スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備蓄の米に虫がわいた…ので、やっつけた

実家がいつも頼んでいるアイガモ農法の無農薬の玄米を
我が家の備蓄用に頼んでもらって、実家においていたのですが、
先日、母から電話で、「虫がわいた」と。


がびょーん。
で、先週父がこちらに来たときに4袋分(20キロ)持ってきたので、
一緒に虫をやっつけました。


写真 (93)

米をふるってから小さい虫をつまんで、



写真 (95)

1、2時間ほど、外で干しました。
(最初はこんな影ではなくて、直射)


写真 (94)

見に行ったら、アリが、米の中にいた虫を運んでた!
そのあとはざっと見ても、虫はいなそうで、
アリも虫とりに協力してくれたみたい。
わお♪


しかし、米には虫がわくんですね。
わかしたことがなかったので、改めて実感。
米袋ごと密封すればわかなかったのかなー。
(カイロで空気を抜く例の方法)


残りは父が実家でやってくれるそう。
溜め込みたがる娘でごめんなさい。
ありがとうございますm(_ _)m


ちなみに、昔父が子供だった頃は、
もみのついたまま、天井にあげて保管していたそう。
もみがついていると虫がわかないらしい。
それから天井というのも湿気を避けてのことだと思われます。
(なお鹿児島では稲俵は使ってなかったそう。
かわらに何に入れてたか、聞いたのに忘れた。
思い出したら修正入れます)




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。