スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

42年ぶりの原発発電量ゼロに

昨日、全国で唯一稼働中だった北海道電力の
泊原発3号機が、5日午後5時すぎから出力をさげはじめ、
11時には完全に発電を停止したとのこと。


今、使われている電気は、原発の電気では
ないということ。


ぜひ、このまま再稼動なしでいってほしい。
正直、再稼動を求める人って何だろうと思います。


福島の事故であれだけの人が犠牲になっている。
子どもの甲状腺には異常が出ている。
逃げたくても逃げられない人がいる。


それでも、経済のために原発を動かしたい?
もう地震はこないと思っているおバカさんなの?
核のゴミはどうするの?
いつものように、次の世代に押し付けですか?
冗談じゃないですよ。


先日お会いした議員さん(還暦くらい)は、
「放射能を心配するより合成保存料が心配。
そんなに心配していろいろ勉強すると、
それこそストレスでやられちゃうよ」といいました。


こういう方たちの豊かな生活をささえるために原発ができて、
そのために放射能がばらまかれて、
でも責任を何も感じてないんですよね。


彼は年齢的に放射能の影響はないでしょうから、
保存料の心配をしていればよい。
けれど、子どもたちは?
(っつーか、なんで両方心配しちゃいけないのか!)


ドイツで、戦争世代とその子どもたち世代の間に、
隔たりができたという話を聞いたとき、
「親の世代もしかたなかった面もあるだろうから…」
と思ったけど、こうして、まったく責任を感じない上に
放射能を心配することすら許さない人を見ると、
責めたくもなってくるってものです。


というか、もう彼の考え方は終わっている。
あれでは、若い世代は失望するだけ。
この地から、出て行っちゃう。


…という状況は、この地だけでなくて、
日本全体を覆っているものだと思います。



関西電力の大飯原発再稼働に反対するハンガーストライキ
に参加した瀬戸内寂聴さんが言いました。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1834.html

抜粋
----------
誰かに任せておいてどうしてなくなるんですか?
それはもう、自分たちでなくそうと努力しなければなくなりません。
だって、なくしたくない人たちもいるんだから、その利益のためにね。
だから私たちは悪いと思ったらですね、それはやっぱりね、自分たちで闘って
不必要なものはなくさないといけないです。

体なんていたわっていたらこんなことできませんよ。


日本は原爆を2度受けてて、
わたしが生きてきた90年でね、こんな悪い時代はなかった、って言っているの。


戦争中の方がね、まだ、ましでしたよね。

恐ろしい国ですよ
滅びつつありますよ
これから生きていくね、若い人とかね、
子どもたち、生まれてくる子はどうするんですか?と、
どうやってそれをね、平気で恐ろしい国に渡せるんですか?

だから、それはとてもね、今悪い状態ですね。

それをどうして政治家が感じないのかがね、本当に鈍いと思いますね。
だって今の政府が再稼働をしようとしているんでしょ?

ドジョウはそんなことしませんよ。
本当のドジョウは。

もう、政府がけしからんと思っています。

国民が原発事故がどれだけ怖いかまだ自覚していない。
再稼働しようとしている政府も悪いが、その人たちを選んだのは我々国民。
我々にも責任がある。
----------


原発事故が起こるまで、私は一億総中流だとか
(小泉改革でそれは壊れていたけど)
人はみな平等とか信じていたけど、事実はそんなことはなく、
アメリカと同じように、日本にもれっきとした支配者層が
存在していて、今彼らが一生懸命、既得権益を守るために
戦っているんだな(=原発の再稼動でもある)、と
思っています。


私たちにできることは声をあげること。
せめて自分の身を守るために、
ちゃんと主張していかないと、と思います。


事実、放射能安全神話が今
ばらまかれているわけで、食品とガレキと肥料で
放射能は全国に拡散されているわけで。
そのうち、自己防護だけではしきれなく
なってくることは想像に難くない。
(食品も産地で選べなくなるということ)



原発に話は戻って、この夏の電力について。

<緊急拡散希望!>田中優より「偽装停電の夏」をくいとめよう
http://tanakayu.blogspot.jp/2012/05/blog-post_2393.html


電力はその気になれば足りるのに、
何の努力もせずに(というか再稼動のためには
足らす努力をしてはいけないわけで)
足りない、足りないを主張している彼らの
この夏の偽装停電のシナリオです。




