スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県庁の食堂の下限値は1ベクレル、福島市の給食の下限値は10ベクレル

ツイッターで回ってきた、
福島県庁の食堂の放射能検査は検出下限値1ベクレルで、
福島市の小学校の検出下限値は10ベクレル、という話。
ひどいものですね。

https://twitter.com/Fsokai/status/255684288132046848/photo/1/large


県庁のほうは、ゲルマニウム半導体検出器という精度の高いもの。
一方給食は、Nalシンチレーション。


まあ、県庁は週1だし、という声もありそうだけど、
どうなのかしら?


福島県って、例の健康調査委員会の前に
「健康被害はない」って決め付けてたりしたけど、
健康被害はないんだから、検査しなくてもいいんじゃないの?
週1でも、給食のほうにその精度の高い機械での検査機会を渡したら
どうなんだろう?
(「県」と「市」のことなので管轄はちがうでしょうけどね)


「保身」という言葉が浮かびます。
結局自分達はへんなもの食べたくないんですよね。
ひどいねー、福島県。
最悪だね、福島県。


※10/17追記
福島市の給食でも、10/10より、ゲルマニウム半導体検出器で
週に1度、かなり低い下限値でまるごと検査を実施することに
なったそうです。
教えてくださった方、ありがとうございます。
リンク先の真ん中辺に書いてあります。
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/61/kyushoku12040401.html



一方で、いわき市の英断。
---------
いわき市、地元産給食凍結 「放射能心配」に配慮

 福島第1原発事故で、福島県いわき市教委は市内の小中学校給食の食育推進計画で掲げた地産地消の促進を事実上凍結した。
放射能汚染を気にして地元産食材の使用に抵抗感のある保護者の声に配慮した。市教委は「放射性物質検査で安全性を証明しても納得しない保護者が多く、
地元食材にこだわった食育の継続は難しい」と話している。
 市食育推進計画は2009年に策定され、学校給食での地産地消の推進を明記し、食材全体に占める地元産品の割合を高める目標を掲げた。
10年度の地元産食材の使用率は32.9%で、地元でとれたカツオや野菜が献立に取り入れられた。
 だが、原発事故で県外産食材の使用を望む保護者の声が相次いだ。コメは市内産から北海道産に変更。
生鮮食品も地元産で使えるのはハウス栽培のイチゴやナメコなど一部の農産物に限られ、12年度の使用率は事故前の10分の1に満たない2.9%に落ち込んだ。

 市は12年1月、給食の全食材で放射性物質の事前検査を始めた。国の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)より厳しい独自基準(20ベクレル)を設け、
基準をクリアした食材に限定して用いる措置を取った。

 それでも地元産を敬遠する保護者は多く、「地元のコメを使うなら給食をやめる」という電話が市教委に殺到した。県産であることを理由に
給食の牛乳を飲まない児童もいるという。こうした状況を受け、市教委は地産地消の促進を「中断せざるを得ない」(保健体育課)と判断した。
14年に策定する次の計画に地産地消の項目を入れるかどうかも未定だ。

 本田宜誉保健体育課長は「子どもの食への関心を高める上で地産地消は重要な項目だが、保護者が不安がっている中ですぐには元の割合に戻せない。
安全性を説明して時間をかけて地元食材を増やしたい」と語っている。
---------------------


最後はどうかと思うけど。
「時間をかけて地元食材を増やしたい」って…。


関連記事

コメント

測定基準

To:Fumieさん
>ひどいねー、福島県。
>最悪だね、福島県。

間違って伝わると折角Fumieさんが本ブログで意図される事と違う方向に行く可能性もあるので、私なりの解釈・・。
「ひどい事が公務員の下で行われているねー、福島県。」
「最悪な事が公務員の下で行われているね、福島県。」
かな?と思うけど・・。

