スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ製のブルーベリージャムからもセシウムが20ベクレルほど検出

綾瀬市の測定所にドイツ製のジャムを持ち込んだ方の結果が
ツイッターで流れてました。


セシウム137が、20.7ベクレル/kgだそうです。
セシウム134が検出されていないので、
チェルノブイリ由来でしょう。
https://twitter.com/yyh_t/status/336386768242876416/photo/1


カルディで買ったものだそうで、
瓶はこれ。
https://twitter.com/yyh_t/status/336386955002671104/photo/1



少し前に、横浜市民測定所でも
ドイツ製のブルーベリージャムからセシウム137が22.2±4.6Bq/kg
検出されて、すごくわかりやすいブログ記事にまとめてました。
http://ycrms.blog.fc2.com/blog-entry-45.html


日本のブルーベリーの数値もあります。


あと、ドイツ放射線防護委員会の方のお宅に
お邪魔した横浜市民測定所の方が汚染について
聞いた、という記事もありました。
http://ycrms.blog.fc2.com/blog-entry-47.html


重要なところをいくつか抜粋します。


「・ジャムには栽培ではなく野生のブルーベリーが使われることが多い。
野生のブルーベリーは、ポーランドやハンガリー、ウクライナなどの東欧か、もしくはフランスで大量に採れるようで、ドイツではあまり野生のものはないのだそうです。」


「・ドイツではセシウムが残留しやすい食品はかなり限定されるようになった。 (イノシシ肉、キノコの一部(全部じゃない)、ブルーベリー、ハチミツ、フィッシュイーターの淡水魚(日本では:イワナ、アマゴ、ヤマメ、ニジマス、ウグイ、ブラックバス等)気にする人はこれらを避けている。」


日本のブルーベリーはあまり野生のものはない
ので、ヨーロッパほどの汚染は受けていないのかも
しれません。
けど、ブルーベリージャムは避けたほうがいいと思います。


それより前に、スウェーデン産のリンゴンベリージャムからも
セシウムが検出されていました。
これはイケアで売っているものらしい。


ヨーロッパ産のベリー系のジャムは(原料がどこのかわからないし、)
避けたほうが無難だと思います。




関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/05/23 (Thu) 10:14 | # | | 編集
Re: 私が聞いたのは

ぴきさん、


えー!
とても高くてうちでは食べてない…。
けど、ちょっと調べて記事にしてみようかなって
思います。
ありがとうございますm(-_-)m

2013/05/25 (Sat) 17:46 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。