スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憲法改正と右傾化する若者



井上ひさしの 子どもにつたえる日本国憲法 (シリーズ 子どもたちの未来のために)


「はじめに」に書いてあったことにびっくり。


昭和20年の男子の平均寿命は23.9歳だったそう。
そして戦死者の三分の二が餓死だったなんて!!


「英霊」なんて立派な言葉でごまかされていますけど、
そんなひどい亡くなり方をしていたなんて…。


----------
そんな時代ですから、私たち国民学校生徒も先生たちから
「きみたちも長くは生きられないだろう」といい聞かされていました。
「兵士となって戦地へ行くのか、防衛戦士として本土で戦うのか、
それはわからないが、とにかく二十歳前後というのがきみたちの寿命だ」


ところがあの八月十五日を境に、何もかも変わった。
「きみたちは三十、四十まで生きていいのです」というのですから、
頭の上から重石がとれたようで、しばらく呆としていました。
この状態を大人たちは「開放感」というコトバで表していましたが。


この呆とした気持ちがシャンとなったのは、敗戦の翌年、
日本国憲法が公布されたときです。
「きみたちは長くは生きられまい」と悲しそうにしていた先生が、
こんどはとても朗らかな口調で「これから先の生きていく目安が
すべてこの百と三つの条文に書いてあります」とおっしゃった。
とりわけ、日本はもう二度と戦争で自分の言い分をとおすことはしない
という覚悟に、体がふるえてきました。


(中略)
この子どものときの誇らしくていい気分を、なんとかしていまの子どもたちに
も分けてあげたいと思って、私はこの本を手がけました
------------------


当時の国民が、憲法を喜んでいただろうということが伝わってきます。
改正が叫ばれている今だからこそ、
ぜひ子どもたちに伝えたい。


簡単な日本語で全文と九条が、小学生にわかるように書いてあります。
2年生の娘と音読しました。
(音読の宿題があったのでちょうどよかった)


おこさんと、ぜひ。



ところで、これと前後して、『雨宮処凛の「オールニートニッポン」 (祥伝社新書)』を読みました。


こっちは、ニートによるニートのためのラジオ番組に
いろんなゲストを呼んで話した内容を
書き起こししたもの。
フリーターにしても、ニートにしても、社会の責任で
そのような状態にある、といえます。


これの、最後のほうに出てきた赤木さんという人の発言に
すごく興味を持ちました。
で、彼が書いたという文章を探したらネットにありました。


右傾化する若者が多いというのはよく眼にしてたんですけど、
なぜそうなのか、戦争に行っていいのか、と思ってたのだけど、
この赤木さんの文章を読んで、納得しました。
彼らは戦争にいってもいいと思ってる。


『「丸山眞男」をひっぱたきたい 31歳フリーター。希望は、戦争。』
(赤木智弘)
朝日新聞社 「論座 2007年1月号」
http://t-job.vis.ne.jp/base/maruyama.html


絶対的な格差の中でいきていて、家庭ももてない、
自立もできない、そんな状態におかれているから、
その社会をひっくりかえす手段として戦争を望む、と。
そういう論理なんですね。


そこには絶望しかない。
どうしたらいいんでしょう。
戦争なんてのは、やっぱり絶対悪だと思うし、
例えば米軍のやるタイプの戦争だと、「経済的徴兵」状態であって、
結局貧困層が戦争にいって、深刻な後遺症を抱えて帰ってきたり
する現実があり…(PTSD、うつなど)。


とか、そういうことを説明したって、響かないんでしょう。
それより、今の生活をよくするしかない。
それはどうしたらいいかといったら、最低賃金をあげる、
それが一番手っ取り早いんじゃないかしら…。


どうして、正規じゃない人の賃金が安いのか。
安い必要はまったくない。
単に企業が安い人を求めているだけ。
それを是正していかないといけないんじゃないかと思います。


戦争して得をするのは、結局大企業を所有する人たち。
そういう人が今、低賃金で人を「労働力」として使い捨てている。
結局どっちに転んでも喜んでいる人がいるわけか。






関連記事

コメント

明けましておめでとうございます(^_^)
いつも素敵な本を紹介して下さってありがとうございます。
今年も宜しくお願いします。

2013/01/04 (Fri) 23:15 | たー坊 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>たー坊さん、


こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!
去年は落ち着いて本を読む時間も精神的ゆとりもなかったので、
今年はたくさん読みたいなーと思っています。

今年もよろしくお願いします^^

2013/01/17 (Thu) 11:19 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。