>「保身」という言葉が浮かびます。
保身って、誰の保身かと言うとはっきり言って「公務員」。そしてこの「ひどい事、最悪な事」を指示している根幹は、国家公務員やその意向を汲んだ周辺の利害関係者でしょう。何故かと言えば、こういうイレギュラーな事象に際して現地の地方公務員には権限や判断は一切認められていないと思うからです。
その反面、国家公務員も硬直化したシステム体制の下、突発的な事象に対してはマニュアルが無いので右往左往状態。
大事な事はその上の「政府」の適切・的確な判断と決断とその迅速な行動。判断の基準は「左右どちらに向かうのが住民(国民)に利益があるのか?」ですね。
ND総理演説でもこれが伝わって来ない。悲しいですね。

私は現在福島県下に御住いの人々に瑕疵は一切無いと思っています。放射線被害の解明は未だに見えない部分が多く、最終的には個々人の判断でしょうが、その判断の基礎は、測定器を持つ公共機関からのリアルタイムで真摯な情報提供なわけで、それが判断基準が違うとなると何を信じたら良いのか困ります。

来週我が子の小学校は2泊の校外学習ですが不参加を通知。これも我が家の自己判断。うるさい親だと学校は思っているでしょうね。

2012/10/11 (Thu) 11:58 | セミコン傍観人 #- | URL | 編集

>まあ、県庁は週1だし、という声もありそうだけど、どうなのかしら

一週間分をまとめて外部に委託しているので1bqと言う単位での測定が可能です。
たいして給食は毎日調理後その場での検査ですので最低10bqと言うことになります。

>「保身」という言葉が浮かびます。
>結局自分達はへんなもの食べたくないんですよね。

保身と言う事は一切できません。だって食べてから最大一週間たってからしか結果が教えてもらえないのです。
食べてすっかり消化吸収されてからしか検査結果が出ないのですから一切守られません。
もし食材に一万ベクレルの物が紛れ込んでいた場合、給食ならば食前に判明して食べないことができますが食堂の場合は食べてから後でしかわかりません。

食前に迅速な検査が要求される給食と食後にゆっくり検査をやってもいい食堂という違いをご理解いただければと思います。

2012/10/12 (Fri) 12:15 | #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/12 (Fri) 17:23 | # | | 編集
Re: タイトルなし

> 食前に迅速な検査が要求される給食と食後にゆっくり検査をやってもいい食堂という違いをご理解いただければと思います。

どなたなんでしょう?
県庁職員の方ですか?

理解はしますけど、なんだか納得できないんですよね。
その思いをご理解いただければと思います。

2012/10/13 (Sat) 15:18 | Fumie #- | URL | 編集
Re: 測定基準

>セミコン傍観人さん、


> 私は現在福島県下に御住いの人々に瑕疵は一切無いと思っています。放射線被害の解明は未だに見えない部分が多く、最終的には個々人の判断でしょうが、その判断の基礎は、測定器を持つ公共機関からのリアルタイムで真摯な情報提供なわけで、それが判断基準が違うとなると何を信じたら良いのか困ります。

すんでいる人を批判したわけではないんですけど、
すんでいる人に対して、そこはひどい場所だよ、
ということを言いたかった意図があるので、
「公務員」って言い直してくださったのは
私の、場所に対する批判を感じたからなのかな、と思います。

国家公務員だけでなく、福島の地方公務員も、県庁レベルでは
県民を外に出さない、人口流出を食い止める施策を
していると思うんですよね。知事をはじめとして。

前に何かの記事を読んでいて、
「いつか子供に何かあったとき、国が何をしてくれるのか
不安」という意見があったというようなものを読んだときに、
何を言ってるんだと思ったんです。
原爆症の認定にしろ、水俣病にしろ、国がすすんで
何か補償してくれることがないのは歴史を見れば明白なのに、
それに気づいてないのかなって。
それはおめでたすぎるな、と。

こういう一つ一つのことが、行政をそのまま信じてていいの?
って言うことに対する答えになってくると思うのですよね。
もしまだ気づかない人がいるなら、
気づいてくれたらいいなと思いました。


> 来週我が子の小学校は2泊の校外学習ですが不参加を通知。これも我が家の自己判断。うるさい親だと学校は思っているでしょうね。

今の世の中、人にどう思われるかを
気にするより大事なことがありますものね。
自己判断ができる人はすばらしいと思います。
お子さんも、考える人に育ちますよね。

コメント&追加のも、ありがとうございました。




2012/10/13 (Sat) 15:30 | Fumie #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/10/13 (Sat) 22:22 | # | | 編集
Re: タイトルなし

