2/15 山梨県庁への文書提出

2/15の午前中に、がれき受け入れ問題の件で、
文書を書いたNさんとお子さん、私の3人で、
県庁に行ってきました。
山梨日日新聞の記者さんが同行してくれました。


県庁側で対応してくださったのは、知事政策局の東日本大震災
災害対策室の方でした。
期待していたよりずっと立場が上の方がきてくださって、
びっくりしました。


まず最初に、Nさんは、知事宛のレターを読み上げました。
(「公式の場では読み上げるのね!」と私は感嘆。)


そしてNさんが、こちらからの要望3点の要点を
かいつまんで説明しました。


要望3点を再度載せておきますと、
要望1: 災害廃棄物を山梨県で受け入れないで下さい。
要望2: 被災地にて災害廃棄物の処理が進むよう、被災地への支援を行うことをご検討下さい。
要望3: 被災地の市民(特に子ども)への疎開・自主避難への支援を充実・継続することをご検討ください。


そのあと、山梨の汚染度などを説明、
よく聞いてくださったと思います。


それもやはり、1404人の方の署名があったから
だと思います。驚いてらっしゃいました。
分厚くて、ホッチキスで止められませんでした。
それだけあったから、記者さんも興味を持って、同行してくれて、
そうなると行政の方もそれなりの対応をとってくださったのだと
思います。


署名と拡散にご協力くださったみなさま、
ありがとうございました。
本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、30分ほど話して終わりになったあと、
記者さんが「今後はどうなりますか?」と
今後の行政の対応について
確認してくれたのもすばらしかったです。


私たちが言うより、記者さんから聞かれたほうが、
「何らかの対応をしないと」という
プレッシャーになると思うので。


回答は、「回答方法を含めて検討します」というような
ものでしたが、何らかの回答はあると思われます。


午後に、Nさんが甲府市役所に行ってくれました。
甲府市の担当の方は、
・市長が文書に目を通してくれること
・然るべきところから文書で回答してくれること
を、約束してくださったそうです。


なお、今朝の山梨日日新聞の朝刊に申し入れしたことが
載っています。23面の下のほう、
島田市の「がれき きょう試験焼却」の記事の下に、
「災害廃棄物受け入れ 県に慎重対応求める」という
タイトルです。
山日を取っているかた、よかったらチェックしてみて
ください。ネットにはあがっていなかったです。


ちなみに、昨日の朝刊には、おとといのインタビューが
載っています。


最初、私たちは記事になるのかわからないまま
インタビューを受けていました。
それが、記者さんが上司に話したら、急遽
「明日載せるぞ!」ということになり、夜にNさんの家に
写真を撮りに見えたそう。
そしてすぐさま記事に。それほど大事に扱ってくれて感謝です。
記事はこちら↓(無料版は最初の一文ほどしか見られませんが)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2012/02/15/4.html
「放射能心配ない山梨に」首都圏からの移住者が活動



ネットのない人たちに届ける手段として
新聞はとても有効で、また山梨では山日をとっている
割合がとても高いそうなので(公称70%)、
たくさんの方に、届くとうれしいです。










関連記事

コメント

引き続き、頑張ってください!

山梨日日新聞の無料版(しか見ていない)と、このブログ記事を、阿修羅掲示板に転載させて戴きました。
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/188.html

そこにも書いたのですが、即「受け入れ中止」にならないかもしれないけど、そこで諦めないで、全国(ブログ主さんの場合は山梨県)への汚染拡散を止めるため、引き続き頑張ってください。
#その記事を見て、新たに目覚める人も出てくるでしょうし

中茎さんもブログ主さんも、「放射線の害から避難するため移住した」ということだけとっても、本当に大事な決断をされ、実行に移されたと感心致します。またこの右、「見たい映画」に"Food Inc"(私はこちら豪州で、おととしだったか英語で観ています)をあげていらっしゃるので、他の問題にも関心を持っていらっしゃるのだろうと思います。"The World According to Monsanto"(GM食品を開発したモンサント社の悪事を暴いた作品)と並んで、それは確かにお勧めですから。

加えて、「要望3: 被災地の市民(特に子ども)への疎開・自主避難への支援を」となさったこと、これもとても大事なことですね。「チェルノブイリのかけはし」のような活動を、日本国内はもとより、海外からもやってもらわないと、小さい&若い命に大きなダメージがいきますので。

あと、「集団疎開裁判」にはちょっと疑問があるのですが(関与している森田玄とその妻が詐欺師なので)、とにかくみんなでやれるだけやらないと! 私も海外在住ですが、私なりにずっと出来ることをやっています。今後もお互い、頑張りましょう!(^^)

2012/02/17 (Fri) 22:15 | 千早 #IY7bLZJE | URL | 編集
Re: 引き続き、頑張ってください!

>千早さん、


阿修羅掲示板への転載ありがとうございます。
> http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/188.html


> #その記事を見て、新たに目覚める人も出てくるでしょうし

ここ、重要ですよね。
今回、あの記事をみて気づいてくれた人が少数でも
いてくれたんではないかと期待はしているのですが…。


> 加えて、「要望3: 被災地の市民(特に子ども)への疎開・自主避難への支援を」となさったこと、これもとても大事なことですね。「チェルノブイリのかけはし」のような活動を、日本国内はもとより、海外からもやってもらわないと、小さい&若い命に大きなダメージがいきますので。

そうですよね。
ここは重要だと思っています。
政府はその部分を切り捨ててますので。
(その部分だけじゃないですけど)


集団疎開裁判の件、とりあえずリンクをおろしました。
バズビー教授の講演会の手伝いにいった際、
来ていた弁護士さんや講演会準備手伝いの人たちは
とても熱心な人たちだったのですけども。


>私も海外在住ですが、私なりにずっと出来ることをやっています。今後もお互い、頑張りましょう!(^^)

そうですよね。
できることを、私もやっていこうと思います。


コメント、ありがとうございました!

2012/02/19 (Sun) 14:07 | Fumie #- | URL | 編集

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

2012/04/14 (Sat) 13:23 | ビジネスマナーの講座 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

このブログにリンクしている、「山梨放射能情報ネットワーク」にもありますが、 山梨県への、東北地方からの災害がれき受け入れ問題について、です。 先週、首都圏から山梨に移住...

2012/02/20 (Mon) 18:50 | 空と風と、月と、星。