スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】「真実は闇の中・・・政府は必ずウソをつく?」 お金の流れをチェックして、情報を比較する!

わかりやすい動画がありました。

http://www.dailymotion.com/video/xx881a_yyyyyy-yyyyyyyyyy_news#.UQ4TPr_ZXZE

※前にリンクを張ったのはさっそく削除されてしまったので、
貼りなおしました。


内容を順にざっと書き出します。


大量破壊兵器なんてなかった
イラク戦争で、どこが設けたか。
たとえばハリバートン。


米国が壊したインフラを作り直した。
米国民の税金が、ハリバートンに入って、
ハリバートンの株主に還元された。
ハリバートンのえらい人(就任前までCEO)が当時副大統領のディック・チェイニー。


戦争が終わった後までを1本の線として検証して
どこが儲けたのかをみれば、つながる。


そういう、政府と企業の癒着を「コーポラティズム」と呼ぶ。
コーポラティズムには民主主義がじゃま。
そのためにはマスコミに影響力を持つのがいいので
スポンサーになる。
その企業の目的にそった広告が打たれて世論が変われば、
政府の思い通りになる。


日本政府も同じようにうそをついているか。


2011年3月13日には、
枝野氏「メルトダウンはしていない」
(前日にメルトダウンをしている可能性が非常に高いという情報を持っていた。)


3月18日
枝野氏「ただちに影響はない」


うのみにして取り返しのつかないことが起こっても
だれも責任をとらない。


TPPも同様。


ISD条項というのがある。
これは、相手国に出資した企業が相手国によって損害を被った場合、
相手国を提訴することができる、というもの。


北米自由貿易協定NAFTAでのISD条項の例。
米A社 有害なものが添加されたガソリンをカナダが輸入禁止したので、
A社がカナダを提訴。
カナダがやぶれ、賠償の上、規制を撤廃、輸入再開。


NAFTAでの例はあからさまに米企業に有利。
カナダ政府を提訴したのは28件で、カナダ政府は全敗。すべて賠償
メキシコ政府を提訴したのは19件で、メキシコ政府は全敗。すべて賠償
アメリカ政府を提訴したのは19件で、アメリカ政府は全勝。賠償ゼロ


ISD条項が米企業のためであるという3つの特徴

(1)裁判は、「国際投資紛争解決センター」
というところで行われるが、これは世界銀行傘下。
世界銀行はアメリカが一番支配力がつよい


(2)投資紛争解決センターでの裁判の基準は、
国民、環境にとってどうかより、投資家にとって実害があるかどうかに
なっている。


(3)密室裁判であって、かつ控訴できない。


日本では、経済産業省がTPPに入ろうとしている。
グローバルスタンダードだから、みたいな感じなんだろう。


官僚から国会議員に全部情報がでていない
交渉内容をだれがみているのか→財界多国籍企業600社のアドバイザーは見ている
つまり、支配層の1%が見ている。
彼らが政府を動かそうとしている。


テレビは、放送法で外資の株式保持は20%という規定があるが、
これはISD条項で撤廃させれらる可能性大。
事実、米韓FTAをしている韓国では撤廃されている。
そしてマスコミがやりたい放題になるのが、
コーポラティズムのやり口。


TPPの悪い情報はギリギリまで黙っている。
いったんテーブルについて、都合が悪ければバックするといっているが、
今から入ったら全部丸呑みにするしかない。


国会議員は過半数が反対。
政治家が戦わないといけないけど、
政治家を黙らせるために大ショック(震災だったり…)が必要。
自民は参議院まではNOだろうけど、
次の衆院選までは3年があいてしまうので
やりたい放題になるだおる。


腑に落ちないニュースはお金の流れをチェックして、
情報を比較する。


イラク戦争のときは、
政府→広告代理店→マスコミと金が流れた。
戦争中はだれに?
戦後はだれに?
それがわかればよい。


でも、一般人はわかるものなの?
慣れれば、自転車に乗るみたいに体でわかる。

(1)お金の流れ
・IRの資料
・政府の予算を細かく見る
・研究費はどこの?
・テレビ局の株主はどこ?
・自治体はどこの株主になってる?
これらは公開されている。