>蝉紺傍観人さん、


セシウムが検出されるとはちょっと心配です。
たばこはおやめになったほうがいいかも…。
(外国産かもしれませんけども)

コメント欄には好きなことをなんでも書いてください。
だれに見られても私はかまいません。
(ちょっと今好戦的な気分かもです
体調がよくなってきたので・笑)


校長先生にとってずいぶん印象的になってしまったんですね。
私も校長先生とは話したこともないのに、
私が放射能をさけるため横浜から引っ越してきた、ということを
校長先生はご存知のようです(ほかの人から聞いた)。
悪い言い方はされてないみたいですけども、
教育委員会にはいい印象を持たれてないので、
たぶんよくも思われてないだろうな…とか。
でもま、仕方ないですね!!
PTA役員はやる気まんまんです。

コメント、ありがとうございました^^


2012/10/15 (Mon) 11:52 | Fumie #- | URL | 編集

>県庁職員の方ですか?

このしょうもないデマを広めることをよしとしない人間です。

>理解はしますけど、なんだか納得できないんですよね。

食べた後で「あの給食に基準値を超えた食材が混ざっていました」と言われて許せるか許せないか考えていただければと思います。
また、福島市の給食は提供後にではありますがやはり食堂と同じく1bq単位での検査も行っております。
最初にこの情報をネット上に広めた方がその辺の事情を知らなず、詳細を調べる前に頭に血が昇って拡散してしまっただけなのです。

2012/10/17 (Wed) 01:03 | 通りすがり #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>通りすがりさん、


> 食べた後で「あの給食に基準値を超えた食材が混ざっていました」と言われて許せるか許せないか考えていただければと思います。

いえ、いっそ県庁食堂の検査機会をなくして
給食にまわせばいいんじゃないの、と思っているのです。
事前と事後と両方やればいいんじゃないでしょうか。

> また、福島市の給食は提供後にではありますがやはり食堂と同じく1bq単位での検査も行っております。
> 最初にこの情報をネット上に広めた方がその辺の事情を知らなず、詳細を調べる前に頭に血が昇って拡散してしまっただけなのです。

福島市のホームページをみたところ、10月10日からゲルマニウム半導体検出器での開始
となっていました。
検査頻度はわかりません。
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/soshiki/61/kyushoku12040401.html

「その辺の事情」の詳しいことがわかる
ページなどを教えていただけると助かります。

この情報が拡散されてきたのは、10日より前だったのですが、
それより前にサイトに情報が公開されていたのでしょうか。




2012/10/17 (Wed) 01:47 | Fumie #- | URL | 編集

>いえ、いっそ県庁食堂の検査機会をなくして給食にまわせばいいんじゃないの、と思っているのです。

県庁食堂の検査については県はもともと実施の予定はありませんでしたが東大の早野氏が強く働きかけ、検査費用も早野氏が持つという形で検査することになりました。
早野氏は食前の検査よりもセシウムをどれだけ摂取したかを調べるほうが重要だと主張されている方です。
この方の実験への協力ですのでその検査を給食に回すことは逆に子ども達にセシウムを摂取しろというようなものです。

>検査頻度はわかりません

一週間分をまとめての検査ですので県庁食堂と同じです。

>「その辺の事情」の詳しいことがわかる
>ページなどを教えていただけると助かります。

http://togetter.com/li/388221

最初にネットに書き込んだご本人が「怒りのまま瞬間ツイートしてしまいました」と謝罪されてます。

2012/10/17 (Wed) 02:25 | 通りすがり #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>とおりすがりさん、


> この方の実験への協力ですのでその検査を給食に回すことは逆に子ども達にセシウムを摂取しろというようなものです。


早野先生の検査に協力したとしても、
食材を選ぶのは市教委ですので、
逆に子供たちにセシウムを摂取しろということには
ならないと思います。


いずれにせよ、情報をありがとうございました。
追記で修正いたしました。

2012/10/17 (Wed) 03:22 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。