スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県笛吹市のほうれんそうから、ヨウ素131が20Bq/kg!(平成24年10月に)

ひさびさに山梨県の給食の放射能検査の結果を見て、
びっくり。
え、ヨウ素131の検出が2件もある!!


10月の結果からはセシウムもぼろぼろ出てます。
出てるものを抜粋。

----------------
http://www.pref.yamanashi.jp/sports/schoollunch/shokuzai2.html

丹波山村保育所(丹波山村)
タマネギ(北海道産)セシウム12Bq/kg

第2なでしこ保育園(甲府市)
コマツナ(東京都産)セシウム12Bq/kg

聖愛幼稚園(甲府市)
コマツナ(東京都産)セシウム12Bq/kg

百田保育所(南アルプス市) 
ホウレンソウ(山梨県笛吹市産) セシウム12Bq/kg:ヨウ素131が20Bq/kg

境川保育園(笛吹市)
しいたけ(山梨県産)セシウム13Bq/kg

ポッポの家(南アルプス市)
レンコン(茨城県産)セシウム13Bq/kg

落合保育所(南アルプス市)
ブロッコリー(埼玉県産)セシウム13Bq/kg

すみよし愛児園(甲府市)
サンマ(北海道産)セシウム14Bq/kg

櫛形西保育所(南アルプス市)
サツマイモ(千葉県産)セシウム14Bq/kg:ヨウ素131が23Bq/kg

御坂地区保育所(笛吹市)
しいたけ(山梨県笛吹市産)セシウム18Bq/kg
---------------

でもこのヨウ素131はウソでしょ、と思って、山梨県
教育委員会に電話しました。


結果、たぶん違うものをヨウ素131として拾っちゃったのだという
認識です、とのこと。
Nalシンチレーションでの簡易検査なので、と。


スペクトル読める人はいないんですか、と聞いたら、
測定する人はいるけど、専門家はいないです、と。


検査結果でセシウムが50Bq/kgを超えた場合にのみ、
ゲルマニウム半導体検出器を使っての再検査をするそうです。


でもちょっと、この
県内産の、笛吹市のほうれん草から
セシウムが10Bq/kg、ヨウ素131が20Bq/kg出てるって、
検査結果をほうっておくのって、ものすごい
風評被害につながると思いません?


今となっては食品から全然検出されてない
ヨウ素131まで出ちゃうんじゃ、山梨のほうれん草は買えないわ!
って思うかもしれないじゃないですか。


風評被害をおこす、という観点から、
せめて県内産でおかしな値が出たら
再検査してくれるよう、意見は伝えましたけど、
難しい感じでした。


こんなへんな結果がでてそれを放置しておくのなら、
ほかの検査もあんまり信用できないですよね。
北海道のタマネギから、セシウムが12Bq/kgもでるかしら?
サンマは微妙。14Bq/kg出るかもしれない。
…って、検査してるのに、検査の意味がないですよね。
結果を見て、それが正しいかどうか判断できないなんて。


なんとかしてくれることを望みます。
でも県の見解としては、100Bq/kgを超えないように、
ってしてる検査だから、セシウムが50Bq/kgを超えたときに
再検査するだけで十分なんだそう…。ため息。


で、いろんなデマを正してくれるデマバスターのみなさん、
時間があるなら山梨県の教育委員会に電話すべきですよ!
このデマを放置しておいていいんですか!
あなたたちがとっても気になるデマが垂れ流しですよ~~~。


(ふざけてる場合じゃなくて、こんな結果をそのままだすのは
検査の信用をおとすと同時に、余計な風評被害を生むと思います。
生産者から訴えられても、文句は言えないと思います)



ちなみに、県は、国の補助金を受けて器械を用意し、
測定する人員は配置しているけれども、
検査は施設の方の自主検査という形だそうです。
(検出されたあと、使う使わないは施設の人がきめる。
自治体が検査した場合はその自治体で決める、ということ)


甲府は市教委独自の検査機器を持っているので、
市の学校給食の検査は、県の器械ではしてないですが、
甲府の私立保育所や幼稚園については、各施設の長が判断し
必要があればしている、ということです。







関連記事

コメント

結局2学期から県の検査がゲルマニウム半導体からNalになったことで誤検出が出ているのではないか?という疑問が私もあります。
Nalは値段が安く短時間でできる利点の代わりに、良く知らない者が扱うと誤検出が増えます。調整も欠かせません。
ゲルマニウム半導体の時は検出限界も1ベクレルとか、ひとケタだったはずですが、Nalになってからセシウム合計20ベクレルが検出限界になってしまいました。
私も何度か県に電話していますが、山梨県の担当者は検出限界のことについてもひとケタでも数十でもたいして違わない、となんだかいい加減に感じます。

2012/10/26 (Fri) 23:14 | ぽむ #.W2Qbi9s | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/27 (Sat) 11:12 | # | | 編集
Re: タイトルなし

>ぽむさん、


> 結局2学期から県の検査がゲルマニウム半導体からNalになったことで誤検出が出ているのではないか?という疑問が私もあります。
> Nalは値段が安く短時間でできる利点の代わりに、良く知らない者が扱うと誤検出が増えます。調整も欠かせません。

だよねー。
ただセットすりゃいいってもんでもないのにね。
スペクトル読める人くらい、
せめて相談先くらい、確保すればいいのに、って思うよ。


> ゲルマニウム半導体の時は検出限界も1ベクレルとか、ひとケタだったはずですが、Nalになってからセシウム合計20ベクレルが検出限界になってしまいました。

> 私も何度か県に電話していますが、山梨県の担当者は検出限界のことについてもひとケタでも数十でもたいして違わない、

だって、スクリーニング下限値50Bq/kgですもん!
国の基準100Bq/kgを超えないためにやっている検査
だから、多少検出されたところで、わざわざ正確な
値を調べる必要がない、って感じてるのが
とてもよく伝わってきました。

でもあんな結果をどこかの市民測定所がたれながしたら、
ツイッターとかで叩かれまくりますよね。
行政って、すごいですよね。
あんなの平気で恥ずかしげもなく出しちゃうんだから…。


コメント、ありがとね^^



2012/10/27 (Sat) 14:58 | Fumie #- | URL | 編集
Re: 同位体について

> ぴきさん、


>最低でもスペクトルが読める人か、でなければ高価でも
> きちんと数値表示のできる機器か、どちらかを採用すべきで
> しょう。

ですよね。
せめてへんな結果が出たときくらい、
スペクトルを見てくれる相談相手を確保したって
ばちはあたらないと思うんですけど、
その必要性すら感じてなくて、
(何が出たってセシウムがスクリーニングレベルの50Bq/kgを
超えてないんだから、問題ない)
認識の差を感じました。


コメント、ありがとうございました。

2012/10/27 (Sat) 15:00 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。