切干大根作り

こちらにきて、「生まれて初めて!」ということを
たくさん経験させてもらっています。
ありがたいことです。
今日は生まれて初めての切干大根作りをしてみました。


昨日、お師匠が大量の大根をもってきてくれました。
近所の人のもらったとのことで、私が切干大根を
作ってみたいと言ったら、スライサーも借りてくれて。
あと、干し網を2つも貸してくれました。


さて、用意は万端。
「やるぞー!」と思っていたら、外は曇り。
天気は雨らしい。


切干大根は、冬の晴天の日に10日~2週間ほど干すんだそう。
ということは、天気の悪い日はあんまりよくないと思われる。


なので、今日はとりあえず、2本だけやってみることにしました。
4歳の息子がやる気をみせてくれました。

2013021901.jpg


が、千切りを1本分切ったら飽きてました。


最初は輪切りはスライサーを使っていたのですが、
2本目の大根が重くて、
片手でスライサーをおさえて片手で大根を動かす、
というのが無理で、
輪切りも包丁でやったら、案外ラクでした。
5ミリの厚さで輪切りにすればよいので、
包丁でもそんなに切る回数は多くない…はず。


それにしても、すごい量の大根です。
今日の2本分で1つの干し網が満杯になっちゃったので、
明日は、借りた干し網×2と、うちの大きいほうの干し網×1
で3つ分のスペースに干せる量となると、
たぶん、最大で9本分くらいになりそう。


大根、あまるかも。
…の前に、どこまでがんばれるかな。
2本で、けっこう、疲れた…(弱気)。
でも2本分だと30分はかかってない。
ということは、1時間5本として、2時間で切り終わる!(ハズ)


とりあえず、備蓄という目的のためにも、
明日はがんばってみようと思います。







関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する