スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉県と都内の降下物の観測結果

降下物量について
ツイッターで@tomynyo先生が千葉と都内での
降下物情報へのリンクをツイートしてらっしゃいました(フォロー推奨)。



千葉市稲毛区山王町295-3 日本分析センター千葉本部で
採取した試料の検出結果。
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka.pdf

2011/12/26 ~ 2012/1/4に、
セシウム134が26MBq/km2、セシウム137が28MBq/km2、観測されてます。


都内の降下物(塵や雨)の放射能調査結果
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/mon_fallout_data.html
1/5までの結果が載っていますが、NDが続いています。



事故の大放出時と比較してみます。

千葉の日本分析センターでの3月から4月の降下物の測定結果。
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka_back.pdf
3月15日前後は3桁台になったあと次の日には2桁台に落ち、
21日前後は4桁台にいき、3日間3桁台をキープ、
4日目に2桁台に落ちています。
2桁は、そのあとくらい。


つまり、今回の2桁台は3月4月の少ない量レベル。


甲府市で降下物が観測されたのは、3月15日~4月15日まで。
試料採取場所:甲府市富士見1-7-3
http://www.pref.yamanashi.jp/taiki-sui/documents/koukabutu_mar-dec.pdf

甲府は3月21日に、セシウム134が36MBq/km2で、
3月23日に、セシウム134が29MBq/km2、
セシウム137が33MBq/km2、そのあたりが最大数値です。
千葉であの数値なら、甲府はきっともっと少ないと思われます。


いろいろ風向きや天候の条件もあると思いますけども。


福島で数値があがったのは、この季節、草が枯れて乾燥した土壌が
露出して、その土壌が風で舞い上げられて、
それでセシウムが観測された、という説もあります。


とりあえず、様子見です。
■風の強い日は外にでない。
■これから最初の雨の日は注意する。
などは気をつけようと思います。






関連記事

コメント

埼玉県も不検出が続いていました
山梨県はひとまず安心できそうという感じのようですね
洗濯も干せそうです

2012/01/07 (Sat) 09:08 | まる #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>まるさん、


> 埼玉県も不検出が続いていました

そうなんですね!
これですね!
http://www.pref.saitama.lg.jp/page/housyasenryou.html

こういう情報が一箇所にまとまってると
いいんですけどね。
(チェックすべき箇所をまとめておこう。。。)

> 洗濯も干せそうです

ですね!
いい天気でうれしいです。


情報、ありがとうございました^^

2012/01/08 (Sun) 10:11 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。