スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の改憲案 ~なんという右翼っぷり

自民党の改憲案、多くの人が目にしていることと思います。
(投票しようとしている層は目にしてないでしょうけども)


これが、自民党サイトからいける改憲案PDF
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf


まず前文がずいぶん、格調低い。それはともかく。
現行憲法の「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうに
することを決意し、ここに主権が国民に存在することを宣言し、
この憲法を制定する」

はなくなってます。
政府の行為で戦争を起こした、なんていわれることがいやなのだろうし、
「主権は国民」にしたくないんだと思います。


自民案では、
「日本国民は、よき伝統と我々の国家を末永く子孫に継承するために
ここに、この憲法を制定する」
ですって。
「国家を継承するために」ということは、この憲法の主眼は、
「国家のため」であって、「国民のため」ではありません。


憲法は、国(官僚)の権力(暴力)の暴走から国民を守るための
ものです。
その前提が、くつがえっているように、思えます。


現行憲法には、
「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、
平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」
というのがありますが、自民改憲案にはありません。
私たちは、平和に生存する権利がないみたい。


自民案では、
「平和主義の下、諸外国との友好関係を増進し、
世界の平和と繁栄に貢献する」とかが、「平和」という
文字がでてくる部分ですけど、個々人の生存ではなく、
これは国家の話だと思います。


お「国」のために、「個人」が置き去りにされる。
戦前に逆戻りですね。
その反省から、日本国憲法を制定したのではなかったか。



前からしてこうでは…、改憲案はひどいものです。
気になるところをいくつかピックアップ。


第二章は、タイトルからして、「戦争放棄」を、「安全保障」としています。
自民の九条
「 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の
行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない」


ですって。つまり「自衛」といえばなんでもOK。
ちなみに、例えばイラクに攻め込むのも「自衛」ですからね。
やらなきゃ、やられるんですから。


続きには、
「国防軍」の規定と、「領土等の保全等」があります。


まあ、戦争しやすくするんでしょうね。



さて、自民第三章には、「国民の責務」があります。
「第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断に努力により、保持されなければならない。
国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には
責任および義務が伴うことを自覚し、常に
公益及び公の秩序に反してはならない。」


似たようなことに、「人としての尊重」があるのですが、
「第十三条 すべて国民は、人として尊重される。
生命自由および幸福の追求に対する国民の権利については、
公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、
最大限に尊重されなければならない。」


また「表現の自由」では、
「第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、
保障する。
2 前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを
目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社を
することは、認められない」


「公益及び公の秩序」
という言葉が何回も出てきます。
日本国憲法では、でてきたとしても、「公共の福祉」です。


「公益」とは何でしょう。
「公の秩序」とは何でしょう。
それはすべて、政府が決めること。
政府に反対するような行動は、すべて、上記に反すること
となります。


つまり、給食問題の活動にしたって、国の基準に反対している
ということになりますから、憲法違反とされて
逮捕されてもおかしくない…。


言論の自由はなくなります。
治安維持法が復活ですね。


ほかにもいろいろあるんでしょうけど、
私としては、自由にものが言えなくなる社会はこわいです。
ここまで統制される世の中っていったいどんななのでしょうね。


以前は、自民党でも、「改憲」という言葉にはとても
慎重だったと思います。
けども、今はそれをウリにしている。
それを喜ぶ人がたくさんいる。
ずいぶんこわい雰囲気になっていると思います。


核兵器をもつべきと言っている石原もなんであれで
政治をしていられるのか。
橋下といっつもくいちがってますよね。いってることが。
あ、あの人たち、自分のなかでも前言ったことと次にいってる
ことがちがうから、どうしようもないですけど。


ともかく、そんな自民改憲案、
ぜひ、直接目を通してみてください。
http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-109.pdf




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。