きのこのこと(どんこの収穫時期は冬!)

横浜の戸塚区舞岡町の舞岡公園内で栽培して、加工された乾燥シイタケから
955Bq/kgでたそうですね。それが10月収穫分で、
3月収穫分は、2770Bq/kgだそう。


横浜の公園で栽培・加工した乾燥シイタケから基準値超え放射線量


3月の時点でそれだけ高い数値になるなら、
原木が問題ではなく、飛んできた分なんだと思います。


きのこ類は、乾燥or生に限らず、
うかつに食べるものじゃないでしょう。


ところで、先日チャンプールに行ったときに聞いたのは、
汚染原木・菌床の流通で、本当にこわいのはこれから、
ということでした。(10月中旬時点)


でもって、菌床は、おがくずだけでなく、とうもろこしの軸を粉に
したものも使ってるんですって。
そういうのはアメリカなどから遺伝子組み換えのが
入っているかもしれないからそれも心配だね、と。


そんなのが菌床に使われているとは知らなかった。


あと、どんこは、冬収穫なんですって。
(だから今出回っている、どんこそのものの収穫は震災前)


で、春にかけてだんだん傘が開いてきたのが
通常の開いた状態の干ししいたけになる、と。
秋のも同様。


となると、どんこなら、時期的にはまだ安心なのかな、と思います。
天日干しだと心配ですが、機械乾燥のものならなお安心。
(メーカーに問い合わせるといいと思います)


そういう観点で探してみれば、まだ大丈夫なものは手に入りそう。
チャンプールには測定して大丈夫だった干ししいたけが
置いてありました。


ただ私は出汁に干ししいたけはもともとほとんど使わないので、
買いませんけど。


きのこの話、「今度書きます」と宣言したくせに、
つい書くのが遅くなってしまいました。
待つほどの内容じゃなかったなら申し訳ないです…。




関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する