手作りソーセージ作りに挑戦

昨日、手作りソーセージ講座に参加しました。
これは、夫がすごーくいきたがったもの。
ソーセージは、新鮮な肉で、きちんとこねれば、
添加物は一切いらない、というのを『美味しんぼ』で読み、
作ってみたいと思っていたようです。


前日から、全員分のエプロンと三角巾を用意して、
わくわくしてました。


2013022405.jpg

まずは、ひき肉に、塩とスパイス、氷水を入れて、
とにかくよくこねる。
ここで白っぽくなるほどによくこねる
必要がありそうです。



2013022406.jpg

それを絞り出し袋に入れて、羊の腸に絞り出します。
ある程度、パンパンになるようにつめないと、
歯ごたえの悪いソーセージになります。



2013022408.jpg


ソーセージの大きさで、ひねっていきます。



2013022409.jpg

25~30分、85度を保ってゆでます。


2013022410.jpg


燻製にする方法もあります。



試食してみて、こねがたりなくて、
腸へのつめ方のあまいソーセージはかなり
まずいことがわかりました。
食感がまずい。


燻製にしたほうが、まだ風味があってよかったです。


腸につめると、ちょっとグロテスクな感じ
がありました。一部穴が開いて、お肉が出ちゃったときなんて、
けっこう「ウエッ」という感じ…。


でもソーセージって添加物がすごいので、
食べるなら手作り、手作りが大変なら食べない、
くらいのほうがいいのかなー、という気がしました。


とりあえず、夫が極めたいようなので、
おまかせしたいと思います。








関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する