fc2ブログ

冷静な研究者たちの対応が疑問だった

今日、ツイッターを見たら、野尻美穂子先生(@Mihoko_Nojiri)が怒っていたので、
なんだろうと思って見つけた相手が、
@Jun Makinoの牧野淳一郎先生(東工大理工学研究科理学研究流動機構)でした。


「ひとつのツイートを拾ってきて過小評価しているというな」
というのが野尻さんの言い分でしたが、
私、野尻さんのツイートを見るたびに、過小評価しているというか、
冷静になれと言われている気がして、
ムカつくことも多かったのです。
それは、東大の早野先生についても同様です。


つい最近も、テルルが3月12日に出てたのでしたっけ、
それは東電のデータには載ってたんだから
いまさら大騒ぎして…的なツイートを見たのですが、
知ってたんならあなたこそそれを取り上げたらどうだったの、と思ったというか。


なぜ、「言わなかった!」と騒ぐことを、
「知識がない」的なバカにする見方をするんだろう、
って思っていたのです。


同じことを牧野さんは指摘したんですね。
理由として、
「正常性バイアス、パニック神話、集団浅慮というようなキーワー
ドで理解してしまっていいのかもしれません。」として。


これが、野尻さんが怒った牧野さんの文。
http://jun-makino.sakura.ne.jp/articles/future_sc/note103.html
「102.8. 研究者の情報発信はどうだったか?」参照。


この前話した理系のママも、「数字が一人歩きすることが心配」
といってたけど、まさにこのことだと思います。
でもほんと、そんな心配するのは、自分たち
(理系のデータを読める人間?)は一段上、
よくわかってるのよ、という思いがある気がしてしまいます。


よくわかってるなら…。
20ミリシーベルトが非人道的だってこともわかるはず。
なのに、署名を広めようとか、ひどいことだってもっと声をあげようとか
そういう気持ちよりは、「冷静になりなよ」というメッセージをツイートから感じるので、
いまいち信頼できなかったのだな、と思いました。
(野尻先生は20ミリシーベルトはひどいとブログには書いているのです。
それをツイートでもっと言えば、たくさんの人が気づくのに。
でも「そんなこと、みんな知ってるはず」という前提もあるのかもしれませんが)


ちなみに、今日のツイート、
=================
Mihoko_Nojiri 野尻美保子(ネコさん)
そもそもは 0.8 の場所があるという噂で職場のかりて計りにいったら0.4 だの 0.5 だの。NaI シンチ 3月セシウムで校正ずみ。γしか計ってない。RT @takaya_hayasaka: う~ん、ネコさんが言ったなら @tattsumireds
=================
Mihoko_Nojiri 野尻美保子(ネコさん)
その日の僕のツイを見てもらえばわかるが、http://bit.ly/mTfJIl 私の見解は 0.2 μは対策というほどではない。 0.5 μは一日の実質被曝量として5mSv ではないし住めないとは思わないということで @jun_makino
================

いちいちツイートに突っ込んだって仕方ないから今までしてないけど、
今日だけ、つっつかせてください。
0.4とか0.5って、年間3.5~4.3ミリとかいく数字です。
十分高いけど、それが0.8じゃなかったからって怒っているような感じ?

そこにすんでいる人がいて、その数値が体にどう影響を与えるのかよりも、
大げさなこといって、またみんなが騒ぐじゃない、迷惑なのよね、的な。


それに、私、0.2μだって(野呂さんの講演を参考にすれば)
対策したほうがいい数字だと思います。
でもそれも「科学的根拠がない」って言われそうですが…(-_-)。


ともかく、自分がなぜ早野さんおよび野尻さんの一連のツイートに
違和感を感じていたのかについて(参考にはするにせよ)、
その根底に「冷静になれ」というメッセージを読み取っていたからだな
とわかり、同じことをじている人がいて、ちゃんと指摘していて
スッキリしました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する