スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4/9本日締め切り!!】環境省が警戒区域のがれきも拡散予定。パブコメ募集中。

国が地方に出した広域処理お手伝い要請によって、
甲府市もひっくりかえって受け入れ、なんて話になりましたが、
なんと、なんと、今度は、警戒区域の廃棄物も移動の予定だそうです。


今まで
「みなさん、勘違いしてません?
広域処理の対象は福島のがれきじゃないですよ(=だから汚染されてないですよ)。
福島のがれきは福島で」といっていたのに、
今度は堂々と警戒区域の廃棄物を拡散しようとする。
いったいどうしてしまったんでしょうか。


今日締め切りです。
みなさんも、パブコメをぜひ、送ってください。
自分の言葉で、短くてもいいので、ぜひ送ってください。
メールならまだ間に合います。


あて先は、
houshasen-tokusohou2@env.go.jp


メール本文に書く内容は、以下4点です。
[1]名前
[2]住所
[3]メールアドレス
[4]意見
・意見の該当箇所
・意見の要約(意見は簡潔に記載)
・意見及び理由(意見の根拠となる出典等があれば添付又は併記)



「該当箇所」ですが、確認すべき書類はPDFで1枚です。
http://www.env.go.jp/press_r/15080/01.pdf

見られない方は、この記事の一番最後に文字にしてつけておくので
ご確認ください。


私の送った文面です。


[1]~[3]ネットなので割愛
[4]意見

・意見の該当箇所
2「改正の内容」

・意見の要約(意見は簡潔に記載)
「事業活動に伴い生じた廃棄物については、対策地域内廃棄物から除外し、
当該廃棄物を排出した事業者が、事業系一般廃棄物又は産業廃棄物として、
自ら処理を行うこととする。」ことに反対です。


・意見及び理由(意見の根拠となる出典等があれば添付又は併記)

警戒区域内の廃棄物は、放射性物質で汚染されています。

(1)
事業系一般廃棄物または産廃廃棄物として処理されたなら、
その周辺環境への放射能の二次汚染の可能性が否めません。
最終処分場は山間部が多く、水源のそばにあることも多くあります。
水源が汚染され、そこで育つ農作物が汚染され、
そこに住む人々の生活、健康が脅かされます。

最終処理場は、遮水シートで汚水が漏れないことになっていますが、
汚水もれ事故は全国で起こっています。

(例)東京都八王子市戸吹処分場(1985年)
東京都西多摩郡日の出町谷戸沢処分場(1992年)、
千葉県八千代市一般廃棄物処分場(1994年)
神奈川県横浜市神明台処分場(1994年)、
愛知県津島市新開処分場(1996年~)
福岡県久留米市杉谷最終処分場(2006年)、
熊本県阿蘇市黒川 阿蘇広域行政事務組合一般廃棄物処分場(2009年)、
島根県東出雲町 姫津クリーンセンター(2008年)
滋賀県甲賀市 クリーンセンター滋賀(2010年)、
山梨県北杜市明野町 山梨県環境整備センター(2011年)等。


(2)放射性物質で汚染された廃棄物を拡散することは、国際合意に反します。
放射性物質は、拡散しないことが原則です。
一般事業者に処理を任せることは、その原則に反し、
広域にわたり、汚染物質が拡散されることにつながります。


放射能とのつきあいは、今後子々孫々、長期間続きます。
であるならば、できるだけ放射能を拡散させない政策を採ることが筋であって、
わざわざ人の手でさらなる汚染を拡散しようとすることは、大変悲しいことです。
ぜひ、まだ見ぬ子や、孫、その子供たち、100年先、1000年先の子供たちのことを
考えて、政策を決定してただきたく存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。



以下は、MLで回ってきた参考資料。
http://togetter.com/li/284529



以下、環境省のページ、
今回の意見を出す元を転載しときます。
http://www.env.go.jp/press_r/15080/01.pdf

放射性物質汚染対処特措法施行規則改正案について


以下において使用する用語は、平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地
震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関
する特別措置法(平成 23 年法律第 110 号)において使用する用語の例による。

1.改正の経緯

◯ 今般、平成23年12月26日の原子力災害対策本部決定1に基づき、警戒区域・
計画的避難区域(以下「警戒区域等」という。)の避難指示が見直されるこ
とから、警戒区域等内の空間線量の低い地域では、警戒区域等の解除前でも
事業活動が再開され、相当量の廃棄物が生ずることが想定される。

◯ 再開された事業活動に伴い生ずる廃棄物を対策地域内廃棄物として国が
処理を行った場合、汚染廃棄物対策地域外の事業者との競争上の不公平が生
ずることが考えられる。このため、不公平が生ずることのないよう対応が必
要となっている。


2.改正の内容

◯ 事業活動に伴い生じた廃棄物については、対策地域内廃棄物から除外し、
当該廃棄物を排出した事業者が、事業系一般廃棄物又は産業廃棄物として、
自ら処理を行うこととする。

◯ ただし、国又は地方公共団体が施行する災害復旧事業(道路復旧事業等)
については、特に迅速に進める必要があることから、当該災害復旧事業に伴
い生じた廃棄物は、国が対策地域内廃棄物として処理を行う。

関連記事

コメント

なんでこうも国が狂ってしまったのか。
こんな事を検討するということに疑問さえ感じなくなるほど政府が狂ってしまった。
国民の声は聞いたふりはするが耳に入らず、何かに取り憑かれたかのように猛進する。

その狂気に地方自治体が毒され始めている。
恐ろしすぎる状況になってしまった。
大義名分掲げて「良いこと」のように装い魅了させ、実は命取られるってのは悪魔の手法そのものだ。

明るい未来が描けず子供らに申し訳がない。
このパブコメで流れが少しでも変われば、正気の人間が政府に残っているという希望にもつながるんでそれを切に願う。


しかし次から次へとよくこれだけ余計なことを考えつくもんッスなぁ。

2012/04/09 (Mon) 22:51 | takapide #w8lSbvt2 | URL | 編集

情報アップ、ありがとうございます。少しでも多くの声が集まったことを祈っています。

2012/04/10 (Tue) 09:27 | Kanako #Llgz914M | URL | 編集
Re: タイトルなし

>takapideさん、


> なんでこうも国が狂ってしまったのか。

私も不思議でなりません。
なぜこうも次から次へと…。

拡散が目的なのかな、とかんぐってもしまいます。

でも、お役人だって、一人ひとりは生身の人間のはずなのに、
いったい全体どうしちゃったんでしょうね…。


コメント、ありがとうございました。

2012/04/11 (Wed) 13:24 | Fumie #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> Kanako さん、

こちらこそ、いつもお世話になっております。
たくさん集まっているといいですね!

コメントありがとうございました^^

2012/04/11 (Wed) 13:30 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。