関連記事

コメント

見ぬ物清し、知らぬが仏

5月5日に泊原発停止、電力は原発由来のものは無くなりました、
でも原発そのものは単なる金属とコンクリのかたまりになるまで、
これから何十年も監視していかねばならない。
これまでに溜まった核廃棄物の処分も同じ状況です。
その間に大地震などがあれば、その都度心配せねばならない。

見ぬ物清し、知らぬが仏という言い方が昔からあります。
これまで見せられなかった、知らされなかったのですから、仕方ない部分はあります。
しかし、3.11以後も知らない仏でいる人を私は気の毒に思っています。


2012/05/06 (Sun) 21:13 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集
Re: 見ぬ物清し、知らぬが仏

>ictkofuさん、


>5月5日に泊原発停止、電力は原発由来のものは無くなりました、
> でも原発そのものは単なる金属とコンクリのかたまりになるまで、
> これから何十年も監視していかねばならない。
> これまでに溜まった核廃棄物の処分も同じ状況です。
> その間に大地震などがあれば、その都度心配せねばならない。

そうなんですよね。
そういう先を見越して建てたのか。
あとでなんとかしようという見切り発車的な考えで
初めて今もそのまま続けている…としか思えません。


> 見ぬ物清し、知らぬが仏という言い方が昔からあります。
> これまで見せられなかった、知らされなかったのですから、仕方ない部分はあります。
> しかし、3.11以後も知らない仏でいる人を私は気の毒に思っています。

私は、そういられる人の精神状態が不思議でなりません。
見たくないから見ないのか、本当に気づいていないのか…。
真正面から考えてみれば、違和感がありすぎなのに…。

コメント、ありがとうございました。


2012/05/08 (Tue) 14:12 | Fumie #- | URL | 編集

泊には、ちょっと因縁があります。泊が出来た時、「泊よ、泊まれ」なんてフレーズで反対運動もあり、当時まだ道内にいた自分は、新聞に反対の投書したら掲載されたりしたこともありました。また、ちょうど道知事が当時社会党の横路知事(今は衆議院議長?)になり、余計に原発中止に期待が掛かったものでした。が、彼には泊を止められませんでした。
高校の時、たまたま学校新聞で核をテーマに特集したのですが、その時、幌延の処分場の問題を取り上げたのですね。もう25年も前の事です。
実は当時は、いち高校の校内新聞でやるテーマじゃないんじゃないか?と思ってたんですね。むしろ当時は、原発よりも米ソの核の方が大きな問題でしたし。
長くなってすみませんが、そんな昔を思い起こす「泊」の名前でした。

2012/05/11 (Fri) 08:11 | 富士某きつみ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>富士某きつみさん、


いつもありがとうございます^^

>泊には、ちょっと因縁があります。泊が出来た時、「泊よ、泊まれ」なんてフレーズで反対運動もあり、当時まだ道内にいた自分は、新聞に反対の投書したら掲載されたりしたこともありました。

昔から考えてらしたのですね。


>また、ちょうど道知事が当時社会党の横路知事(今は衆議院議長?)になり、余計に原発中止に期待が掛かったものでした。が、彼には泊を止められませんでした。

金の力が大きすぎたのでしょうか…。


> 高校の時、たまたま学校新聞で核をテーマに特集したのですが、その時、幌延の処分場の問題を取り上げたのですね。もう25年も前の事です。

検索したら、今になってまた、商工会の会長が核最終処分場誘致の動きをしようとしているんですね。
何十年も執念深いですね。


> 実は当時は、いち高校の校内新聞でやるテーマじゃないんじゃないか?と思ってたんですね。

確かに…。
でもそれによって何か阻止できるわけでなくとも、
そういう草の根の啓蒙活動が今後必要な気がします。
でもいまだ、そういうことに目をつぶりたい人も
多いような気がしてしまいますが。


>むしろ当時は、原発よりも米ソの核の方が大きな問題でしたし。

私も小学生ころだったか、核戦争になったら
どうしよう、ってこわかった記憶があります。

今は、日本と世界の各所で原発が爆発し、
どこにも逃げ場がない図が浮かんでしまいます。

世界の原発が今後老朽化していくので…。
(でも使いつづけようとするのはどこも一緒)

コメント、ありがとうございました。


2012/05/11 (Fri) 18:06 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。