スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国が、山梨県北杜市の明野処分場にがれき受け入れを要請 4/6(金)10時より県庁ロビーで抗議活動

国から知事に対し、北杜市の明野処分場で震災がれきを
引き受けられないかという要請があったらしいです。


窪田 誠氏のツイートより ‏
@kubota_photo
山梨県明野処分場に震災瓦礫を搬入するよう国が要請していたことが明らかとなりました。
県は回答を保留したようですが 赤字事業として喉から手が出るほど欲しい瓦礫かもしれません。
抗議活動を予定していますのでご支援お願いします。
4月6日(金) 午前10時より 場所:山梨県庁正面玄関ロビー


私はちょうど帰省中でいけないのですが、
県庁に行ける方は、いかがでしょう。
行けない方は電話というテも。
山梨県環境整備課 055-237-1111(代表)



読売新聞に、記者会見で知事が「現時点ではできない」と回答したと
載っているのですが、どこまで本当かわからないし、
いつ気がかわるかもわからない。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamanashi/news/20120403-OYT8T01025.htm
----
県が市町村調査 甲府も「条件合えば」回答へ
 東日本大震災で発生した岩手、宮城両県のがれきの受け入れに関し、県内の4市村と3事務組合が「条件が合えば可能」との姿勢を示していることが3日、分かった。県内でも、条件付きながら前向きに検討する動きが広がっている。

 がれき処理をめぐっては、政府が3月16日、35道府県・10政令市に受け入れを要請し、受け入れの可否について4月6日までの回答を要求。県は政府への回答をまとめるに当たり、県内市町村に意向を調査し、3日までの回答を求めていた。

 調査は、受け入れについて、〈1〉可能〈2〉条件が合えば可能〈3〉困難――の三つの中から選択する内容。

 読売新聞が市町村などに取材したところ、「条件が合えば可能」と答えたのは、富士吉田、上野原両市と山中湖村、組合が中巨摩地区広域事務組合(中央、南アルプス、甲斐、富士川、昭和、市川三郷の6市町)、峡北広域行政事務組合(韮崎、甲斐、北杜の3市)、大月都留広域事務組合(大月、都留、道志の3市村)だった。甲府市は未回答だが、「条件が合えば可能」と答える予定という。

 受け入れの条件としては、多くの自治体・組合が〈1〉がれきの安全性確保〈2〉処理後の焼却灰を埋め立てる最終処分場を抱える県外自治体の同意――を挙げた。条件を付けずに「可能」と答えたところはなかった。

 峡南衛生組合(市川三郷、身延、早川の3町)は、管理者の辻一幸早川町長が前向きな姿勢を示していたが、「困難」と回答した。新たに南部町のごみを受け入れることになり、慎重姿勢に転じた。山梨市と南部町も「困難」と答えたという。

 一方、県環境整備事業団が運営する北杜市明野町の廃棄物最終処分場での受け入れについて、横内知事は3日の記者会見で「現時点ではできない」と述べた。知事は、県と同市が2006年に結んだ公害防止協定で、がれきなどの一般廃棄物は受け入れられないことになっていると指摘。明野処分場をめぐっては、現状でも反対派住民が激しく反発していることを考慮し、協定を改める考えはないとした。

(2012年4月4日 読売新聞)
---------


参考までに、下記は4/4の山日。
---------
がれき「条件付きで検討可能」 県内6施設、国に回答へ

東日本大震災で発生した宮城、岩手両県のがれきについて、山梨県内のごみ中間処理をしている6施設が「条件付で受け入れ検討が可能」と国に回答することが3日、分かった。回答は県が集約し、国に報告。今後、6施設に対し、国から協力要請があるとみられる。

 震災がれきをめぐっては、国が被災地以外での広域処理を全国の自治体に要請。受け入れ検討の可否などについて、県を通じて調査しており、3日が県に対する回答期限だった。結果はまとめて国に報告し、公表する。

