スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下先生が栄誉ある賞を受賞

おしどりマコさんの記事からですが、
ミスター100ミリシーベルト、もしくはダマシタ先生こと、
山下俊一氏が栄誉ある賞2つもに!
選ばれたそうです。
http://news-log.jp/archives/6402



転載します。
-------------------------
一つは武見記念賞。これはすでに2012年12月20日に授与されている。

http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/news/news1149.html

これは日本医師会会長、世界医師会会長を歴任した武見太郎という医師の名前を冠した賞で、医師として名誉ある賞とのことだ。

受賞理由はこうである。
「福島第一原発事故による県民の放射線被ばくと健康に関する情報の発信をはじめ、
県民の被ばくリスクの低減に向けた行政へのアドバイスに取り組み、
事故後の危機管理への大きな役割を果たしたこと。
さらに全県民を対象とした健康管理調査を立ち上げ,
県民の健康を守るための体制づくりへの多大な貢献が評価された。」
もう一つは、NCRP( National Council on Radiation Protection and Measurements 、米国放射線防護・測定審議会)
においてSinclair基調講演の栄誉を得たというのだ。
NCRP二代目議長のWarren K. Sinclair博士の基金による、その名を冠した基調講演は放射線防護の分野において、
ノーベル賞に匹敵するといっても過言でない栄誉だという。
2013年3月11、12日のNCRPの年次総会においての、
第10回Sinclair基調講演に山下俊一氏が選ばれたということだ。

http://www.ncrponline.org/

http://www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/2013_Ann_Mtg/Yamashita-WKS.pdf

※補足

NCRPで基調講演に選ばれることが、放射線防護の分野でどれくらいの栄誉か、質問がきたので補足する。

NCRPは1929年にLauriston.s.Taylorによって創立され、
1964年に米国議会によって「NCRPは放射線防護と測定に関する事項について指導すべきこと」と定められた。

ICRPは1950年に創立された委員会であるが、その初代議長も Lauriston.s.Taylorである。
ICRP(国際放射線防護委員会)で出している放射線防護の勧告に、原子力業界は準拠している。

日本でも、放射線障害防止法、電離放射線障害防止規則などの放射線防護に関わる国内法は
ICRPに準拠しており、新しい勧告が出るたび、取り入れの議論が行われている。

(余談だが、昨年1月に施行された「除染電離則」について、除染に関わる全ての方々に周知されることを筆者はのぞむ。)
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-2/hor1-2-216-m-0.htm

つまり、NCRPとICRPの初代議長は同一人物、Lauriston.s.Taylor氏なのである。

NCRPの年次総会で、初代議長Lauriston.s.Taylorの名を冠したTaylor基調講演と
2代目議長Warren K. Sinclairの名を冠した Sinclair基調講演が行われ、
それに選ばれるということは、放射線防護の分野で、大変な栄誉なのである。
------------------------(転載ここまで)


山下氏のいう「大丈夫」をいまだ信じている人が
いるのか私にはわからないけども、
こういう人を「すばらしい」と褒めたたえる(国際)社会というのは、
つまりは原発を推進するために放射能ばらまいて
隠ぺいが上手にできたら評価する、という
社会なわけで…
信用できないってことがあからさまにわかりますね。


山下氏の過去の研究では、
甲状腺に異常は福島ほど出ていない。
http://ishikiya.blog72.fc2.com/blog-entry-358.html




関連記事

コメント

長生きしてほしい

山下俊一氏をはじめとして学界研究者の方々や政財界の皆さんにも、長生きしていただきたいと思っています。
10年後、20年後~に出てくる結果について、ちゃんと対応してコメントできるだけの知力・体力を残しながらですが。
もちろん山梨県地元の行政・政財界の方々もです。

その時に備えて、誰でもどこからでも読み出せる記録を残しつづけることは持続したいと思っています。

「関係者によれば・・・」などというマスゴミ記事は役に立ちません。いつ誰がどこで、何を述べたか、それを明確に残すことが大切です。

2013/01/30 (Wed) 23:02 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集
Re: 長生きしてほしい

>ictkofu さん、

山下俊一氏をはじめとして学界研究者の方々や政財界の皆さんにも、長生きしていただきたいと思っています。
> 10年後、20年後~に出てくる結果について、ちゃんと対応してコメントできるだけの知力・体力を残しながらですが。
> もちろん山梨県地元の行政・政財界の方々もです。

ほんとですね。

> その時に備えて、誰でもどこからでも読み出せる記録を残しつづけることは持続したいと思っています。
>
> 「関係者によれば・・・」などというマスゴミ記事は役に立ちません。いつ誰がどこで、何を述べたか、それを明確に残すことが大切です。

確かに、そのとおりですね!
私もその観点から、記録を残していこうと思います。
ニュースってすぐ流れていっちゃいますし。

ありがとうございました^^

2013/02/03 (Sun) 13:29 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。