スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯館村「人が住めるレベルではない」 京大助教らが現地調査

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/285811.html

福島第1原発事故による放射能汚染を独自に調査した京大原子炉実験所の今中哲二助教らによる報告会が13日、国会内で開かれた。今中氏は、同原発から北西に25~45キロに位置する飯館村の一部について「人が住むのに適したレベルではない」と指摘、汚染の深刻な状況を訴えた。

 今中氏は、3月28、29の両日、飯館村の130地点で空気中や土壌で放射線量を測定。原発から遠い同村北部の空気中の放射線量は1時間当たり3~4マイクロシーベルトだったのに対し、原発に近い南部に行くと20マイクロシーベルト程度に上がったことを説明した。

 同村曲田地区の土壌からはセシウム137を1平方メートル当たり2200キロベクレル検出し、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故による強制移住基準1480キロベクレルを超えた。

 3カ月居続けた積算被ばく量は100ミリシーベルトに達するといい、「原子力安全委員会の防災指針で『避難』とされる50ミリシーベルトを超える」と危険性を述べた。

 また、専門家の多くが「直ちに健康に影響はない」と安全性を強調していることについて「直ちに影響がないのは急性障害で、問題なのは(障害が後年に出る)晩発性のがん、白血病、遺伝的影響だ」と批判した。

 報告会は、国際環境非政府組織(NGO)の「FoE Japan」などが主催した。
===================================


飯館村で、3歳以下の子供と保護者1人、それと妊婦さんは避難できることになったとき、
国より先に判断して、村長さんはえらいな、って思ったのですが、
そうではなかったようです。


飯館村の方のツイッターを最近フォローし始めたら
こんなのが。


@024442 パンダP。さんのツイートを抜粋

==============
先日、農水大臣が来村された時に村長が提出した提言書の中にこんな事が!「本村は反核の旗手になるつもりはない」飯舘村が原発事故における放射能汚染被災地の範となって復旧復興を果たす事こそが福島県を初めとする東北地方さらには日本にとっての最大の利益となり世界の範となるものとかんがえる。


続き、「世界の範となる復旧復興の村へ」世界の範となる復旧復興を果たすには、国がこの村を放射能のから蘇らせるモデルケースの村とし提起し産官学が一体となって前例の無い施策を積極的かつ迅速に実施して農村としての早期復興を果たしていく事が必要でありこの取り組みが今後の日本政府に 続く


続き とってのプラスにつながるものと考える。そのためには、国を挙げて英知を結集してセシウム137などの半減期の長い放射性物質の他、原発事故により飛来した全ての放射性物質の水、土壌からの完全除去を実現することが急務でありこの実績が各地の原発立地地域の今後のあり方に関する 続く


続き 大きな指標となるものと考える。本村に生活基盤を置きつつ世界の範となる復旧復興を果たすことを望んでいる。本村をモデル的復旧復興事業の対象地として指定する事を強く要請する。など 全く村民の声とは、かけ離れた内容をあたかも、村民の声のように提言している!

=======================


菅野典雄村長は、村民の健康とひきかえに、
何を得ようとしているのだろう…??
それとも、単に、放射能の今後引き起こす健康障害に対して、無知なのだろうか。


たしか、3月末くらいに、福島県に雇われた長崎大の教授が
講演に行ったというから、「放射能はこわくない」と説得されたのかもしれない。


下記、新聞記事。
東日本大震災:放射能の正確な知識養って! 被災地派遣、長大2教授が報告 /長崎


再度、ぱんだPさんのツイート。
================
山下俊一長崎大大学院教授が飯舘村で「全く心配無い」と講演。食品経由の放射性I摂取のみ警戒すべきで、マスク不要、外遊びOK、セシウム摂取も全く問題なしと。でも乳幼児、妊婦の健康リスクは注視すべきと。言葉に自己矛盾ある。せめて『大人に限れば』と前置きするのが学者のモラルでは?
=================


わからない。
長崎大の教授は何をしたいんだ…。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。