スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺がん「確定」12人、「疑い」は15人

東京新聞より転載します。

-------------
甲状腺がん「確定」12人 福島の18歳以下、9人増
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013060502000133.html

東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べている
福島県の県民健康管理調査で、十八歳以下で甲状腺がんの診断が
「確定」した人が九人増え十二人に、「がんの疑い」は十五人になった。

 これまで一次検査の結果が確定した約十七万四千人の内訳。
五日に福島市で開く検討委員会で報告される。
検討委の二月までの調査報告では、がん確定は三人、疑いは七人だった。

 これまで調査主体の福島県立医大は、チェルノブイリ原発事故に
よるがんが見つかったのが、事故の四~五年後以降だったとして
「放射線の影響は考えられない」と説明している。

 甲状腺検査は、震災当時十八歳以下の人約三十六万人が対象。
一次検査でしこりの大きさなどを調べ、軽い方から「A1」
「A2」「B」「C」と判定。BとCが二次検査を受ける。

 二〇一一年度は、一次検査が確定した約四万人のうち、
二次検査の対象となったのは二百五人。
うち甲状腺がんの診断確定は七人、疑いが四人。
ほかに一人が手術を受けたが、良性と分かった。

 一二年度は、一次検査が確定した約十三万四千人のうち、
二次検査の対象となったのは九百三十五人、うち診断確定は五人、疑いが十一人。
-----------------


前にも書きましたが、
山下俊一氏がかつて書いた論文に載っている表では、
チェルノブイリ事故の1年前と事故の年は1件だった甲状腺の手術件数が
1年後には4件
2年後には3件、
3年後には5件、
4年後には17件、
5年後には47件…
ということがわかります。
100万人に一人程度の発症率のものが、
1年後に4件も起きている時点で、もう事故の影響と言って
いいのではないか、と思います。

http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/bunka5/siryo5/siryo42.htm



日本における甲状腺がんの罹患率ですが、
こちらのブログの方が厚生労働省の人口動態がもととなる国立がん研究センターの
データで調べたところ、公表されている2003年から2007年のデータにおいて、


「0-4歳では、この5年間、1人も罹患していない事が分かります。
5-9歳においても1000万人に1人に満たない罹患率であり、
10-14歳でようやく100万人に1人程度、15-19歳で100万人に3人程度という割合です。」
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51963409.html


15-19歳でも、100万人に3人。
けど、今、17万4000人のうち、甲状腺がんが12人、疑いが15人です。
これがいかに大きい数字であるかということは
すぐにわかりそうです。


よくいわれるのは、今回スクリーニング検査されて、
今までなら発症するまで見つからなかったものが
見つかったんだ、ということ。


でも、それならば、
青森・甲府・長崎で行った「甲状腺有所見率調査結果」では、
20ミリ以下ののう胞が、かなり高い割合で見つかった
(=福島が異常なわけではない)的な発表となりましたが、
あそこからは、C判定は一人も出ていませんでした。
でもスクリーニングしたから「がん」とわかる子が出た、
というなら、3県の検査においても、
C判定が一人くらいは、あってもおかしくないのではないかと
思います。
4365人なので、母数が少ないのですけど。
(もっとたくさんの人数でやればいいのに。比較するなら)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16520



昨日、サッカーのワールドカップの予選があって、
日本は出場を決めたそうですね。
そういうタイミングでの発表には、
こちらに注目されたくないのかな、って思ってしまいます。


※追記
6/5に記者会見があって、そこで配られた資料
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou2.pdf


下のほうまで見ていくと年齢分布とか
二次検査実施状況などがあります。
二次検査、まだ全然終わってなかった。
郡山市なんて、400人以上対象者がいて、
終わったのは5人。うち2人が、悪性か悪性疑い。


スケジュールを見ると、
郡山市などは今後、二次検査に入るそうです。





関連記事

コメント

山梨大学が検査担当した

別件を調べている時に見付けたので自分の記事にコメントで追記しました、以下の件

特定非営利活動法人日本乳腺甲状腺超音波医学会
平成24年度「甲状腺結節性疾患有所見率等調査」委員会
http://www.jabts.net/koujyousen-jigyou/goaisatsu/index.html
-------- 以下引用 --------------
この度は、多くの皆様に、甲状腺結節性疾患有所見率等調査の一環である長崎大学、山梨大学、弘前大学での「小児の甲状腺超音波検査における結節性病変の有所見率調査」にご協力いただき、大変ありがとうございました。
(中略)
 おひとりおひとりの結果につきましては、ご協力いただいた方に向け、結果通知書、所見用紙、説明書、今後の連絡先などを送付させていただき、さらに学校等のご依頼に基づき説明会を開かせていただきました。

 万一、B判定と連絡させていただきました方には、今後の適切な精密検査の機会を提供するとともに、不安・心配の軽減につながりますよう各地域の検査実施機関と連携を取りたいと考えております。

平成25年4月
--------------------------------------------
山梨大学医学部が担当したと思えます。
いつ何処で誰が何を行なったか、私は時間が無いので調べる気もしません、
福島の現状を知った行政がこの検査については何を考えているか、情報を待つことにしてとりあえずコメントも差し控えます。

2013/06/05 (Wed) 22:54 | ictkofu #ZqkGuUow | URL | 編集
Re: 山梨大学が検査担当した

ictkofuさん、

いつもありがとうございます。
そういえば、生活クラブでは、全国30いくつかの都道府県で
そこに住む子供たち何人かずつの甲状腺検査をしたのですが、
山梨の病院だけは及び腰で、結局検査をする時期に
ノロウィルスがはやったからという理由で
検査をしなかったそうです。

厚労省きもいりの検査をしている自治体だから
やりにくかったのかもしれませんね。
(生活クラブの調査に青森と長崎が入っていたのかは
いますぐにはわからないのですが)


コメントありがとうございました。

2013/06/07 (Fri) 00:30 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。