スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母乳から放射性物質検出

牛乳から出るのだから、人間からも出るに決まってる>_<。。。
母乳から微量の放射性物質 市民団体の独自検査
一部抜粋
================
 3月24日と30日に1人約120~130ccずつ採取した母乳を民間の放射線測定会社で分析。

 千葉県柏市の産後8カ月の女性から36・3ベクレル、茨城県守谷市の女性から31・8ベクレルを検出した。茨城県つくば市の女性2人からもそれぞれ8・7ベクレル、6・4ベクレルを検出。守谷市の女性は2回目の検査で8・5ベクレルに低下したという。

 宮城県白石市、福島市、福島県棚倉町、茨城県つくばみらい市の4人からは検出されなかった。福島県郡山市の女性の母乳は分析中という。
================

36.3ベクレルを、「微量の」と表現するニュースもひどい。
WHOの飲料水の平常時の基準10ベクレル/キロを、超えている。
微量じゃないと思います。


事故があってからこのかた、放射性物質は急激に体に
影響を与えないものになってきています。
でもそんなこと、それこそ科学的に証明されていません。


私も、1歳になったばかりの息子にまだ母乳をあげています。
母乳は栄養面でも、赤ちゃんへの精神面でもとてもよいものだと、
そう信じてあげてきていました。
2人目、3人目については特に、哺乳瓶を使ったことがないほど、
すべて母乳でまかなってきました。


もし、その母乳が、放射性物質で汚染されていたら。
しかもまだ離乳とか考えられないほど小さい赤ちゃんだったら。
どんなに悲しく、悔しいことか。


でもそんな母親の悲しみを理解しないのが政治家なんでしょうか。。。
ツイッターでの東京都の副知事の猪瀬氏の発言。
=========================
inosenaoki 猪瀬直樹
感情でなく数値で判断してください。東京の数値は公表されている通り現在まったく安全です。 RT @keafairy @inosenaoki あす午後三時に、厚生労働省で会見「茨城県内で複数の母乳からヨウ素131が検出blog.goo.ne.jp/nagaikenji2007… 東京も検出は時間の問題

inosenaoki 猪瀬直樹
数値を示しながら発言してください。気分で言う意味はまったくありません。このツイッターでも金町浄水場の数値、新宿のセンターの蛇口の数値(いずれも都庁HP)にあります。言語技術の基本です。数値以外の議論は無駄です。

inosenaoki 猪瀬直樹
数値を示してもわからなければ゛わかる気がないということです。客観性という指標を否定したら、いま何時何分かも考えないで生きているということですから。別の個人的な不安を持ち込むのはやめたほうがよいです。

inosenaoki 猪瀬直樹
仕事をしない専業主婦は、パートでもなんでも仕事をして社会人になってください。数値の意味がわかるようになるしかありませんから。不確かな気分で子どもを不安にさせてはいけません。

inosenaoki 猪瀬直樹
数値を公表をしてもわからない人は「不定愁訴」です。ジョギングで気分でも変えください。行政の分野ではありません。
=========================

なんだかほんとに、遠いところにいる。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。