スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【学校給食】独自基準を定めている自治体

学校給食に関し、
独自基準を公表している自治体は
松本市と札幌市があります。


■松本市
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/buka/kyoikubu/gakkokyushoku/kyusyoku/files/shokuzai.pdf

(転載)
食材についての基本的な考え方
学校給食課
1 学校給食の基本方針
地産地消を基本に安全な食材を使用する
(1)松本地域産
(2)長野県産
(3)国内産
以前から(1)→(2)→(3)の順に仕入れているが国内産については、できるだけ安全な地域から納入するよう業者に依頼している。
また、国内産使用の原則は変えないが、
入手困難なものについては、やむを得ず国外産を使用する。
(ワカメ、カジキ、鮭、さわら、ししゃも、イカ等)

2 現 状
(1)米は100%松本地域産を使用している。
(2)牛乳は100%長野県内産を使用している。
(3)豚肉はほとんどが県内産を使用している。
(青森・熊本・福岡・鹿児島が若干入ることもある)
(4)鶏肉は県内産が50%、青森産が50%
(5)牛肉は使用していません。
(6)魚はほとんどが入札なので、産地を選んで決定している。
(7)加工品(ギョーザ、ハンバーグ等)は、
材料・成分を確認した上で、全て栄養士が選定している。
(8)保存食(干し椎茸、煮干等)は、銘柄や産地指定している。
(9)調味料(醤油、米油等)は、メーカー指定している。
(10)あらかじめ使用する食材が分るので、公設市場で作成したカレンダーを基に、できるだけ影響が少ない産地の食材で
作れるよう献立を工夫している。

3 今後の方針
(1)子どもたちには決して危険なものを食べさせない。
(2)今後とも安全・安心な食材を調達するよう努めるが、流通の混乱等により
予定していた食材の仕入れが困難な時には、献立を変更する場合もある。



■札幌市
http://www.city.sapporo.jp/kyoiku/top/kyushoku/kennsa.html
(転載)
札幌市教育委員会では、12月から定期的に、学校給食に使用する食材の放射性物質検査を実施します。
福島原子力発電所事故以降、学校給食に使用している食材への関心が高まっていることから、子どもたちにより安心して給食を食べていただけるよう実施するものです。

1 検査項目について
  (1)放射性セシウム(セシウム134及びセシウム137)
  (2)放射性ヨウ素(ヨウ素131)

2 検査時期について
  平成23年12月から検査を開始し、その後定期的(月2回程度)に実施します。

3 検査方法について
  使用前日、納品業者に保管されているものの中から2品目程度抽出し、専門の検査機関でゲルマニウム半導体検出器を用いて測定します。

4 主な検査対象食材について
  (1)放射性物質の検査対象とされている1都16県で生産された青果物
   (福島県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県、山形県、新潟県、長野県、埼玉県、東京都、山梨県、静岡県)
  (2)上記生産地の食肉(鶏肉・牛肉)
  (3)その他(魚介類)
    ※23年度(これからの冬期間)は、青果物を中心に検査を実施します。

5 検査後の対応について
  検査の結果、検出限界値である4ベクレル/kg以上の値が検出された場合は、念のため学校給食での使用を控えます。

6 検査結果の公表について
  このページに結果を掲載します。

------------



松本市の場合、40Bq/kg以上は使いません。
(ここでは明言してないけど、ニュースになっていた)
そして産地の指定。
「子どもたちには決して危険なものを食べさせない。」
という宣言がすばらしいです。
(実際はともかく。実際は…こんなかもらしい
http://togetter.com/li/197178


札幌市の場合、月2回の検査ではあるけど、
4Bq/kg以上でたら使用を控えると明言してます。
すばらしい。



もちろん、長野産は大丈夫なの?とか、40Bq/kgって!
とか、月2回の検査ですと!?とかいろいろあるとは
思うけど、現実的な範囲でいったら、この姿勢でやって
くれていることはとてもありがたいことだと思います。


甲府の場合、4月からの国の基準となる100Bq/kg
(牛乳50Bq/kg)で使用を控えると書いてあるので、
そこはなんとか撤回してほしい…。
そのあたりを考えています。


で、もし松本市や札幌市のほかに、使用食材の
産地や放射能の濃度について独自基準を定めている
自治体があったら、
ぜひ教えていただけるとありがたいです。


横浜市などですと、360Bq/kgの干ししいたけの使用を
見合わせたことはあるけど、○○以上なら使わない、とか
そういう明言はないのです。


よろしくお願いいたします。



追記:
■京都市の場合は、50Bq/kg
http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/soshiki/29-4-0-0-0.html
(転載)
学校給食に使用する食材の放射能検査について

学校給食に使用する食材の放射能検査結果
福島,茨城,群馬,栃木,千葉県から入荷する学校給食用の農産物,岩手,宮城,福島,茨城,千葉県から入荷する水産物,及び牛乳は,随時,京都市衛生環境研究所において放射能検査を実施し,暫定基準値を超える物資が学校給食に使用されることがないよう措置を講じております。

牛肉においては,全ての牛について使用前日までに,生産者等が実施している放射能検査の結果を確認し,他の物資と同様に暫定基準値を超える物資が使用されることがないように措置を講じております。

なお,平成24年1月23日の給食から,より一層,児童生徒の安全・安心を確保し,保護者の皆様にもご安心いただくため,平成24年4月から適用される予定の国の基準を先取りするとともに,一般食品については,当該新基準よりも厳しい基準である50ベクレル/kgを適用致します。
検査結果は,以下のページで公表しております。
-------

■福島県須賀川市は10Bq/kg(食材によって異なる)。
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/sityou/kisya/h23.12.21-3.pdf


■茨城県常総市 検出下限30Bq/kg以上のものは使わない
http://www.city.joso.lg.jp/joso/www/03238.html




関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/29 (Wed) 12:15 | # | | 編集
Re: タイトルなし

たー坊さん、

ありがとうございます!
参考にさせていただきます!

そして、その方…
山梨の人って知りませんでした!
そうですかー。よくチェックせねば。

コメント&情報ありがとうございました。

2012/03/02 (Fri) 14:46 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。