「専門家」を信用するのか?信用しないならどうするのか?ということ(2011/12/11)by牧野先生

私があの爆発後すぐくらいにフォローしていた相手で、
首都圏にくる放射能を重く見る人はだれもいませんでした。


なので、放射能が心配…とつぶやくのに勇気がいったほど。
(別アカですが)
3月17日まで保育園は休ませたけど、その後はこもっていたら
おかしく思われる、なんて思って保育園にもやり、
4月には花見にも行き…。
全然そんな気分ではなかったけれど。


で、その後いろんな相手をフォローしだして、
自分が危機感をもったことはまちがってなかったと思えました。
でも途中、ゆれてしまった。
自分の内部は危険のままゆれてなかったのに、
外部的にどう思われるか、というくだらない点で…。


最初から、この牧野先生をフォローしていたら、
あそこでゆれることはなかったのに、と思います。


で、牧野先生が、12/11に、また興味深い文章を書かれています。
白血病で亡くなった方々がいましたが、放射能のせい、いやちがう、
という意見がツイッターでまわったと思います。
牧野先生の考えを読んだらすっきりしました。

「「専門家」を信用するのか?信用しないならどうするのか?ということ(2011/12/11)」

一部抜粋---
アナウンサーやジャーナリストの方については、「急性」白血病でも発症まで は2年とかそれ以上かかることが「わかっている」ので、今の時期に発症するこ とはありえない、といった主張が散見されます。この主張の根拠の一つは広島・ 長崎での調査ですが、これは1950年以前については確実なものとはいいがたい のは既に述べた通りです。

もうひとつの根拠は、いくつかの研究で白血病の細胞が増殖するタイムスケー ル、つまり2倍に増える時間は4日から10日だ、とわかっている、というもので す。発症には100億とか1兆個くらいまで増える必要がありまたこれは発症して からの増加でその前はもっと遅いであろうから(この推測の科学的根拠は特に与 えられていないのですが)数ヵ月で発症はありえない、というわけです。

しかし、もしも4日で倍になるなら40日で1000倍、160日で1兆倍になるわけで、 元が1つでも5ヶ月もあれば十分、ということになってしまいます。なので、こ れは被曝から数ヵ月で白血病が発生しえないということを科学的に証明する議 論にはなっていないわけです。

というようなことを細かく検討すると、メディアで報道される「被曝とは無関 係」という「専門家」の発言はどのような根拠に基づくものなのか?はあまり 良く理解できません。事故の数日後になっても危険はありませんと テレビ等でいっていた原子炉工学の専門家の発言に比べてより 根拠があると判断していいかどうかわからないわけです。
-----


私は論理が弱いのです。
だから直感で「危険」と判断したら、それにしたがって行動するけど、
大きな声では言えないわけです。
理由をうまく言える自信がないから。


なので、白血病のことはRTしても、「放射能のせい」と意見表明なぞ
しなかったのですが(RTしている時点で賛成という意思表示をしているのかもですが)、
「なるほどー、そういう理屈ならありえるわけだ…」
と思わされました。


「危険だ!」とことさらあおるわけではなく、
でもわからないことは危険、という方向に牧野先生は一貫していて、
それでいて常に冷静。
信頼できるなと思っています。


ツイッターアカウントは、
@jun_makinoです。



学者つながりで、早川先生のこと。
訓告を受けたと話題になり、それは先生の思う壺だったようですが。


あの激しい意見を「そうだ、そうだ!」とは一緒になっていえないのですが、
私は危険だと思われる地域の農作物は買いません。


それはつまり、価格の下落を助長しているわけで。
つまり私のような考えの人間が多ければ、
農家は作れば作るほど、自分の首を絞めるわけで。


だったら、本当に、作らないほうが、赤字が少なかった、
被ばくが少なかった、ということはないのでしょうか。


補償されるかされないかわからないものを作って
自分の首をよけい絞めるよりは、
「作らない」という判断をしろ、ということは、
上のいうことをそのまま鵜呑みにするな、
自分で判断しろ、ということだったのだと思います。


不安を持ちながら作った作物は大手外食産業などに
結局安く買い叩かれたわけで、まともな補償はなかったわけで…。
それをさけるために、あえてあの激しい言葉だったのだと
思います。


雲仙普賢岳で43人の犠牲者がでたけれど、先生は
火砕流がおこれば人が死ぬことは分かっていたそう。
でも危険だと警告しなかった。
「危険だと思ったら言わなければ伝わらない」
ことをいやというほど実感し、
それで今回は警告を発することにしたそうです。


でも普通の方法では伝わらない。
それで過激な言葉で広めることにしたそう。
でも米の作付けを止めることはできなかったし、
収穫も止めることはできなかった、と言ってました。


最近思うのは、自分で考えないといけないということ。
自分で考えて行動して、そのことに
責任を持たないといけないということ。
(もともとの原因は忘れちゃいけないが)


だれかが言ったからその通りにする、というのは
自分の人生をだれかに丸投げする危険行為なんだなと
感じています。


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する