スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換えナタネの種子によって農地を汚染された有機農家の闘い 文字おこし

有機農業を営んで8年のスティーブ・マーシュさん。
隣の農地からの遺伝子組み換えナタネの種子が飛んできて
農地が汚染され、農地の70%の有機認証を取り消されたといいます。
5分ほどの動画、文字おこしをしました。




海外からのメッセージ
GMOフリーゾーン全国交流会in阿波
2011年2月26日


「こんにちは、みなさん。
スティーブ・マーシュです。
私の農園をお見せします。」

スティーブは有機農業を始めて8年。

「このフェンスの左側の325haは有機認証をとり消されました。
GMネタネは地平線に生えています。
有機認証を取り消されたのは農地のおよそ70%です。」

農地の70%がGM種子によって汚染

「このフェンスをはさんで右側は、有機の農地で、
まだ128haについては有機認証を持っています」

羊は汚染区域から隔離しなければならない

「左側で刈り取られたGMナタネは
2.5キロ幅で1.5キロ先まで飛んできました。
それで私の農地の70%が汚染されました」

GMは汚染源から1キロ以上とばされた
収穫後のナタネの株
種子をとる前のGMナタネの穂
穂はどこにでも飛ばされていく

「地面に落ちているのはGMナタネです。
まだ種子が入っています。
境界沿いの道の端です」

郡の推計では、道路の清掃費用は2万ドル

「道の向こうには、隣の農地があって、
羊がGMナタネの株を食べています」


羊がGMナタネの株を食べている!

「33ミリの激しい雷雨が降って、GMナタネがこの水路の中に
飛び散り、小規模な洪水が起こって、水路全体に流されました。」

2011年1月5日撮影


「このGMナタネにはもう種子は入っていません。」
GM種子は土壌の中に流れていった。

<汚染されたライ麦畑>
「このライ麦を機械で刈り取るのは、心配です。
機械が汚染され、有機認証の農地まで汚染されるからです。」

「みなさん、応援ありがとうございます。
私たちは、農家がGMフリーの作物を育てる
権利のために戦っています。
あなた方のような、GMフリーの作物を
求める人々に供給するためです」

「最後にもう一度、
みなさん応援ありがとうございます」

西豪州政府は、慣習法の下では、
隣接する農家によるGM汚染から自分を守る責任は、
NON-GM農家にあると言っています。
GM種子の会社からGM種子の意図せぬ混入が原因で
訴えられた場合の裁判費用も、負担しなければなりません。
自分を守るために、すぐに行動を起こしましょう。
2011年の作付けが始まる前に。


www.nasaa-wa.com.au
スティーブのGM汚染との闘いを応援するため、
カンパをお願いします。


制作
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン



関連記事
遺伝子組み換えはよくないよ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。