スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットボトルの水と、硝酸態窒素(硝酸性窒素)なるもの。

先日教えていただいたリンクです。
(情報、ありがとうございます!)

特集◆硝酸態窒素の水汚染

少し前にこれ、横浜の都筑区のMLで見てて、
びっくりして「きゃー!」と思ったのですが、
「硝酸態窒素って何だろう、体にどう悪いの」
ということがわからず、ついそのままにしたら、
忘れ去りそうでした。


でもコメントから教えてもらって、ちゃんと考えてみようかと、
少し調べてみました。


まず最初にことわっておくと、硝酸性窒素=硝酸態窒素と
考えてよいようです。


体への影響は、以下2つ。
(1)体内で血液中のヘモグロビンと結合して酸素欠乏「メトヘモグロビン血症」を起こす。
これは、胃酸の分泌が少ない乳幼児に多くみられ、「ブルーベビー症」とも呼ばれている。


(2)体内で亜硝酸と二級アミンが反応して、「ニトロソアミン」という最強の発癌物質ができる。


子供の酸素欠乏を起こすことと、発がん性物質であるということ。
「ニトロソアミン」ってじゃあ、何よ!と思った方は
こちらをどうぞ。


なおこと一緒にお勉強 硝酸性窒素

硝酸性窒素は、水や野菜に含まれているようです。
そういうことや、どう避けたらよいかが、わかります。
(野菜は、旬のものを食べるとよいとのこと。
旬でないものは肥料をたくさん使うので、硝酸性窒素の量が増える。
ついでに旬でないハウス栽培の野菜は栄養価が低い)


発がん性ということで考えれば、食品添加物とか
放射能と同じように避けたほうがいいものであると思います。


こちらのリンク先では、
http://www.mynewsjapan.com/reports/414

(1)「六甲のおいしい水」
(2)「Volvic」
(3)「からだにうるおうアルカリ天然水」
(4)「CRYSTAL GEYSER」
(5)「富士山のバナジウム天然水」
(6)「evian」
(7)ボトルドウォーターの「酸素プラス」
(8)自宅(浅草在住)の水道水
をチェック

そのうち、
(1)(2)(6)(8)から2mg/l 検出した、と。
最初の「食品と暮らしの安全」の結果とも一致。


それから、水道水は広く汚染されているようです。
http://tabemono.info/report/report_7_216_1.html
ワースト1、神奈川!!
ワースト4、山梨!!


いやー、しかしね、避けるものが多すぎて、
はっきり言って、手一杯…。


とりあえず、あんまり考えずに動きを決めてしまうのが
私にとってやりやすい。


外国産のものは、私は微妙にあんまり安心できないので、
できれば国内で安心なものがよい。
こっちが、大手以外のペットボトルの結果一覧。
http://tabemono.info/report/report_7_216_2_1.html


これは不検出。鹿児島の桜島のへんのお水。
エスオーシー 温泉水99 13L


でもこれだと今までの2倍近くにペットボトル代がかかっちゃう…!


こっちなんて、4倍近く!
温泉水≪潤命≫2リットル×6本入り


ムリ。


で、ちょっと我が家が持ってる浄水器、ハーレーⅡに再度注目。
何を除去できるのか確認してみたら。

有害性が指摘されている水質汚染物質の除去性能が、第三者検査機関等の検査で確認されています。
■ ダイオキシン(発ガン性・催奇形) ■ ビスフェノールA(環境ホルモン) ■ 合成洗剤LAS(蛋白変性・胎児への影響) ■ シマジン(農薬) ■ クロルデン(殺虫剤) ■ P.クロロベンゼン(農薬) ■ トリクロロエチレン(クリーニング洗浄剤) ■ 1,1,1トリクロロエタン(洗浄溶剤) ■ カーボンテトラクロライド(洗浄溶剤) ■ クロロホルム(消毒副成物、トリハロメタン) ■ プロモジクロロメタン(消毒副成物、トリハロメタン) ■ ジプロモクロロメタン(消毒副成物、トリハロメタン) ■ プロモホルム(消毒副成物、トリハロメタン) ■ 硝酸性窒素(メトヘモグロビン病) ■ 遊離残留塩素(食品のビタミンを壊す)




硝酸性窒素だけじゃなくって、体に悪いものなんて
それこそ星の数ほど…。
だったら、まあ、やっぱりハーレーⅡかしら…。


先日、本体をリサイクルするとどこのがくるかわからない…、
と書いたけど、本体のみ新品にすることもできるそう。


というわけで、我が家の方針決定。
本体のみ新品のリハビリッシュというものに出す!


