スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【毎日新聞7/9】「私の一票:2013参院選・各世代に聞く/20〜30代 /山梨」に載った

毎日新聞の山梨県版の「私の一票」の取材を受けて、
記事にしてもらってたので、転載します。
(個人名や年齢などの情報を除きました)


私の一票:2013参院選・各世代に聞く/ 20〜30代 /山梨


◇生活に即した政策を−−主婦 =甲府市

 夫と子ども3人の5人暮らし。東日本大震災後、
2011年10月に横浜市から甲府市に移り住みました。
原発事故による放射性物質が自宅近くで検出されたのがきっかけでした。

 前回の衆院選では「原発即時ゼロ」を掲げる政党に投票しました。
どこの党ならましな方かという消極的選択でしたが……。
子育てをする親として、原発事故は終わっていないのに
収束したことになっている現状に違和感を覚えています。
どこの政党も、放射能に対する避難・安全対策を行えていない。
原発から出る核のごみを未来の子どもたちに負の遺産として残すつもりなのでしょうか。

憲法改正については、実は身近で怖い話かもしれないと感じています。
息子が2人いますが、戦争になれば行く可能性があります。
国民から「改正して」とは言っていないのに。

 参院選の候補者たちには、もっと子ども、子育てに優しい社会を目指し、
生活に即したことを訴え、取り組んでほしい。
「アベノミクス」といっても、私は恩恵どころか
トイレットペーパーなどの生活用品が高くなったと感じます。
来年4月の消費税の引き上げは家計に直結するでしょう。
現状はとても子育てをしづらい社会です。


-------------(転載ここまで)



TPPのこととかも話して、話はあっちこっち飛んだのを
よくこれだけにまとめてくれたなーと思います。
原発事故は収束してない、
子どもを避難させていない、
核のゴミはどうするの、
憲法改正してほしくない、
という重要部分を入れてくれたので、
思っていたよりよかったです。


ちなみに、「私の一票」は二人の意見を横に
並べてるのですが、私の横は23歳、男性。
転載します。
--------
◇政党の主張で判断する−−会社員(23)=甲斐市

 宝飾会社で働き始めて2年。年金の保険料も払っているが、
本当にもらえるのかは不安です。
2009年夏の衆院選では民主党に期待しました。
今振り返れば「失われた3年」という印象です。

 一方、安倍政権は意志がしっかりしていると感じます。
大学生の時から株をやっていますが、(民主党政権で)
8000円台だった日経平均株価も、政権と日銀が
しっかりタッグを組み、今は1・5倍以上と分かりやすく結果が出ている。
株価は政権への期待の表れで、本気度が国民に伝わっていると思います。

 一方で、宝飾業界でも単価の高い製品が売れてきているとの
話は聞きますが、宝石自体は輸入が多く、円安が進むと今後どうなるか。
周囲で給料が上がるなどの「実感」はまだありません。

 富士山世界遺産登録、国民文化祭など、
今年は山梨にとってチャンスの年。「アベノミクス」効果で国内旅行客が増え、
山梨にも良い影響が出てほしいと思います。

 他にも憲法、原発、TPPと争点があるが、
どうも人ごとのようであまり関心は持てていない。
今回はテレビ出演などでなじみのある候補もいるが、
他の人は個人をよく知らないので、政党の主張で判断しようと思っています。
-------------------(転載ここまで)


いろんな意見がありますね。
私と正反対の主張です。
「 他にも憲法、原発、TPPと争点があるが、
どうも人ごとのようであまり関心は持てていない。」
って、信じられない。
生活に直結してくる問題なのに。


アベノミクスで株価があがっても、給料はあがらないのに。
TPPに入ったら健康保険なくなるよ?とかいろいろ
伝えたいほど。


けど、これが一般的な考え方なんでしょうかしら。
金がいちばん(経済とか景気とか言い換えても)、
という考えが、悲しいというか、
残念です。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。