スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛宕山に登る

今日はいちどやってみたかった、愛宕山登山。
愛宕山のてっぺんには、県立科学館とか、こどもの国があります。
どちらに行くにも、いつも車で行ってしまっていたのですが、
近所の幼稚園の子たちは歩いて登ったりもするんだって、
という話を聞いてから、登ってみたいなー、と思っていたのです。


写真 (2)

スタートは山梨英和の横の道。
※写真は、山梨英和の正面からの入り口です。
山梨英和は、そういえば、『赤毛のアン』を翻訳した
村岡花子に関連のある学校なんですって。
(自治会を通して配られるやまなし県政だより「ふれあい」に載っていた)。

村岡花子は甲府生まれで、小学校入学時に東京に転居、でも
東洋英和女学校を卒業してから、山梨英和女学校の英語教師として
甲府に戻ってきたんですって。
(でも3年後に銀座で編集者になったらしいので、
わりとすぐ東京に戻っちゃったのかしら)


私は『赤毛のアン』が好きで、大田区の大森にある
「村岡花子記念館」にも一度行ったなあ、なんて
思いながら、山梨英和学院を通り過ぎ…


写真 (5)

ぐるっと回って、英和の建物を二つをつなぐあたりの道路。
だいぶ、「坂!」という感じ。


写真 (6)

坂の上から甲府の駅のほうを見る。



写真 (13)

こういう道とか


写真 (14)

こういう道を通って、20分ちょっとで、
科学館の駐車場の横に出ました。


小2の娘と4歳の息子は汗をかきながらもけっこう余裕。
2歳の息子は、いつも抱っこばっかりだったので、
今回はがんばって歩かせました。
半分以上の行程は「だっこ~」と泣きながらも、
なんとか全部自分で歩きとおしました。



写真 (15)

愛宕山こどもの国では恒例の、季節の工作。
今日はフィルム入れを使った笛づくり。
けっこう大きい音のでるいいのができました。


お昼を食べて、1時間半ほど遊んで、下山。
今度も2歳は半分以上泣きながら、でも自力で下まで。
がんばった。
ちょっと充実の1日でした。


どこか近場に愛宕山みたいに簡単に登れる山は
ないでしょうか?
2歳もなんとか行けるような…
ご存知の方がいたらぜひ教えてください。
ハイキングとかもいいなー。



ブログパーツ
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。