スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねしょをなおす方法 ~小児科医真弓先生によると

4歳の息子が生後二ヶ月ほどのときから、
おむつなし育児を始めました。


津田塾の三砂先生がおむつなし育児の研究を始めるとのことで、
自然育児友の会を通して実践する母子を募集しているのを、
友の会会員だった友人が教えてくれたのです。


「これだ!」とビビっときた私はそれに参加。
ま、いろいろあって大変充実した日々を過ごしたのですが
この前の日曜日、そのときに参加していた母子のフォローアップ
聞き取り調査をするということで、西国分寺に行ってきました。


そこでけっこう話題になったのが、おねしょのこと。
うち、4歳と2歳がおねしょをするのですが、
ほかの参加者からもその話は多く出ました。


で、参加者の一人が、ちょうどたまたま真弓先生のところに
おねしょの相談にいったとのこと。
そのとき聞いた話によると、理由は2つあるそうです。


(1)低体温で、体が冷えているから
体の冷えをおねしょで放出している、とのこと。
対策としては、体温を上げる。つまり、外遊びをよくして、
冷たいものをあまりとらない。

(2)交感神経がさえるようなこと(テレビを見るなど)を寝る前にしない
興奮していると、昼の続きでおねしょをしてしまう、とのこと。
対策としては、テレビをけす、寝る前は穏やかにすごす。



我が家はテレビはあまり見ないのですが、
ふと気づけば、最近、私は忙しさにかまけて、
子どもらにゲームをけっこうさせてました。
最近は15分、とか区切っていたのですが、けっこう
ダラダラさせていたり…。反省。
とりあえず、我が家では1週間、ゲーム禁止。


娘のときは、テレビもつけないし、ゲームもなかったから
やってなかったのに、2歳にいたっては、1歳のときから
iphoneをいじっていたりして、電磁波的にもよくないはず。


とりあえずゲームなしでやってみることにします。
昨日は寝る前に何したい?と聞いたらLaQという答えが返ってきたので、
LaQをしました。4歳が思いのほかできるようになっていてびっくり。
いつも「作って、作って」ばっかりだけど、やればできるんじゃないか~。


でもほんとに、それを知るひまもないほど、相手をしていませんでした。
反省。娘のときは、LaQを一緒によく作ったものでした。
あの頃は子どもとも近所の子どもともよく遊んでいたのに。
反省しきり。


まあ、おねしょの理由はいろいろかもしれないけど、
(1)(2)とも、それを目指して悪いことはなにもない。
寝る前には子どもとゆっくり遊んだり本を読んだりして、
休みの日も、お外でたくさん遊ぼうと思います。


真弓定夫先生の著作一覧





関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。