地元の方が作ったほうとうを食す

1月から、保育園が決まりました。
最寄の市立園です。
素敵な保育園や、放射能対策ばっちりの幼稚園も教えてもらったのですが、
冬の雪道の運転が心配(スタッドレスにするつもりはない)で、
歩いていけるところ、ということで、1つしか
見てないけど、まあよさそうなので、ここで決まり!


さて、その保育園で、昨日は地域のお年寄りとの交流会が
あって、手打ちほうとうも出ますからきてください、と
誘ってもらって、行ってきました。


屋内ではこままわしやカルタ、お手玉など、お年寄りの方と
園児が遊んでいたのですが、3歳は恥ずかしがって
「お外がいい~」というので、お外でまずは遊びました。



写真 (3)

一応、砂場も安心かな。
(厳密に考えれば、「砂をどこから持ってきてるのかしら」と
なってしまいますが…)。



写真 (1)

これが手打ちほうとう。
かぼちゃが汁に溶けていて、とてもおいしかった!
ごちそうさまです^^


一緒のテーブルに座った2人子連れの地元のママが、
「小作とか行ったことない。自分で作る」と言ってました。
うちも今後はね、そうですね。



写真 (2)

3歳も喜んで食べていました。
我が家、まだはしをちゃんと使わせてなかったけど、
ここには割り箸しかなかった!
でも3歳、がんばって使ってました。


夕飯のときには、自分の箸を使いたいと言い出して、
いい刺激になりました。
保育園では3歳児クラスは箸しか使わないみたいだから、
練習しとかないと。



給食はとりあえず食べさせようかな…と。
牛乳は担任に言えば飲ませないはOKとのこと。
3歳以上は主食持参なのはありがたいです。


園長先生の娘さんが横浜に住んでいたとのことで、
今日もって行った、保育料引き落とし口座の紙に書いた
「港北ニュータウン支店」の文字を見て、
懐かしい、懐かしいと言ってました。
娘さんが孫とともに家族で外国に行ってしまってさびしいそう。


ちょっとした偶然はありがたいなと思いました。


最後に甲府情報。
幼稚園で、放射能問題を真剣に考えているところがあるそう。
永照寺幼稚園
http://www5e.biglobe.ne.jp/~eisyouji/

詳しくはこちらのHPのコメント欄のいちばん最後あたりのコメントなのですが、抜粋します。
http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/2011/08/post_1005.html?cid=30525698#comment-30525698

甲府市高畑にある永照寺幼稚園は毎日お母さんのお弁当を持って通える幼稚園です。私の子供も通っています。
この幼稚園は園長先生とお母さん方が協力していろいろなことに取り組んでいます。そのひとつに原発問題もあり、現在は毎週原発についての資料を配布したり、勉強会を開いています。また、園長先生は講演会を通し子供たちのいのちの大切さや原発(放射能汚染)についても訴えています。昨日10/29にもアピオで「世界一わかりやすい放射能の本当の話~子どもを守る編」の著者伊藤隼也氏を招いての対談を行いました。園長先生もお母さん方も真剣にこどもたちの命を考えています。ご参考になれば幸いです。





あと、甲府市の保育園に関して言えば、
入園させるかさせないかの権限は園長先生が握っているようです。
市役所に電話しても、空き情報は保育所に直接確認して、
といわれました。
また、見学に行ったら、その場で園長が入園OKをくれました。
(横浜はそのあたりは市の権限)



関連記事

コメント

暫定基準値、ただちに健康に影響はないの枝野さんが、こんなこといってます(;´д`)
私も食には気を付けているのすが、早く暫定基準値さげてもらってチェック体制しっかりしてもらいたいですね

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/38f424998357fc9595e7098de19a3424

2011/11/13 (Sun) 20:42 | きみ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>きみさん、


> 暫定基準値、ただちに健康に影響はないの枝野さんが、こんなこといってます(;´д`)
> 私も食には気を付けているのすが、早く暫定基準値さげてもらってチェック体制しっかりしてもらいたいですね

私も枝野氏の発言にはびっくりして記事を書きました。
暫定規制値は1年間で健康に影響を与える可能性のある数値、だったとは。


> http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/38f424998357fc9595e7098de19a3424

リンクの紹介ありがとうございます。
私のところよりしっかり書いてあって参考になります。

ちなみに、このブログタイトルですが、本でもあります。
『<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4582765521/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=aaaaaa0e7-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4582765521">逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=aaaaaa0e7-22&l=as2&o=9&a=4582765521" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />』、日本はなんて豊かな国だったのだろう、と思わされます^^

コメントありがとうございました。

2011/11/14 (Mon) 21:46 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する