スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府市の教育委員会への、要望書と署名提出のご報告

5/14(月)に、甲府市教育委員会に行き、
「甲府市の学校給食に関する要望書」を提出してきました。


要望書は、以前サイトにもあげましたが、
その後の動きで知った情報などを追加、
いらないことを削除し、新しい検査体制になることを踏まえた
要望内容に修正しました。


甲府市の教育委員会は、遊亀公園という動物園併設
(日本で4番目に開園した歴史ある動物園。小さいのに
ゾウもライオンもいたり、ハムスターを抱っこできたりして、
うちの子たちは3回も行ったことがある)の公園内にある建物で、
時間までみなでのどかに池のそばで過ごし、5分ほど前に
建物内に入りました。


会議室にもう来てるみたい!と思ってあわてていったら、
そこにいたのは記者さんたちのみ。
要望書のコピーをお配りして、待ち合わせ場所だった入り口に
戻る途中で、お迎えにきてくださった課長補佐の方にばったり。


なんだかバタバタしながら会議室に入りました。


しかし、会が始まったらバタバタではありませんでした。
深夜にお送りした参加者名簿がきっちり反映された予定表があって、
起立、礼で始まり、起立礼で終わる、司会進行のあるカチッとした会でした。
メールで名簿をお送りしたのは深夜でしたので、朝やってくださった
のだと思います。


こちらからは大人13名、子ども3名の参加。
先方からは7名。教育長をはじめ、栄養士の方も
同席してくれて、全体でけっこうな大人数でした。


流れは次のような感じでした。

挨拶

それぞれの出席者の紹介

要望書の読み上げ・提出

甲府市民のみで署名1507筆の提出

要望書の説明

教育長からのお言葉

それから意見交換(というか質疑応答)

いのち・むすびば代表の言葉

挨拶、終了


当初30分との予定を
45分くらいまで延長してくれたのですが、
やはり時間が短かったと思います。
言いたいことをいえなかった参加者も多かったかと。
そこが残念でした。


質問では、以下のようなものがでました。


・測定器について
→消費者庁から貸与されているシンチレーション検出器
 検出下限10Bq/kg、検出されたらゲルマニウム半導体検出器で再測定


・発表方法
→出た場合は数値で発表


・週4回8品は1校あたりどの頻度か
→1校ではなくて、グループごとの一括仕入れ
なので、週4回8品を3グループで順にローテーションするので、
その頻度でということ。つまり、1校として考えても、週に2、3回。
グループわけは以下の3つ
小学校Aグループ 11校
小学校Bグループ 14校
中学


・地産地消はむずかしいのか
→甲府産のナス、トウモロコシ、ぶどうなどは甲府市産。
 甲府自体の生産が少ない。


・グループの細分化は難しいのか
→細分化することによって発注回数が増えたりとか
そういう手間が発生したりで体制が追いつかない。


たぶんもっと質問があったと思うのだけど、
ちょっと抜けている部分も多く…。


個人的にあとできいたこと
・お弁当は持参可なの?
→各学校の対応にまかせている。
まずは担任、校長とはなしてほしい
(けど、ダメといわれたら教育委員会に相談してもいいかもしれないです。
説得してくれそうな雰囲気を微妙に感じました。が、わかりません。)


今できる精一杯はしてくれている以上、
私達の要望が届くのは、やはりまだまだ難しそうです。


ともかく、長く続けていかないとだなと思うと同時に、
私自身、給食の仕組みをよく知らないことが多いので、
もっと勉強させてもらわないとだなと思いました。


今後、いい関係が築けるとうれしいなって思います。
教育委員会のみなさま、お忙しいところ、お時間を割いてくださって、
真摯にご対応くださって、本当にありがとうございました。


また、1507筆の署名を集めるのにご協力くださったみなさま、
ご署名くださったみなさま、本当にありがとうございました。
みなさんの想いが、今後、世の中を少しずつ動かしていくと
信じています。


関連記事

コメント

地産地消とは

>地産地消はむずかしいのか
>→甲府産のナス、トウモロコシ、ぶどうなどは甲府市産。
> 甲府自体の生産が少ない。

なんか変ですねぇ。ここで言う地産地消とは、公式には空間放射線量が低いと言われる山梨県全域を意味して良いのではないか。
しかし、甲府で獲れないものは他県から仕入れているとしか思えない回答ですね。
グループ化していると大量仕入れになるので県内産では充足できないのかも知れません。
地産地消推進とグループ化とが相反することになるとするなら、グループ化自体に問題があることになる。
今回はそこまで突っ込める要望では無いのですから、いずれ後日のテーマになります。

2012/05/17 (Thu) 01:55 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集
Re: 地産地消とは

> ict甲府さん、

> なんか変ですねぇ。ここで言う地産地消とは、公式には空間放射線量が低いと言われる山梨県全域を意味して良いのではないか。
> しかし、甲府で獲れないものは他県から仕入れているとしか思えない回答ですね。

そうなんですよねー。
地産地消は山梨県のことでは?とは聞いたのですが、
で、確かにそのとおりとは言われたのですが、なぜ
山梨県産自体を増やせないのか、答えがよくわかりませんでした。


> グループ化していると大量仕入れになるので県内産では充足できないのかも知れません。
> 地産地消推進とグループ化とが相反することになるとするなら、グループ化自体に問題があることになる。
> 今回はそこまで突っ込める要望では無いのですから、いずれ後日のテーマになります。

そうなんですよね。
一応、最新の要望書には、グループの細分化を
入れたんですけど、やはり難しそうな感じでした。

検査には限りがあるので、
グループの細分化を求めていくことが今後の
かぎかなーとも思っています。
(西の産地指定でかってくれな以上…)


コメント、ありがとうございました。

2012/05/20 (Sun) 16:39 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。