スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月に世田谷で、原発由来のストロンチウム89が検出されていたですと?

昨日のニュース
-----
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111226-OYT1T00825.htm?from=tw
東京都世田谷区で今年3月に採取された大気中から、東京電力福島第一原子力発電所の事故で飛散したとみられる放射性物質のストロンチウム89が検出されたことが26日、都への取材でわかった。

 文部科学省によると、ストロンチウム89が検出されるのは関東地方では初めて。

 都は3月15日に同区の都立産業技術研究センターで大気を採取し、浮遊物質の詳細検査を実施。その結果、1立方メートルあたり0・1ベクレルの微量のストロンチウム89を検出したという。ストロンチウム89は半減期が50日と短いため、原発事故由来とみられる。半減期が約30年のストロンチウム90は、すでに都内や横浜市で微量ながら検出されていた。ストロンチウムは体内に取り込まれると骨に蓄積されやすいが、都は「ごく微量なので人体への影響はない」としている。

(2011年12月26日16時06分 読売新聞)
------


なんで3月の情報を今頃?といいたいけど、それが日本。
文科省が11月末に、横浜のストロンチウム検出は原発由来ではない
と結論づけていたけど、あれにも疑問が再度、わいてきますね。


横浜のストロンチウムは、まず築7年のマンション屋上の
堆積物から、個人に頼まれた同位体研究所が検出して、
それで横浜市が、ほかにセシウムが高い濃度で検出された土壌を
同位体研究所で測り、ストロンチウムを検出。


その後、文科省が(政府お抱えの?)(財)日本分析センターで分析。
結果、ストロンチウム89が検出されないから、原発由来ではない、
ということだったと思います。


まあいろいろおかしいことはあるけど、一番おかしいのは、
築7年のマンション屋上の土は日本分析センターでは分析してない、ってこと。
築7年だったら、ストロンチウム90だけでも出てしまったら、
核実験由来とはいえないという困った事態に陥るから、
分析しなかったんじゃないかと、想像します。


そんな小細工をしても、
世田谷にはストロンチウムは飛んできていたということは
今回確実になりました。


9月30日のNHKの放送で「首都圏にはストロンチウムは飛んできてない」
と言った放医研杉浦氏の動画は、NHKの申し立てにより削除されてましたけど、
言ってもいいでしょうか。
うそつきめ!!!


「世田谷には来たかもしれないけど、横浜には来てないんじゃない?」
なんて考えるのはあまりにも浅はか。




文部科学省による発表
横浜市が採取した堆積物及び 堆積物の採取箇所の周辺土壌の核種分析 の結果について


同位体研究所による発表
放射性ストロンチウム測定に関する同位体研究所発表(2011.11.25)
固相抽出法による放射性ストロンチウム測定の検証(2011.11.29)

同位体研究所は、自分たちの検査方法に間違いはなかった、と主張。
今後、ストロンチウムの検査をやっていく、とも書いています。
ぜひそうしてください。


一方、(財)日本分析センターは、ストロンチウムの分析を
中止すると12/2に発表(4月に再開らしい)。
http://www.jcac.or.jp/lib/news_lib/23_news05_bunseki.pdf


なぜ?
何かやましいことでも?




最後に、横浜ストロンチウム問題についての
矢ケ崎先生の見解。納得できます。

矢ヶ崎克馬先生より、横浜市のストロンチウムについての見解をいただきました
放射no!防護プロジェクトページより抜粋
-----
測定結果があまり違いすぎて別のサンプルを測定している としか考えられないような状態です。
しかし基本的考察として文科省が真実を語っているかどう かは、オーダーエスティメーション(概略計算)が有効で す。
(1)文科省データ
10 月26 日に文部科学省が採取
本調査の検出下限値は、ストロンチウム89 で約3Bq/kgであり、ストロンチウム90 で、約0.8Bq/kg である。
ストロンチウム90の検出数値は0.8Bq/kg 、1.1Bq/kg で概略1Bq/kg として良い
(2)そもそも原子炉から飛び出したストロンチウム89 と90の割合はどんなものか:次の記事で判断できる

福島第1原発の事故で、文部科学省は12日、福島県でサ ンプル調査をした結果、土壌と植物から放射性ストロンチウム89と90が検出されたと発表した。同省によると、事故をめぐりストロンチウムが検出されたのは初。 同省は3月16、17日、第1原発の30キロ圏からやや外にある福島県浪江町の2カ所と飯舘村の1カ所で採取した土壌を分析。1キロ当たりストロンチウム89が最大260ベクレル、同90が最大32ベクレルだった。 大玉村、本宮市、小野町、西郷村で19日に採取された植物も分析。1キロ当たりストロンチウム89が最大61ベクレル、同90が最大5.9ベクレルだった。

測定日:3月16、17日
ストロンチウム89は  260Bq/kg 、ストロンチウム90は  32Bq/kg  
ストロンチウム89は  61Bq/kg 、ストロンチウム90は  5.9Bq/kg  Bq/kg
ストロンチウム89対ストロンチウム90は  ほぼ 10:1

この割合はどこで測定されても同じ。

(3)ストロンチウム89は 3月16、17日から10 月26 日までに、どれほど減衰しているか

約220日  ですから約20分の1 (半減期50日)

ストロンチウム90はあまり変わらないとする。

(4)文科省の10月26日測定の値からすると
ストロンチウム89は 3月16、17日には10 月26 日測定のストロンチウム90の値1Bq/kg  から推定して10Bq/kg  
程度(1の10倍)。
10Bq/kg  がこの期間で20分の1になると0.5Bq/kg  となる。
ストロンチウム89は10月26日では0.5Bq/kg  になっているはず。
0.5Bq/kg  は検出限界3より小さいから測定できない量である。

3.11起因のストロンチウムであっても文科省の測定ではストロンチウム89は測定できない値になっているのであって
検出できないから3.11東電福島のストロンチウムではないという証明には全くなっていない。


矢ヶ﨑克馬
--------
関連記事

コメント

私も言いたい!「くそったれ!!」

こんばんは。
年末の慌ただしさに紛れて発表したのでしょうか。
いつも重大な発表はこっそりされますからね。

なた豆茶、早速調べられたんですね。
私はひとまず薩摩の物を購入しました(ケンコーコムで)が、きちんとした調査はまだです。
あと、シリカ含有の水が良いらしいですので、それも同じくケンコーコムで購入しています。

現在、食料をオルターにしたばかりなので、その関係もいろいろ勉強中です。

またお役に立てそうなことが判ればお知らせしますね。
お互い元気に来る年を迎えましょう^^。

2011/12/27 (Tue) 21:41 | しろ #- | URL | 編集
Re: 私も言いたい!「くそったれ!!」

>しろさん、


> 年末の慌ただしさに紛れて発表したのでしょうか。
> いつも重大な発表はこっそりされますからね。

そうそう、いつもそうですよね。
大事な発表は金曜日とか。


> なた豆茶、早速調べられたんですね。
> 私はひとまず薩摩の物を購入しました(ケンコーコムで)が、きちんとした調査はまだです。
> あと、シリカ含有の水が良いらしいですので、それも同じくケンコーコムで購入しています。

ほほう、シリカ、ですか。
それは調べてみないとですね。

> 現在、食料をオルターにしたばかりなので、その関係もいろいろ勉強中です。

なにかよい情報があったらぜひぜひ、教えてください^^


> お互い元気に来る年を迎えましょう^^。

ええ!しろさんもよいお年を♪
また来年も、どうぞよろしくお願いします^^

はい!
よい

2011/12/28 (Wed) 10:48 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。