スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フッ素は毒物。歯にいいどころか、有害物質。

フッ素。


娘を産んでしばらくして、
布オムツに目覚めて
予防接種って本当に大丈夫なのかとか考え出したとき、
自然育児系の一環として、フッ素不要論に出会いました。


前に読んだ本はこれ。
ちょっと待って!フッ素でむし歯予防―ちいさい・おおきい・よわい・つよいChio Special (Chio Special (テーマ/むし歯予防))

(1)フッ素で虫歯を予防するといっても、減少率は14.6%程度
(2)フッ素を水道水に1ppmの濃度で添加した場合、斑状歯が48%増える
(3)斑状歯以外の副作用では、骨折や骨肉種、がん、ダウン症などについて研究した論文がある(副作用が認められるとしたものから、認められないとしたものまでさまざまではあるけど)
(4)WHOは、6歳以下のフッ素洗口を禁止している
(5)フッ素塗布では9000ppmという高濃度のものを塗るため、急性中毒が起こる可能性がある



ですが、歯医者に行くたびに
「フッ素を塗っておきました。タダですから!」
とか、
「え、なぜフッ素を塗らないのですか」
とか
そういう「フッ素は塗るもの」という世間の常識と戦うことに疲れて、
「ま、いいかー」と塗ってたのですが、先日読んだ本
偽情報退散! マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている (5次元文庫)』に、
なぜフッ素が安全なものとして大々的に宣伝されていたのか、ということが
書かれていて、もうこれは絶対ぬるべきじゃないと確信しました。


サイトもあるのでそちらから抜粋します。
抜粋)
http://thinker-japan.com/husso.html
-------------------
1950年代、アメリカで水道水へのフッ素化合物添加の是非をめぐる一大論争が科学者の間で起きました。そのとき低濃度(1ppm=100万分の1)のフッ素の安全性を訴えたフッ素支持派の筆頭者はハロルド・ホッジ博士でした。恐ろしいことに、ホッジ博士とは、広島に投下した原子爆弾を開発した 「マンハッタン・プロジェクト」の中心的人物であり、その他にも数々の非人道的な実験を行っていたことでも有名ですが、詳細は後述します。

またフッ素を人類史上、初めて水道水に導入したのはナチスです。

強制収容所からユダヤ人が脱走しないようにフッ素入りの水を飲ませ、その意思をくじいてしまうことが目的でした。

またフッ素は殺鼠剤の主原料としてよく用いられています。
-------------------


安全性については、
-------------------
大気汚染物質として知られる数多くの化学物質の中でも、フッ素は最も危険であることがわかっており、さまざまな機関がフッ素の有害性を訴えています。

アメリカ農務省は、「フッ素ほど大気中のすべての汚染物質の中で、世界中の動物に害を与えてきたものはない」としています。

またコーネル大学のレナード・ウェインスタイン博士も「あらゆる大気汚染物質の中で、もっとも農業に害を与えている物質として、フッ素ほど疑わしく、これまで多くの訴訟が起こされたものはない」としています。

このようにフッ素の毒性に関する証言はありますが、中でも特筆すべきは、フォーサイス神経毒学研究所で行われた実験結果です。

神経毒学者のフィリス・マレニクス博士は、自身が開発したコンピューターによる新しい神経画像解析システムで、様々な環境汚染物質の微量投与による大脳への影響を研究している第一線の科学者でした。

あるとき、歯科業界で使用される様々な物質の毒性の解析を依頼され、フッ素もその中に入っていましたが、彼女は当初、「フッ素は子供達にも使用されているほど安全な物質だからやるだけ時間の無駄。私は、やらないわ。」と拒絶していました。

しかし、指示通りに検査してみると驚くべき結果が出たのです。

なんと安全とされる適量のフッ素を投与しただけで神経細胞から、他の神経毒が引き起こすような多動性障害、記憶障害、知能障害の典型的な画像パターンが観測されたのです。
------------------

ですって。


そもそも、フッ素を使い出した理由というのが、
アルミニウム業界で産業廃棄物として出るフッ素の有害性に手を焼き、
企業を訴訟から守るため、有用性のデータを作りだした、
ということのようです。


さらに、核兵器製造の過程でも大量のフッ素が出るために、
一般大衆にたいして安全アピールをしておく必要もあったようです。


放射能と同じ構造だったのですね。
ホルミシスみたいなものですね。
有害なものを逆に「体にいい」と言い出すという。
ウソもつき続ければまことになる。
今、政府が実践中。














関連記事

コメント

こ、こ、こ、こんなに恐ろしかったなんて…

本当付き合いを考えなくては!!
ですね!

2012/08/19 (Sun) 23:14 | hanako5 #- | URL | 編集

私もこの本ではないのですが、ちいさい・おおきいでフッ素のことを知りました。
でも、健診に行くとフッ素塗って下さいとか言われるんですよね・・・
うちの子どもたちは歯磨き粉を使わずに歯磨いてます。私は生活クラブの使ってます。

2012/08/20 (Mon) 13:53 | ティダリク #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>hanako5さん、


> こ、こ、こ、こんなに恐ろしかったなんて…

ほんとですよね!
少しは効くものだと思ってたけど、
効くどころか、元は産廃でその処理方法に困って
でっちあげ、だなんて…!

> 本当付き合いを考えなくては!!
> ですね!

ですね。
少なくとも今の時点で知れてよかったです。
コメント、ありがとうございました。

2012/08/20 (Mon) 13:59 | Fumie #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>ティダリクさん、

> 私もこの本ではないのですが、ちいさい・おおきいでフッ素のことを知りました。

ちいさい・おおきいはいろいろ
勉強になることが載ってますよね。

> でも、健診に行くとフッ素塗って下さいとか言われるんですよね・・・

そうなんです!
甲府で初めてそういうことを言わない
歯医者さんに出会えましたけど、
横浜のときはそんな歯医者さんいませんでした。

> うちの子どもたちは歯磨き粉を使わずに歯磨いてます。私は生活クラブの使ってます。

うちの子たちも使ってないです。
一度せっけんハミガキをかったのですが、
結局イヤだったようで。
生活クラブも扱ってるんですね。
今度見てみます。

コメント、ありがとうございました。

2012/08/20 (Mon) 14:01 | Fumie #- | URL | 編集
子どもの『正しい歯みがき法』

イクメン養成講座「子どもの『正しい歯みがき法』」
http://www.city.kofu.yamanashi.jp/danjo/20120915.html
第1部 正しい歯のみがき方
~虫歯にならないために
対象 1歳~2歳児を子育て中のお父さん(夫婦での参加も可)

情報のみ。講師が誰なのか広報記事にはありませんが。

2012/08/27 (Mon) 07:20 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集
Re: 子どもの『正しい歯みがき法』

>ictkofuさん、

> イクメン養成講座「子どもの『正しい歯みがき法』」
> http://www.city.kofu.yamanashi.jp/danjo/20120915.html
> 第1部 正しい歯のみがき方
> ~虫歯にならないために
> 対象 1歳~2歳児を子育て中のお父さん(夫婦での参加も可)
>
> 情報のみ。講師が誰なのか広報記事にはありませんが。


ありがとうございます!
ご興味ある方、ぜひぜひ^^


2012/08/29 (Wed) 23:42 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。