スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨県による、県内給食食材放射能検査結果

山梨県は、この4月から、放射能検査を始めました。
甲府市は県内で、市として検査を1月から始めていますが、
甲斐市、北杜市など、そのほかの市町村は自前のものは用意せず、
今のところは、県の機器を利用して測定することになるようです。


■検査場所
 山梨県衛生環境研究所

■検査機器
 ゲルマニウム半導体検出器
※7月からは、山梨県が一台275万円で購入する
シンチレーションスペクトロメーター(国の補助金を利用したもの)とのこと。


検査結果は下記↓

https://sites.google.com/site/yamanashipref/schoollunch



今のところ、検出されているらしいのは、
山梨県南部町のタケノコから、セシウム合計0.76Bq/kgのみ。


しかし、
なぜ、北海道やら鹿児島のジャガイモを測るのでしょう。
佐賀のタマネギを測るのでしょう。
徳島のニンジンを測るのでしょう。


それもいつかは測ればいいけど、
その前に危険度の全然ちがう
魚介類を測ってほしいと思います。
(甲府市の卵から出ていないのはうれしかった)


前に電話したときには、
検査をする保育所などの人が2.5キロの食材を検査機関に
持ち込む、という話を聞きました。


つまりもしかして、魚介を2.5キロ用意するのは
お金がかかるとか、そういう理由で測ってないって
ことなんでしょうかしら…??




関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/12 (Sat) 10:53 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。