 受け入れ検討が可能と回答したのは、中巨摩、大月都留、峡北の一部事務組合と、富士吉田市、上野原市、山中湖村が運営し、ごみを焼却する施設。こみ処理施設の周辺住民の理解や、放射性物質の検査、ごみを焼却した灰を埋め立てる最終処分場の同意などを条件に挙げている。

 宮島市長が受け入れ検討を表明した甲府市は、地元住民との協定で、甲府、笛吹、甲州の3市以外のごみの受け入れはできないことになっているため、回答を保留。5日に自治会代表者らと協議し了承が得られれは、受け入れ検討が可能と回答する。甲府を含めると、受け入れ検討が可能な施設は県内7施設となる。

 一方、峡南衛生と東山梨環境衛生、青木ヶ原ごみ処理の一部事務組合と、山梨市、南部町、富士河口湖町は受け入れ検討は困難とした。このうち、峡南衛生は当初、24時間フル稼働すれば受け入れ可能とみていたが、同組合は「24時間稼働ではコスト高になるため現行の8時間稼働で処理できるか検討が物理的に困難との結論になった」としている。
---------

なぜ明野の処分場に触れてないのかしら?
それから、甲府!
5日に地元(焼却場のある地区)と協議するという話。



あと、そう、島田市の最終処分場の動画がありました。
流れ出てますよ…。
ごみなんて、ごみだから、最後にお金をかけてしっかり
もれないようになんて、しない気がしてしまいます…。






関連記事

コメント

山梨日日新聞記事に出たのですね・・
>自治会代表者らと協議し了承が得られれは、受け入れ検討が可能と回答する。
甲府市も駄目ですねぇ、ネット情報など読んだことが無いのでしょう。狭い地域の数人で決められる問題じゃないと思います。

2012/04/04 (Wed) 15:13 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集

まったくもうあきれるばかりですね。
なんで誰も望んでいないことをやろうとするのか。

ツイッターに流れていた戸谷さんの↓これあたりを県に言うとちょっとは効き目ありますかね。

戸谷真理子 ‏ @irukatodouro
京大の小出先生に電話で確認した重要なこと。放射能のはいった瓦礫を焼いて汚染された炉はどうするんですか?→「解体できないです。放置しかありません」@theokinawatimes @hanayuu @kikko_no_blog 那覇、南風原クリーンセンターは使い捨てになるのか

2012/04/04 (Wed) 17:47 | takapide #w8lSbvt2 | URL | 編集
戸谷真理子氏情報

小出さんのメッセージ情報感謝です。いただいてブログに入れました。

2012/04/04 (Wed) 23:45 | ictkofu #Il.JVJcE | URL | 編集
Re: タイトルなし

>ictkofuさん、

結局「甲府市」のくくりではなく、地元の「~町」
の単位で進めちゃうのですからひどいですよね。
たくさん動いてくれている人たちがいるので、なんとかなるといいのですが…。

2012/04/05 (Thu) 16:20 | Fumie #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>takapideさん、



> ツイッターに流れていた戸谷さんの↓これあたりを県に言うとちょっとは効き目ありますかね。
>
> 戸谷真理子 ‏ @irukatodouro
> 京大の小出先生に電話で確認した重要なこと。放射能のはいった瓦礫を焼いて汚染された炉はどうするんですか?→「解体できないです。放置しかありません」@theokinawatimes @hanayuu @kikko_no_blog 那覇、南風原クリーンセンターは使い捨てになるのか


ほんとにね、どうなんでしょうね。
私たちの出した要望書でも、放射能で炉が汚染されてしまったら、
解体のときも作業員が被曝するとかそういう話は入れているのですが、
「そんなにまで汚染されないだろう」とタカをくくっている
気がするんです。
解体すらできなくなる可能性があるとは想像もしていないかも…。
でも言う価値はありますよね。
「そりゃ大変かも…」とだんだんわかってくれる人が
出てくるかもしれないですものね。


情報ありがとうございました!
(&よかったらぜひ県外からも援護射撃TELを…)

2012/04/05 (Thu) 17:29 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。