報機関に勤める主人公が、何事かの理由で突然、辞職した日に、何者かに拉致され、正体不明の者に支配されるVillege(村)に隔離され、辞職の理由を明かすように迫られるのです。 しかも名前を奪われ、No.6と呼ばれて、人格を否定され、個人情報を全て調査され、意識まで左右されようとするのですが、パトリック・マクグーハン扮するPrisonerは、頑強に抵抗し、事あれば脱出を試みる、そんなシリーズでした。 
 敵は、Prisonerを騙し、裏切り、彼に辞職の理由の自白を迫り、ありとあらゆる策を弄して迫るのですが、彼の抵抗は、唯、自己の意思を確立し、自由を求める強烈な欲求のみに基づくものなのです。 
 その昔から、こうした警察国家への警鐘と恐怖は存在したのですね。 私は、数十年後にこのテレビシリーズを観ながら、今の日本人は、現在の教訓を次世代に残しておくべきだと思いました。 この闘いに勝つか、負けるかを問わずに。 
http://www.youtube.com/watch?v=14eUKogPF7s
The Prisoner intro Patrick Mcgoohan 60s

2013/07/30 (Tue) 23:49 | とら猫イーチ #mSWjQtqs | URL | 編集
Re: 平成の「治安維持法」

とら猫イーチさん、

「治安維持」って本来はいいことのはずなのに、
それに名を借りて、体制に都合の悪いすべてを
とりしまるものになりましたよね。

これもそうだし、
自民の改憲案もそうですしね。

私は自民の改憲案を読んで
「公の秩序に反しないかぎり」
というのを見て、
「私はやられる!」と思いました(笑)。

(笑)って書いたけど、本当に笑いごとじゃなく…
嫌な方向にいっていますね。

2013/08/08 (Thu) 12:55 | Fumie #- | URL | 編集
Re: 社会を漂白したがる人々

ictkofuさん、

漂白される社会、読みました。

ちょっと気になる箇所が。

「日本では、東電が悪い、国が悪い、原子力を推進してきた人が悪いと語られていますが、「チェルノブイリの博物館に携わってき人間として。誰に責任があると思いますか?」と尋ねると、「全員だ」と答えたんですね。そう見えるような展示になっていて、ある程度、そう答えるだろうと思ったので僕も聞いた部分はありますが。

 おそらく、そうした原罪性、「お互い様」や「情けは人のためならず」と表現は何でも構いませんけど、自身の加害者性や、何かに支えられているという感覚が失われているが故に起きている対話のなさをどう乗り越えていけるかが重要だと思っています。」

というところがありました。

まあ、このあと、「どっちもどっち」といって何もしないんじゃなくて
行動につなげていかねば、という流れなんですけど、
この、「どっちも悪い」論はズルいな、と。

やはり責任は推進側にあって、
だからこそ「やめよう」という運動がある。
本当に「どっちも悪い」と推進側が思うなら
とっくに原発はなくなってる。

でもなくなってないのは、向こうは悪いと思ってないから…
ですよね。


私のブログも陰謀論ってほうに分類されそうです。
彼らの望んでいることは明確ですよね。
ほんとに、改憲はないようにしたいものです。

2013/08/09 (Fri) 01:16 | Fumie #- | URL | 編集
Re: Prisoner No.6

とら猫イーチさん、


そういう番組があるんですね。

警察国家って、かつての共産主義国、と思ってたけど、
日本はいまそれにどんどん近づきつつあるし、
アメリカは「自由の国」なんて言ってたけど
実は日本以上にかなり制限され監視されていることが
明らかで。

対抗する勢力がなくなった資本主義というものは
けしてよいものではない、
と思うこのごろです。

2013/08/09 (Fri) 01:19 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。