ジョージ・オーウェル『一九八四年』 


一九八四年[新訳版]』を読みました。


今の世の中を表してる、とか、
今後こうなっちゃう、とかよく目にしてたので、
いったいどんなお話なのかと気になっていたのです。



wikipediaよりあらすじ
http://ja.wikipedia.org/wiki/1984%E5%B9%B4_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)
-------------
1950年代に発生した核戦争を経て、1984年現在、
世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの
3つの超大国によって分割統治されている。

さらに、間にある紛争地域をめぐって絶えず戦争が繰り返されている。
作品の舞台となるオセアニアでは、思想・言語・結婚などあらゆる
市民生活に統制が加えられ、物資は欠乏し、市民は常に
「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビジョンによって
屋内・屋外を問わず、ほぼすべての行動が当局によって監視されている。

ロンドンに住む主人公ウィンストン・スミスは、
真理省の役人として日々歴史記録の改竄作業を行っていた。
物心ついたころに見た旧体制やオセアニア成立当時の記憶は、
記録が絶えず改竄されるため、存在したかどうかすら定かではない。


スミスは古道具屋で買ったノートに自分の考えを書いて整理するという、
禁止された行為に手を染める。
ある日の仕事中、抹殺されたはずの3人の人物が載った過去の
新聞記事を偶然に見つけたことで体制への疑いは確信へと変わる。


「憎悪週間」の時間に遭遇した同僚の若い女性、
ジュリアから手紙による告白を受け、出会いを重ねて
愛し合うようになる。また、古い物の残るチャリントン
という老人の店を見つけ、隠れ家としてジュリアと共に過ごした。


さらにウインストンが話をしたがっていた党内局の高級官僚の1人
オブライエンと出会い、現体制に疑問を持っていることを告白した。
エマニュエル・ゴールドスタインが書いたとされる禁書を
オブライエンより渡されて読み、体制の裏側を知るようになる。


ところが、こうした行為が思わぬ人物の密告から明るみに出て、
ジュリアと一緒にウィンストンは思想警察に捕らえられ、
愛情省で尋問と拷問を受けることになる。


彼は「愛情省」の101号室で自分の信念を徹底的に打ち砕かれ、
党の思想を受け入れ、処刑(銃殺)される日を
想いながら"心から"党を愛すようになるのであった。


本編の後に『ニュースピークの諸原理』と題された
作者不詳の解説文が附されており、これが
標準的英語の過去形で記されていることが、スミスの時代より
遠い未来においてこの支配体制が破られることを暗示している。
-----------------


これは全体主義を批判した本だと言われてるらしいですけども、
全体主義ではないはずの、
今の世の中でも同じことが起こってるなって
思うところがありました。


たとえば、こんな部分。
これはウィンストンが手に入れた禁書の一部。


我々の社会では、現実に起こっていることを最もよく知悉
している人々がまた、世界をありのままに見ることが
できない人々でもある。
一般に、理解力が深くなればなるほど、迷妄も深まるものだ。
つまり知的になればなるほど正気を失っていくのだ。




環境破壊の著しい、世界最悪かもしれない公害を
現在進行形で作り出している福島原発を抱えてもなお、
原子力から手をひこうとしない人たちの
頭の中はどうなってるんだろうと思っていました。



それから、言い換えも、ほんとそのとおり。

われわれを統治している4つの省の名前までもが、
厚かましくも意図的に現実に反する名前となっている。
平和省は戦争に関わり、心理省は虚偽に、愛情省は拷問に、
潤沢省は飢餓と関わっている。




日本でも、環境省は環境破壊省ですし、
自然エネルギーって自然破壊エネルギーだったりする。
そういうのだらけ。


名前って重要ですよね。
自民党の改憲案の「国防軍」も要注意です。
アメリカの国防省と同じく、自国を守るよりも、
他国に侵略に行くんじゃないでしょうか。
「やらねばやられる」とかうそか本当かわからないことで煽って。


戦争は平和なり
自由は隷従なり
無知は力なり




こんな言葉で支配されないようにしたい。
今の日本は、建前上は民主主義でも、
実はそんなことない気がしています。
人間は平等じゃない。
そこには、明確に、格差である階級差が存在し、
一九八四年[新訳版]』で「プロール」と呼ばれる下層労働者が人間として
扱われていないのと同じように、
平等には扱われていません。


だから、生活保護をさらに削ろうとし、
最低賃金を撤廃しようとする。
お金を持たない人の命の値段は、近年ますます
安くなっています。


そういうのがこの本を読んでいると、
よくわかってきます。同じなんだ、って。
おもしろかったです。
ぜひ読んでほしい本です。
長かったのだけど…。







関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する