スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【動画】2012/1/8小出裕章さん講演会@甲府

※小出先生は「先生」と呼ばれるのがお嫌いだそうなので、
親しみをこめて「小出さん」と書かせてもらいます。


1/8に甲府市で小出さんの講演会が開かれました。
講演会の様子がYoutubeにアップされています。
4号機の現状など、写真入りで説明してくれていて
よくわかります。必見です。




人類の時間の長さでいうと、エネルギーをこれほど
使い始めたのはつい最近のことで、
たとえば六ヶ所村での低レベル放射線廃棄物を国は300年
保管すると約束しているけれど、明治維新が起きてから
たった、144年…。

写真 (15)

高レベル放射性廃棄物に至っては、100万年のお守りをする
必要があるって…ムリだよね。


電気も足りてるのに。

写真 (17)



原発を推進してきた人たちは無責任極まりない。
いまだに推進している人は、まともじゃない。
未来の人のことを何も考えてないと、講演会を聞いて
ますます思いました。


質疑応答の部分、ツイートしたので、貼っておきます。


質問:火力を動かしてCO2は大丈夫でしょうか。
回答:CO2のことはそれほど悪いと思っていない。命が根付くために必要なもの。あたかも悪いもののようにいいながら、原子力を使ってきた。放射性物質のほうがよっぽど命に悪いし、またずっと保管するのに、膨大なCO2がかかる


質問:自然エネルギーは自然を破壊するというが…
回答:原子力をやめて自然エネルギーとはいっていない。使うエネルギーを減らすように、できるだけエネルギーを使わないようにしなければいけない。


質問:もんじゅは今どうなっているか
回答:とてもつもなく難しく、世界中が撤退した原子炉。1kwも発電してないのに、1兆円もかかっている。もんじゅを動かすと核兵器材料を手に入れられる。だから日本はぜひ動かしたい。


質問:4号機の問題。
回答:使用済み燃料プールが崩壊するようなことがあれば、いっさい成す手はない。東電の工程表でも使用済み燃料を取り出すことが優先事項になっているが、何年もかかる。
使用済み燃料から放射能が出てくれば、今日みてもらった汚染の何倍も出る。風向き次第で山梨も汚染地帯に含まれる可能性もある。政府は情報を出さないので、自分で風向きの情報を集め、場合によっては逃げることも考える


質問:有機で作っている農家など。
回答:誤解されたくはないが、有機で作られる野菜は放射能に関しては汚れている。化学肥料は地下深くの岩塩からカリ肥料を使っているので、放射能で汚れてはいない。


質問:汚染食品を食べることはさらなる拡散につながらないか。
回答:拡散は避けようがない。すべて汚染されているので、どこまで許すのかという選択しかない。できるなら、下水処理場の汚泥を集めて隔離する政策しか取れない。
放射能はけして消えない、ということだけは頭にいれておかないといけない。放射能を消すことはできない。


質問:山梨で落ち葉を燃やして大丈夫なのか。
回答:大丈夫、安全という言葉はけして使わないで。少なくても汚染はある。どこまで我慢できるかというそれだけ。


質問:瓦礫問題について。
回答:今ある施設で燃やして勝手に埋めろという、国の方策に完璧に反対。でも今被災地にある瓦礫をそのまま放置することはできない。福島のものは福島で専用の焼却場を作る。間に合わない分は全国で。でも今の焼却炉で燃やしてはいけない。それを自治体に埋めてはいけない。
燃やした灰は、東京電力にお返しする。今までのように焼却灰はコンクリ材料にして、原発の石棺、地下に張り巡らせるコンクリ材料にして東京電力にお返しする。


質問:石棺について。
回答:4基の原子炉それぞれに石棺を作ることになるだろう。10年くらいかかるだろう。その石棺も、チェルノが示しているように、25年たてば壊れる。その上にさらに巨大な石棺を作ることになるだろう。その上に第3石棺を…、とずっと続く。


質問:福島周辺の除染は現実的か。
回答:除染はできないのです。放射能は消えないのです。移動してるのです。ただ、子どもたちが集中的に遊ぶ場所だけは絶対に除染しなければならない。子どもたちの場所からはどかさなければならない
中間貯蔵施設は必要かもしれない。けどその前にやることがある。もともとは東電の所有物。はぎとった校庭の土は福島第一原子力発電所にもって行けばいい。でも第一は戦場。なので、第二に持っていけばいい。第二をゴミ捨て場にする。


質問:世界全体で原発をやめるノウハウはないのか。市民運動はどれほど可能か。
回答:米国では、74年がピーク。それ以来新しい原発は増えていない。欧州も。最大は77年。原子力が復活することはけしてない。中国インドで増えるかもしれないが、原子力は破綻していく時代になる。

市民運動についてはわからない。私はできることはなんでもやってきた。でもここまできてしまった。原子力の問題はエネルギーの問題で、どういう未来がほしいかという問題。一人ひとりが個性を生かして原子力に反対する活動を起こせばきっととまる。ぜひお願いしたい。



ところで、講演会でリニアのことも取り上げられていました。
リニアを動かすのに原発1基分が必要だそうで。
電磁波もすごい、環境破壊もすごいリニアは本当にいらないなって
思いました。


新幹線導入の際も、原発とセットだったんですよね、そういえば。
リニアなんか走らせたら、ますます原発依存を強めそうです。


小出さんの講演会、ぜひみてください。
実際にお話を聞くと心にしみます。


あ、そうだ、山梨はぼうだいな汚染がこなくて幸運だったと
思っていいとおっしゃってました。
ただ、少なくても汚染はあるけど、とも。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。