ふう。
体にいいものを求めるということは、とてもお金がかかるんだわ。
経済格差による健康格差、出てきますね…。
(情報格差による健康格差も出てくる。その情報格差も
経済格差が引き起こすものであり…)


ハーレーⅡ↓



実はこのハーレーⅡ、『放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策』でも載ってました。
商品名は載ってないけど、形が同じ。
写真


まあ、ともかく、全部避けようとか、私にはきっとムリ。
できる範囲で、できることをやっていくしかない。
「何をする」という方向だけちょっと考えて決めてしまえば、
あとの詳細は忘れちゃっていいじゃないかと思います。
(忘れっぽい私の持論)



11/22追記
「六甲のおいしい水」の硝酸態窒素は今0.2mg/l以下だという
コメントをいただいたので、私もアサヒ飲料にメールで問い合わせ
ました。
その結果、0.2mg/L以下だという回答をいただきました。
0.2mg/L=0.2ppmと考えていいようなので、
回答メールが本当ならば、汚染度は低くなっていると思います。


-------
この度は「六甲のおいしい水」についてお問い合わせいただき、
ありがとうございます。

早速ではございますが、いただいたご質問にお答えいたします。
現在、「六甲のおいしい水」の硝酸性窒素の計測結果は、
0.2mg/L未満でございます。

商品の経緯をご説明させていただきますと、「六甲のおいしい水」は、
1983年にハウス食品より発売になりました。
アサヒ飲料がブランド譲渡を受け、製造販売を開始しましたのは、
2010年7月からでございます。

ハウス食品では、神戸市西区の六甲工場と灘区の灘採水場の2箇所で
採水しておりました。
PET500mlの製造は、灘採水場で行なっておりましたが、
2011年に六甲工場の製造設備を新設し、製造を集約することが
出来るようになったため、2010年に灘採水場は閉じ、
現在は、六甲工場(神戸市西区)でのみ製造を行なっております。

堀田様がご確認になりました記事の商品は、PET500mlでございます
ので、灘採水場の商品でございますが、現在は、こちらで採水した
商品はございません。

回答は以上になりますが
上記ご参考となりますと幸いに存じます。
他にまたご意見・ご質問等ございましたらお気軽にお寄せください。
今後ともアサヒ飲料にご支援賜りますようお願い申し上げます。







関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/10 (Thu) 01:15 | # | | 編集
Re: はじめまして

>東京西部一児の母さん

はじめまして!
テレビも見てくださったとのこと、うれしいです。

りんごですが、夏前までは昨年度収穫だったので
心配せずに買っていたのですが、
もう今は今年のものですものね。

こっちにきたら山梨産のが道の駅で売っているので
それを買っていますが、もし横浜にいたら青森のを
買っていたかな…、と思います。

ただ、どこもわからないですよね。
だから、たくさんは買わないと思います。
毎日食べるとかはしないと思います。
リスク分散のために。


参考になればよいですが。
コメント、ありがとうございました^^

2011/11/10 (Thu) 09:24 | Fumie #- | URL | 編集

こんばんは!仕事が早い!!
言いだしっぺの私も調べないと…と思いつつまだ手つかずでした。さすが甲府移住に踏み切るだけあってフットワークが軽いですね。尊敬です。見習わないとと本当に思います。

本題ですが、私も同じで、全部避けるのは無理だなあ…と思います。避けたい物の優先順位をなんとなくつけてやっていくしかないのかなと思います。でも知っているのと知らないのとでは違うので、こういうのもあるんだと頭の片隅に置いて、避けられる時は避けるって感じですかね。わざわざミネラルウォーターを購入しているのに、わざわざ硝酸性窒素が多い物を買うのも悲しいですものね。情報ありがとうございました。

2011/11/11 (Fri) 00:47 | とも #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

>ともさん、

私も、前に知ったときから「調べないと…」と思っていたので、
もう長いこと放置していたのです。
お尻をたたいていただいてよかったです^^


> でも知っているのと知らないのとでは違うので、こういうのもあるんだと頭の片隅に置いて、避けられる時は避けるって感じですかね。

ですよね。まさに。
ギツギツにすると自分もきついですしね。


>わざわざミネラルウォーターを購入しているのに、わざわざ硝酸性窒素が多い物を買うのも悲しいですものね。

それもほんとにそうですよね。
いいものにお金を出しているつもりが、
そうでもなかったりなんかしたら…。

知っておくことも大切ですよね。


コメント、ありがとうございました^^

2011/11/11 (Fri) 15:12 | Fumie #- | URL | 編集
六甲のおいしい水

はじめまして。
六甲のおいしい水ですが、私は子どもに飲ませていたので、とても気になり、お客様相談室に連絡しました。
直近のデータでは、硝酸性窒素0.2mg/ℓ以下だそうです。

古いデータがネットにたくさん出て、私のような問い合わせも多いそうです。
企業側も対策したようですよ。

2011/11/18 (Fri) 20:19 | もも #- | URL | 編集
Re: 六甲のおいしい水

>ももさん、


はじめまして!

> 六甲のおいしい水ですが、私は子どもに飲ませていたので、とても気になり、お客様相談室に連絡しました。
> 直近のデータでは、硝酸性窒素0.2mg/ℓ以下だそうです。
>
> 古いデータがネットにたくさん出て、私のような問い合わせも多いそうです。
> 企業側も対策したようですよ。

そうなんですね!
それは朗報です!
近日中に私も電話してみます。
(ついでにキリンにも電話してみよう…♪)

すばらしい情報、ありがとうございました^^


2011/11/18 (Fri) 20:43 | Fumie #- | URL | 編集
No title

原発事故以前から、病気を患う人々は多く存在していました。
放射能汚染のみを気にしていても、安全とは言えません。
今が食生活を見直すチャンスです。
"葬られた「第二のマクガバン報告」"という本は健康の本の中で、
一番おすすめの本です。図書館で借りて読んでみてください。
とてもすばらしい本で驚愕の事実が書いてあります。
そして何を食べて生きるべきか、ご自身の食生活を見直してください。
http://ghope.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

2015/08/09 (Sun) 22:26 | 葬られた「第二のマクガバン報告」 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。