梅の木の剪定

今日は、誘われて梅の木の剪定に、豊臣のほうに行ってきました。
梅の木の剪定なぞ、したことがありません。
どんなものか、わくわく…。



写真 (97)

これは帰りに撮ったので少し曇ってきちゃったのですが、
ついたときは青空!



写真 (96)


伸びちゃった部分を切って落します。
そうしないと、実がつきすぎて、1粒1粒が小さくなって
しまうんだそう。


桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、という言葉があるんですって。
桜は切り口から腐りやすいから切ってはいけないけど、
梅は剪定しないといけない、ということ。


最初2本切ったとき、「もうダメだ。なんというところに
来てしまったんだ…!」とちょっと後悔しました。
重くって、2本切っただけで肩が痛くなったんです。


でも、剪定ばさみを軽いのに交換して、
上のほうを切るんじゃなくて、
上から下を切ればラクだということがわかり、
そこからはなんとかできました。


高所恐怖症なもので、下のほうばかりやっちゃったので、
次いったときは高いところしか残ってないだろうから…
どーしましょう。


ま、なんとかなるでしょう。
子連れでいっても大丈夫といわれたので、
次回は子供を連れて行けるといいな。
開けていて、気持ちよい場所で、子供が遊んでも危険じゃなさそうでした。


しかし、明日は肩こりがひどそうです。
こわこわ!


帰りにどっさり、ほうれんそうに聖護院大根に通常大根を
いただいてきました。
その上、梅の実がなったらもらえるというので楽しみにしたいと思います。






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する