スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府城下町を歩く

娘が学校から甲府城下町親子ふれあいウォークなるものの
チラシをもらってきて、おもしろそうだったので参加しました。


で、昨日は8:45に山手御門(やまのてごもん)集合。
北口よっちゃばれ広場の陸橋をはさんだ隣の芝生あたり。
参加した子供は15人くらいだったと思うのですが、
娘のクラスメイトもいて、しかも前に「実は放射能を心配している」
とこっそり言って来たママだったのでびっくり。
話もはずみ、楽しい4時間でした。


今日は北口方面を歩く日だったのですが、
甲府城に3つあった入り口のひとつ、山手御門から出発して、
サドヤワイナリー横の三念坂へ。
「念には念を入れ、注意して歩きなさい」という意味で
三念坂なんですって。狭い坂道。


それから愛宕神社へ行って、八雲神社へ。

写真 (64)


それから妙遠寺へ。
きらびやかなお寺でした。
中に、加藤清正が朝鮮から持ち帰ったといわれる玉すだれが
大きな額に入れて飾られていました。

写真 (65)


それから少し歩いて、
二の堀とか三の堀とかが突然現れたりしてるのを
教えてもらったりしつつ、
太宰治がよくかよったというきくの湯へ。
ここはお風呂が壊れたときに一度行った事があります。
レトロな雰囲気で、夜は大変に寒かった。
でも昼間に行くのはいいかも、と思いました。


で、道を渡って(この道は昔は軍隊通りと呼ばれていたとか…
福祉センター周辺、付属小中、北新小とかが49連隊の関連施設
があった。)、太宰住居後の石碑の前へ。
突然立ってるので見落とすらしい。

写真 (66)

15時まで執筆して、きくの湯へいって、
道を渡って角のお豆腐屋さんによって豆腐を買って、
家に戻って晩酌、という生活をしてたそうです。
新婚時代に8ヶ月、甲府にすんでいたそうです。



それから御崎神社へ。

写真 (67)


住居あとすぐそば。
うらには土俵があって、発見した子供たちは早速。

写真 (68)


戦ってました。
ちょっとした公園になっていて、ジャングルジムもある。

写真 (69)


神主さんがもっているのは、徳川時代から伝わる、
相撲の弓取りで使う、弓。

写真 (70)

昔は御崎神社で相撲をやっていたようです。
「またやろうかと思っている」というようなことを
言っていたので、ぜひお願いしたい。


このあたりで、朝から目がまぶしい、痛い、と言っていた
夫の目がさらに真っ赤になってきたので、
夫リタイヤ。
(家に一番近い場所だったので真人を連れて帰ってもらった)。


すでに11時半近く、だいぶ疲れたわ…と思いつつ、次へ。
朝日通りの富士アイスの前を通って、清運寺へ。
ここには坂本竜馬のいいなづけだった千葉さな子さんのお墓が。

写真 (71)


清運寺は500年前から場所が動いていないそう。
なので古い地図を見るときの目印として使えるそう。
甲府城下町の北東の鬼門を守っているとのことです。


それから、御金蔵稲荷へ。
甲府城の御金蔵から甲州金など約1400両が
盗まれる事件が起きたそう。
犯人は9年後につかまり、処刑。
昭和のはじめに、御金蔵は朝日町のこの場所に移されたそう。


で、最後にまた、駅前の山手御門に戻って解散。
12時半はすぎていて、大変疲れましたが、
勉強になったし、楽しい半日でした。
最後までがんばった人に、富士アイスの今川焼きが
配られて、それがまたおいしかったです。
ここのあずきの今川焼きがおいしいそうですよ~。
(ってカスタードを食べたあとに言われて、
「え、そうなの!」とちょびっとがっかり…


次回は、12月8日に、駅南側コースの散策があります。
家老たちのお屋敷も南にいくつもあって、
それが今はどうなってるんでしょう。楽しみです。
また行って来ようと思います。


甲府にせっかくいるのに甲府のことをよく知らずにいたので、
こんな企画をしてくれて、ありがたいです。
ガイドしてくれたボランティアの方にも、
子供の面倒を見てくれた学生ボランティアさんたちにも感謝です^^





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。