スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野市の学校給食は、検出されたら使わない方針

子ども達を放射能から守る会藤沢の方が、
東京都武蔵野市の学校給食の担当者を取材し、
それをブログにアップしていました。

武蔵野市は、ホームページでは「検出されたら使わない」
とうたってはいないものの、
実際の運用では使っていないそうです。



http://savekidsfujisawa.jimdo.com/%E4%BB%96%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BD%93%E3%81%AE%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%B5%84%E3%81%BF/
転載
---------------------
「市民の声」に応える自治体の取り組み事例
2011年12月の時点で、「放射能への安全対策」を求める陳情/請願、が関東圏内の多くの自治体で出されているなど、行政主導の対策と、市民が求める安全レベルとの間には、大きな隔たりがあることが分かります。どのような形で、行政と市民が足並みを揃えることができるのか。当会による事例取材をここでご紹介します。
2011/12/9 東京都武蔵野市:学校給食の安全対策
取材実施:2011年12月7日
取材対応された方:教育委員会教育部教育支援課担当者様
参考URL
http://www.city.musashino.lg.jp/anzen_anshin/shinsai/9630/007877.html


武蔵野市教育委員会では、学校給食について、
(1)6月から月に2回程度、今後使用する予定の食材を中心に、
1回につき10品目程度の放射能検査を実施、
(2)10月からは、1給食施設につき月に1回、1食分の丸ごと検査も併用しています。


産地についても安全なものの調達を心がけるほか、暫定基準値以下でも放射性セシウムが検出された場合は、可能な範囲で産地を変更するなどの対応をとっています。

【セシウムが検出された食材についての措置】
Q: 給食食材の検査後、これまでに使用中止、産地変更を行った事例について教えてください。
A:

検査実施月 食材 産地 Cs-134,137の合計(Bq/kg) 措置
6月 長ねぎ 茨城 7.2 →他の産地のものを使用した。

8月 豚肉 茨城 6.3 →納入業者を変更できなかったため中止できず。10月に再検査し不検出を確認。

9月 豚肉 埼玉 2.2 →産地を変更した。

10月 低温殺菌牛乳 群馬 7 →使用を中止した。

11月 生しいたけ 群馬 13 →他の産地のものを使用した。

11月 さつまいも 群馬 4.6 →他の産地のものを使用した。

11月 舞茸 長野 115 →栽培方法(※)を確認した上で、検査済みの長野県の他の生産者Aのものを使用した。

11月 なめこ 長野 17.1 同上

※生産者Aのきのこ栽培方法は、ハウス栽培であり、菌床のおがくずは震災前の秋田杉と、輸入物を使用していることが分かり、安全と判断した。来春まではこの菌床を使用するとのことだが、それ以降については不明なため、2月頃、菌床の産地等再度確認し検討する。


【使用中止基準について】
Q: 数ベクレルでも検出されたら使わない、以降産地変更するという取り組みをされていますね。
A: 国の暫定基準値では保護者が安心できない。長期にわたる低線量の被ばくには閾値がなく、できるだけ少ない方が良いと言われている。原発事故前も、低農薬や、遺伝子組み換えでないものなど、安全性に配慮した給食の提供に努めてきたので、放射能についても安全を心がけたい。ただ、今後もずっとこれでやっていけるかはわからない。使えない食材が増えることで栄養バランスが悪くなるなどの問題が生じてはいけない。いま検討されている国の指針が出た時点でまた再検討していく。


【検査品目の選定基準について】
Q: 検査品目を選ぶための基準を教えてください。
A: 放射能汚染マップや厚労省の検査結果、使用量、使用頻度、影響が大きいものなど、リスクの高いものから検査を実施している。

以上

----------------


よくよく見たら、電話取材が去年の年度末だったので、
今武蔵野市に電話をしてみました。


そしたら、今後、下限値を超えて検出された場合に
使うか使わないか、保育園との調整などもあって、
かつ議会が始まってしまって関係者を集めるのが難しく、
検討中です、とのことでした。


また、内部での運用基準を決めた場合にホームページ上に
記載するかしないかもそのときに検討する、とのこと。
でもとりあえず、現在までは出たものを使ってないとのことでした。
(その実績だけですばらしいと思う)


お忙しいところ、ていねいに答えてくださって、
ありがとうございました。お邪魔しました。


武蔵野市、すばらしいと思いました。
しかしけっこう出るものですね。
甲府市の検出下限10ベクレル/kgでは
まいたけとなめこと生しいたけ以外、
全部「不検出」ってことに気づいてしまいましたわ…。






関連記事

コメント

食材測定結果の情報検索

情報感謝です。
リンクされていたサイト、
http://savekidsfujisawa.jimdo.com/
子ども達を放射能から守る会 藤沢

この中に(短縮URLにしています)
http://bit.ly/LmD4mF
藤沢市の小学校給食は食べても大丈夫? ~お子様の給食の放射能が心配な方へ~

このページで----------
<1> 献立表から「食材産地」、「市の放射能検査結果」を知りたい
http://sonarjp.web.fc2.com/lunch/sanchi/
【使い方】
①検索窓に、食材名を入れてください。食材産地と、市がすでに放射能検査を実施していた場合は、その数値も表示されます

②藤沢市が検査を実施していない食材の場合、下記サイト(三重大学奥村晴彦教授作成)に、「都道府県名」「食品名」を入れていただくと、厚労省発表の検査結果が分かります。
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/food/(2012年3月から)
-------------------
既にどこかにあるだろうと思っていたのですが、やはりありました。
甲府市でも「事前公表」された給食メニューと使用食材から、他都市の公表記事をめくっていくより、この検索ツールは役に立ちそうです。

2012/06/14 (Thu) 22:30 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集
Re: 食材測定結果の情報検索

ictkofuさん、

> ②藤沢市が検査を実施していない食材の場合、下記サイト(三重大学奥村晴彦教授作成)に、「都道府県名」「食品名」を入れていただくと、厚労省発表の検査結果が分かります。
> http://oku.edu.mie-u.ac.jp/food/(2012年3月から)

これ、いいですね!!
先日、梅の検査結果を知るのに使った画面として
見た気がするのですが、URLとかわかっていませんでした。
ありがとうございます。

わかりやすいところにURLを貼っておきたいですねー。
ちょっと考えます!

情報&コメント、ありがとうございました。


2012/06/18 (Mon) 06:36 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

子ども達を放射能から守る会藤沢の方が、東京都武蔵野市の学校給食の担当者を取材し、それをブログにアップしていました。武蔵野市は、ホームページでは「検出されたら使わない」と...

2012/06/13 (Wed) 15:59 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。