スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の過半数は自民党を支持していない

総選挙の結果にはガックリきていましたが、
いろいろな人から、自民圧勝って言われて自民党支持者だらけみたいな
イメージだけど、実は全然そんなことはない、ということを聞きました。


なるほど、
全有権者に占める自民党に投票した人の比率は
たった、24・67%、比例代表は15・99%なんですね!


「それなのに、自民党が獲得した議席は小選挙区で定数の
79%にあたる二百三十七議席、比例代表は、同31・67%の五十七議席だった。」
とのこと。


これで自民がやろうとしている、比例をなくす、
なんてことされたら、少数意見の行き場はなくなりますね。



東京新聞の記事を転載します。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012121802000130.html

--------------
「小選挙区24% 比例代表15% 自民 民意薄い圧勝」

戦後最低の投票率となった十六日の衆院選は、自民党が定数(四八〇)の六割を超える二百九十四議席を確保する圧勝で終わった。しかし小選挙区で自民党候補の名を書いたのは全有権者の約四分の一、比例代表に至っては15・99%だった。自民党の勝利は、必ずしも民意を反映したものではない。多党乱立と低投票率が自民党を利した結果であるということが、はっきり分かる。


 衆院選の投票率は小選挙区で59・32%。戦後最低を記録した。


 一方、自民党の得票率は小選挙区が43・01%。比例代表は27・62%。ただし、これは投票した人の中での比率だ。


 全有権者に占める比率は24・67%、比例代表は15・99%となる。選挙区でも比例代表でも自民党候補や党名を書いた有権者は「少数派」だ。


 ところが、自民党が獲得した議席は小選挙区で定数の79%にあたる二百三十七議席、比例代表は、同31・67%の五十七議席だった。


 現在の衆院選挙制度は、小選挙区制と比例代表の並立制を採用している。民意を集約して二大政党制に導く小選挙区制で自民党は、有権者全体に占める得票率の三倍以上の議席を獲得。信じられないような世論との乖離(かいり)が生じた。


 民主党は、小選挙区で自民党の約半分にあたる22・81%の得票だったが小選挙区での獲得議席は自民党の一割強の二十七にとどまった。ここで両党が明暗を分けた。


 このようなずれは、十二党が乱立した今回の衆院選で、多くの候補が票を食い合ったことが最大の要因。特に、最大の争点の一つだった原発政策で「原発ゼロ」を公約する政党が小選挙区で競合し、結果として原発を容認する自民党を利した形だ。
-----------------------


世の中自民党支持者ばっかりなのか、とがっくりきたけど、
そんなことはない。
まともな意見は死に票になったんだって思うと
少しはよいです。


「国民軍」を知らずに自民党に投票した人もいるだろうし、
そのなかで良識ある人は憲法改正で国民軍といわれて
びっくりして反対票を投じるかもしれない。


投票いかない人はなんともし難い…けども、
まだ希望を捨てるほどではないなと思いました。


あと、こちら、フリーライターの守田敏也さんの
ブログ記事「明日に向けて(599)自民党は民意など得ていない!憲法を、人権を守ろう!」。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/6ff95b41bbf58fecd671bbdd7cb2869c


「今回の選挙結果に落ち込んでいるおともだちがいたら、
ぜひ僕の分析記事をご紹介ください。選挙のからくりに騙されず、
民衆の力に自信を持って歩みましょう!」とツイッターでまわって
きたのですが、まさにそうだなって思いました。


一部抜粋
---------
前述したようにそれが可能であることを僕は非常に強く体感しています。
例えば、僕は明日、明後日、大槌町で講演しますが、これで昨年3月11日からの講演数は約190回にもなります。僕が凄いのではないのです。それだけたくさんの人が、放射能をめぐる勉強会を開催してくれたのだということです。
僕など名前が売れているわけでもなんでもない一介のライターです。そんな僕からすら話を聞き、学び放射線防護を進めようとする人々が本当に無数にいる。

それも都市部ばかりではないのです。最近、僕が呼ばれているのは、例えば兵庫県篠山市や丹波市、京都府京丹後市や舞鶴市、宮津市、与謝野町、伊根町など、農村や漁村が広がる地域です。広島県でも、尾道市、福山市、三原市などで呼んでいただきました。県庁所在地ではない多くの町々です。しかもそういうところにいって知るのは、すでにそうした地域が、原発問題を語れる人々を次々と呼んでいることです。

同じことが全国津々浦々で起こっています。本当にあちこちで、小さな集まりから大きな集会までさまざまな人の集まりが出来ている。僕は17歳のときから今日まで社会運動に携わっていますが、こんな連続的な熱気にさらされた経験はかつてありません。しかもどこにいっても参加者の多くが実によく学んでいる。科学をしている。科学をして、自らの生き方を問い、地域の行く末を本気で考えています。

選挙はその息吹とはまったくリンクしないところで進められてました。悔しくもありはしますが、しかし僕は国会や国会議員は、この国の中で一番最後に変わるものだと思っているので、まあそんなものだと初めから思っていました。
そんなところとは別に、今、私たちの国のいたるところで、最深部からの変革が始まっているのです。大切なのはそのことです。私たちは私たち自身の力にもっと自覚的になり、自信を深めていい。その力こそが原発稼動を2基にまで押しとどめているのです。私たちより環境政策で大きく進んでいるドイツでさえ、まだ8基も稼動していることなど私たちはしるべきです。

小選挙区4割の得票で、8割の議席を掠め取った自民党は、この本当の民意を押しつぶそうとしてくるでしょう。その場合の一番の手が、民衆に自ら失望するように仕向けることです。その一つとして現行の選挙制度もあります。民意など得なくても、あたかも得たようなふりをして政治権力を振るうことを合法化するのがこのシステムです。私たちはこうした手にもう騙されないようにしましょう。
-----------------


よかったらぜひ読んでみてください。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/6ff95b41bbf58fecd671bbdd7cb2869c



私たちがしていること、そういうことも、
全国津々浦々で起こっている小さいことのひとつ。
でも確かに私たちも命を守るための活動を、
何かしているわけです。


そういうことが全国で無数に起こっている…。
そう考えると、とても心強いです。
腐らず、進んでいきましょうね!







関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。