スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨の瓦礫引き受けについて、狭南衛生組合に電話した

被災地の瓦礫引き受けに関し、
甲府市より南のあたりの市川三郷町、早川町、身延町管轄の
狭南衛生組合(0556-42-2207)が引き受けする可能性があると聞き、
先日電話をしたのですが、所長が所用でいないので、8日に
かけなおしてください、とのこと。


午前中と午後に「席にいない」と言われて、
3回目でやっとつながりました。


で、所長さん、
「引き受けを検討していたのは、一般がれきの話で、
汚染がれきについては安全基準も決まっていないから
まだ引き受けるとかそういう話にはなっていない」


「それなのに汚染がれきを引き受けるみたいに報道されて、
ツイッターでも攻撃されて、ほんとに、困る。
放射能汚染より、そういうふうに国民がなっちゃうほうが心配だ」
と怒ってました。


「自分は15年前から無農薬で野菜を作っている。
放射能だけじゃなくて、農薬とか、添加物とかもっと
心配することはたくさんあるだろう。」


「今は二人に1人がガンになる。4人に1人が(この数字あいまい)アトピーだ。
放射能だけの問題じゃない。」


「子どもの糖尿病が増えているのをご存知か。
自動販売機で母親が子供に甘い飲み物を買っているのをみると
怒りが湧いてくる。どれだけ砂糖が入っているかわかっているのか。」


と、今まで所長さん自身が気にしていることを一般市民は
気にしてなかったくせに、放射能問題だけ急に騒いで、
騒がれて閉口しているといった口ぶりでした。


で、汚染がれきは引き受けないので、安心してください!
と言っていました。



汚染がれきと一般がれきの区別はどこでつけるのですか、
と聞きたかったのですが、
口をはさみずらくって、聞けませんでした。


一応、東京で引き受けたがれきは68.6Bq/kg、
それは都内の土壌に比べたら汚染度合いは低いけど、
山梨の土壌に比べたらずっと汚染されている、という
ことは伝えました。


で、土地の価値も下がるし、農作物の価値も下がる…と言ったら、
「もちろんわかっている!」という感じで、
無農薬で15年…、の話が始まったのでした。


最後にTPPの話をふったら、
「あんなものは冗談じゃない」といった口ぶりでした。


前回電話したとき、所長も担当もいない、と言われたけど、
たぶん小さいところなんじゃないでしょうか。
ふだん外部からの干渉が何もないところだったのに、
今回の問題では電話が(たぶんそんなに数はないかもだけど)
かかってきていることがプレッシャーになっている印象でした。


汚染がれきは引き受けるつもりはないことはわかったけど、
一般がれきとの線引きってドコなんだろう、というのが
今後気になる点です。


また元気が出たら電話してみるかもしれません。
(電話とかって精神的に疲れるので…でもこうやって電話している
ことは相手にとっても疲れること=プレッシャーになり、
うかつなことはできないぞ、という抑止力にはなっていると感じました)



所長さん、ツイッターやってるのかと思って
探してみたけど見つかりません。
ツイッター上で文句を言われてた、ということかしら。


以下は、早川先生の焼却灰のセシウムマップ。
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-439.html


save_childさんの記事
【汚染】放射性物質に汚染された可能性のある「がれき」を受け入れない選択をした全国の自治体(まとめ)

関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/11/09 (Wed) 10:07 | # | | 編集
Re: タイトルなし

>ぽむさん、

たしかに、へんな団体とか思われたら困りますね!
配慮、しないとですね。

というわけで詳細は書きませんが「なるほどそうだ!」
と読ませていただきました。心強いです。うれしいです。

細く長くあきらめず、がんばるぞーと思いました(^-^)/
コメント、ありがとうございました!


2011/11/09 (Wed) 12:02 | Fumie #- | URL | 編集
峡南の所長を信じたい

http://upishi.blog5.fc2.com/
空と風と、月と、星。さんで気が付いてこちらに来ました。
このように自身の判断基準を語る公務員なんて希少価値があると感じます。
通常の震災瓦礫と汚染瓦礫との区別を、ご自身の食品に対する考えをベースに考慮されていると思える点で、この所長さんを支持してあげたいと思います。
廃棄物の状況が明確に示されないものをとにかく受入れろという上からの指示でもあって、所長さんが困るような事態が見えた時には、所長の想いを支援する記事をどんどん書きましょう。
引き続き情報をアップロードなさっていただけるとありがたいです。

2011/11/14 (Mon) 15:55 | ictkofu #2YYiSWDQ | URL | 編集
Re: 峡南の所長を信じたい

>ICT甲府さん、

リンクの紹介ありがとうございます!

> http://upishi.blog5.fc2.com/
> 空と風と、月と、星。さんで気が付いてこちらに来ました。

一人でやっている気がしていたので、
こんな風に見ていただいていたとは、
うれしいです。


> このように自身の判断基準を語る公務員なんて希少価値があると感じます。
> 通常の震災瓦礫と汚染瓦礫との区別を、ご自身の食品に対する考えをベースに考慮されていると思える点で、この所長さんを支持してあげたいと思います。

確かにそうですよね。
この所長さんならば、汚染された瓦礫は引き受けないだろう、
と思いました。

ただ、所長さんが「汚染されていない」と判断したら引き受けるだろうと
思うので、その線引きがやはり、知りたいところだな、と。
国の基準で受けてしまったら、たぶん、都が受けたもののように、
「焼却灰が8000ベクレル以下になる線量のがれき」となり、
それは山梨の汚染度を大きく上回るものなので…。


> 廃棄物の状況が明確に示されないものをとにかく受入れろという上からの指示でもあって、所長さんが困るような事態が見えた時には、所長の想いを支援する記事をどんどん書きましょう。
> 引き続き情報をアップロードなさっていただけるとありがたいです。

そういう指示とかもありそうですよね。
ぜひこちらとしても、何か情報があれば教えていただけると
うれしいです。

ICT甲府さんの有益な情報、ありがたいです!
http://ictkofu.blogzine.jp/kofu/


コメントありがとうございました。


2011/11/14 (Mon) 22:28 | Fumie #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。