(2)情報を比較する
ひとつのテレビ局だけじゃなくて、インターネット、新聞、週刊誌もみる
外国のも比べて並べる。
コーポラティズムがあるんじゃないとか疑いつつ、


忙しくてむりなんだけど…。
→それがコーポラティズムのやり口。
忙しいなどの理由に目をそらすと、いいようにされる。
慣れればできるようになる。


今後気を付ける政府の動き
・消費税
・TPP


わかりやすいです。
何かしながら聞き流して、大事な文字が出てそうなところ
は画面をチェック、などしながらでも
ぜひ見てみてください。
30分程度です。





政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書


関連記事

コメント

最近TPPが話題にならなくなったけれど、それだけに気がかりでした。
本当に、イデオロギーとかより、金流れをひもとけば、明快にわかることがたくさんありますよね。

fumienneさんのご紹介してくださる本、面白いというとちょっと適当じゃないかも知れないけど、「ああ、こういうこと知りたかったの」という内容で、現在の社会システムを考えさせられます。いつも記事を楽しみにしています。
去年の、『超不都合な科学的真実』『マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている』、驚きを感じながら読みました。だんなもちょっと読んでました。(^o^)
『放射能を食えというならそんな社会はいらない』も、『子供につたえる日本国憲法』も、これから読みたいです。なかなか追いつかないですが・・・ともあれ、本の紹介をこれからも楽しみにしています♪

2013/01/28 (Mon) 15:43 | Catherine #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>Catherineさん、


最近TPPが話題にならなくなったけれど、それだけに気がかりでした。
> 本当に、イデオロギーとかより、金流れをひもとけば、明快にわかることがたくさんありますよね。
そうですよね。
大変そうな気もしますけど、
金の流れを調べる癖をつけたいですね。


> fumienneさんのご紹介してくださる本、面白いというとちょっと適当じゃないかも知れないけど、「ああ、こういうこと知りたかったの」という内容で、現在の社会システムを考えさせられます。いつも記事を楽しみにしています。
> 去年の、『超不都合な科学的真実』『マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている』、驚きを感じながら読みました。だんなもちょっと読んでました。(^o^)

『超不都合な科学的真実』は別の方かも?
私も読んでみたいです。
『マスコミと~』はおもしろかったですね。

> 『放射能を食えというならそんな社会はいらない』も、『子供につたえる日本国憲法』も、これから読みたいです。なかなか追いつかないですが・・・ともあれ、本の紹介をこれからも楽しみにしています♪

そういっていただけてうれしいです^^

コメント、ありがとうございました。

2013/02/03 (Sun) 13:28 | Fumie #- | URL | 編集

あれ!!失礼しました。m(__)m
たぶん『マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている』をAmazonで注文する時「この本を買った人は、こんな本も買っています」で、注文したんだと思います。

ママさんだけでなく色々な活動をしながら、こんなにたくさんの本を読んでいること、尊敬です。時間がないからと言っていてはいけないなあ、と自分自身の励みになります。(*^_^*)

2013/02/04 (Mon) 16:06 | Catherine #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>Catherine さん、



> たぶん『マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている』をAmazonで注文する時「この本を買った人は、こんな本も買っています」で、注文したんだと思います。

Amazonのチョイスはときどきいいですよね^^
私も気になっちゃいました。

> ママさんだけでなく色々な活動をしながら、こんなにたくさんの本を読んでいること、尊敬です。時間がないからと言っていてはいけないなあ、と自分自身の励みになります。(*^_^*)

ありがとうございます!
この正月はたくさん読めたんですけど、
日常に戻ってくると、またなかなか読めないですね。
なんだか気持ちも集中できなくて。
読みたい本は積んであるんですけど…

コメント、ありがとうございました^^

2013/02/07 (Thu) 15:12 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。