スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しんぼでも紹介されている「ヤマヒサ」のお醤油

先日のくらしのわの会では、塩の味比べのほかに、
しょうゆの味比べもしました。
『美味しんぼ 101巻』に載っているヤマヒサのお醤油と、
某大手のものと比べましたが…、
やっぱり、全然ちがう!


『美味しんぼ』によると、
音楽を聞かせるといいもろみに育つというので、
蔵全体に琴の音楽を聞かせているそう。
いちばん古いたるは、150年以上前から使っているそうで、
使っていればしょうゆの殺菌力で木が
朽ちることがないのだそうです。


しょうゆは「船」で搾っているそう。
機械でやるとたくさん搾れるけど、粕まで搾るので
雑味が出るそうだけど、
船でしぼってるところは滅多にないそう。


そんな本物のしょうゆ。
産地について、今日電話してみました。
とてもよい対応で、ていねいに教えてくれました。


主に3種類、作っているそうで、それぞれの産地です。
・純正醤油(こい口、うす口、再仕込み)
 大豆:九州福岡産
 小麦:香川・北海道産
 ※無農薬ではなく、一般的な原料を使ったもの


・頑固なこだわり醤油(こい口、うす口、生)
 大豆:北東北(岩手(八戸)、青森、秋田)
 小麦:同上
 ※無農薬栽培の原料を使ったもの

・有機の醤油
 大豆:石川
 小麦:同上
 ※有機認定の原料を使ったもの 


放射能についてですが、
こちらの醤油は仕込みに2年かかるので、
今出回っているものは、震災前の原料を使ったものだそうです。


いちばん早いもので、今年(2013年)夏ころから、
頑固なこだわり醤油のうす口のものが、震災後の
材料になるそう。


放射能検査は、北東北の大豆と小麦をしているそうです。
下限値は1ベクレル/kg。
で、今のところ検出はなしだそう。


なので、どの醤油も、今買うものは、
放射能フリーです。
みそは作れても醤油は作れない…。
ので買っておいてもいいかも。



買う、ということはその商品を応援する、ということ。
このお醤油の話をしたときに、
オギノ(山梨にたくさんあるスーパー)でバイトしてた
という子がいて、彼女は発注もしてたそうだけど、
継続的に買われるものは発注する、と言ってて、
消費の力を感じました。


毎月このお醤油を買うことで、スーパーに
意識の改革をすこーし促すことができるかも
しれないわけです。


ちなみに、うちの近所ではいちやまマートで
売っているそうで、そこで買おうと思います。


あと、ヤマヒサのサイトでも買えます。
http://yama-hisa.co.jp/




こちらは、添加物の話とかいっぱいの物議をかもした
「食の安全」についての巻。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。